Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2020.02.06

冬の絶品鍋レシピ! 食材の選び方から調理のコツまで伝授

鍋のイメージ

寒い季節、おうちごはんの定番といえば「鍋」。食材を切って煮るだけという手軽さと、肉や魚、野菜がバランスよくとれるヘルシーさは冬の食卓の強い味方です。

とはいえ、鍋料理は「いつも同じような味になりがち」「ごちそう感がでない」と感じている方も多いのでは? そこで今回は、市販の鍋の素を使わずできる、「FOODIE」珠玉の鍋レシピをご紹介。食材の選び方や調理のコツなど、素材のおいしさを引き立てるプロならではの絶品レシピが満載です!

伊勢丹のお取り寄せグルメはこちら>>

脂の甘みがたまらない! 鴨とねぎだけで作る「鴨鍋」レシピ

野性味あふれる肉感と甘い脂がおいしい鴨肉。家で使うにはなかなかハードルが高いイメージのある鴨肉ですが、シンプルな「鴨ねぎ鍋」なら材料は2つだけととっても簡単。メインとなる鴨肉の選び方さえおさえれば、失敗することはほぼありません。

程よくレアで食べるしっとりやわらかな鴨肉と、鴨の濃厚な脂とだしがしみた香ばしい長ねぎは絶品です。鍋のシメはぜひ鴨南蛮そばで!

2018.2.1掲載

脂がのったとろけるおいしさ! 魚のプロ直伝「ぶりしゃぶ鍋」3つの極意

ぶりしゃぶ

12月~2月の冬に旬をむかえ、たっぷりと脂がのる「寒ぶり」。寒ぶりをさっと鍋にくぐらせて食べる「ぶりしゃぶ鍋」は、ぶりの甘い脂がとろ~っと溶けて、お酒がぐいぐいすすむ、冬の贅沢です。

ぶりしゃぶ鍋を家でおいしく作るポイントは、だしやつけだれだと思いきや、大切なのはどんなぶりを選ぶかということ。味の8割が決まってしまうというぶりの「選び方」とは……?

2017.12.22掲載

甘い脂がたまらない! 本場「博多もつ鍋」の正しい作り方を専門店が徹底解説!

もつ鍋

博多に行かずとも、おいしいもつ鍋が食べたい! そんな人のために、博多の人気店オーナーシェフが、正統派の「博多もつ鍋」レシピを紹介します。

博多もつ鍋の最大のポイントは、鮮度のよい国産牛の「生もつ」を使うこと。スーパーで売っている「ゆで豚もつ(=白もつ)」は使いません。ほかにも、「煮込まない」「白菜やもやしはNG」などもつ鍋の鉄則をおさえて、絶品もつ鍋を味わって!

2017.11.21掲載

今回紹介した3つの鍋は、どれも「FOODIE」が自信をもっておすすめする絶品レシピ。ふだんの食卓にはもちろん、ホームパーティなどのおもてなし料理にもぴったりです。ぜひみんなで、非日常感のあるあったかごちそう鍋を囲んでください。

伊勢丹のお取り寄せグルメはこちら>>

文:WEB FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

FOODIE 占い

人気のカテゴリー

閉じる