Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2016.10.13

レシピ

イタリア風「さんまと丸ごとトマトの炊き込みご飯」の新レシピ

秋が旬の魚といえば、やっぱり「さんま」。伊勢丹新宿店の鮮魚コーナーの魚のプロ・上條シェフが教えてくれたのは、炊飯器で作れるイタリア風の炊き込みご飯です。

「しょうがを効かせた和風の炊き込みご飯が定番ですが、青魚と相性がいいトマトやにんにく、ハーブを効かせたイチオシの美味しさを楽しんで」と上篠シェフ。

トマトを丸ごと1個炊き込むユニークなレシピに加え、さんまをフライパンで焼くプロの技も必見です!

「さんまと丸ごとトマトの炊き込みご飯」のレシピ

「魚の臭みをきっちり除き、香ばしく焼いてから炊き込むことで、さんまの香りを引き出します。トマトは丸ごと加えるので、切る手間いらず。炊飯器で炊けるので、とっても手軽です」

材料(4人分)

さんまの炊き込みご飯の材料

  • さんま… 1.5~2尾
  • 米…2合 ※炊く30分前にといでザルにあげ、水気をきっておく
  • トマト(中)…1個
  • 玉ねぎ(みじん切り)… 1/8個分
  • にんにく(みじん切り)… 1/2かけ分
  • 酒… 大さじ2
  • 塩… 小さじ1/2
  • オリーブ油 …適量

作り方

① さんまのワタを除き、塩をふって水気をふき取る

さんまのワタを除き、塩をふって水気をふき取る

さんまは腹に切れ目を入れてワタ(内臓)を取り、流水で洗ってふき、炊飯器に入る大きさに切る。塩適量(分量外)をふって10分ほどおき、余分な水気をふき取る。

「ワタがお好きなら残したままでもいいのですが、今回はトマトの色を活かしたいので、さんまのワタは取っています」

② 香味野菜を炒めて取り出し、さんまを焼く

香味野菜を炒めて取り出し、さんまを焼く

フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて、香りが立つまで弱火で炒める。玉ねぎを加え、しんなりするまで炒めて取り出す。フライパンの油をふき取り、フライパンの大きさに切ったクッキングシートを敷く。中火で熱してさんまを並べ、余分な脂をペーパータオルでふきながら、両面をこんがりと焼く。

「さんまを焼くときはふたをせず、しっかり焼いてからご飯に炊き込むことで臭みがとれ、香ばしさがご飯に移って美味しさがアップします。クッキングシートを敷けば煙が出ず、くっつきにくくて後処理も簡単です」

③ 調味料、トマト、さんまを入れて米を炊く

炊飯窯に米、水、調味料、さんま、トマトを入れて炊く

炊飯釜に米を入れ、酒、塩を加え、1.5合と2合の中間の目盛まで水(分量外)を注ぎ、ひと混ぜする。②のにんにくと玉ねぎを米の上にのせる。ヘタを取ったトマト、焼いたさんまを並べて炊く。

「水加減は通常よりも少な目にします。トマトから出る水分と合わさって、ちょうど良い炊き具合になります」

④ さんまは取り出してほぐし、ご飯は混ぜて蒸らす

さんまは取り出してほぐし、ご飯は混ぜて蒸らす

炊き上がったらさんまを取り出し、トマトをくずしながらご飯を混ぜて蒸らす。さんまは頭と骨を外して身をほぐし、ご飯に戻し入れ(飾り用にのせたい場合は、少しよけておく)ざっくりと混ぜ合わせる。

さんまの小骨は丁寧に取りましょう

 

「口当たりをよくするために、腹側の小骨(写真の赤い丸部分)をしっかり取りましょう」

 

 

さんまとトマトのダブルのうまみを堪能!

さんまの炊き込みご飯のでき上がり

粉チーズは、たっぷりふるのがおすすめ。生のイタリアンパセリやバジルを添えてもOK

器に盛ったら、好みでドライハーブミックス(バジル、オレガノ、タイム、イタリアンパセリなどでもOK)、粉チーズ、黒こしょうをふります。

「トマトはサイズによって水分量が変わるので、中玉より大きめを使うなら水を減らしてください。もし、やわらかめのリゾット風に炊けてしまっても、それはそれで美味しくなるところが、このレシピのいいところです」

トマトの甘みとさわやかな香りが、さんまのコクとぴったりマッチ。ご飯がうまみをたっぷりと含んだ美味しさは、新定番になりそうです。さんまを見かけたら、ぜひお試しください!

文: 香取里枝

写真:鵜澤昭彦(スタジオ・パワー)
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

バイヤー・スタイリスト / 上條八千代
フードコーディネーターを経て、伊勢丹新宿店 東信水産の専属シェフとして勤務。毎週木・金曜日を中心に店頭に立ち、魚の扱い方をはじめ、魚料理のレシピを幅広く提案している。「好きな魚料理は煮つけ。家庭でもっと気軽に魚料理を楽しんでいただければと思っています」

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=フレッシュマーケット/東信水産にてお取扱いがございます。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。