Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2018.06.26

レシピ

夏の肉料理は、「サルサ」でさっぱり!

じめじめと暑く、食欲がダウンしがちな夏。そんな時季だからこそ、肉を食べてパワーチャージ! 

こってり味はちょっと遠慮したいところだけれど、野菜たっぷり&スパイシーな「サルサ」なら、肉をさっぱりもりもり食べられるはず。

東京・代官山のメキシコ料理店<ラ・カシータ>の渡辺庸生シェフが、火を使わずに手軽に作れる3つのサルサレシピを伝授。シンプルに焼いた肉に合わせてもいいけれど、なんと、普段のおかずに「+サルサ」で おいしい“味変”を楽しめるのだとか。蒸し暑い夏にはヘビーに感じられる肉料理も、サルサでさらっと食べられたら、夏バテ知らずになれるかも!

肉と一緒に野菜も摂れるので、ヘルシー派にもおすすめです。

この夏、ネオ・ラテンなサルサで、お肉料理に革命を!

サルサ・ベルデ×肉団子

サルサ・ベルデとミートボール

「サルサ・ベルデ」とは「緑のソース」という意味。その名の通りグリーン一色で、涼しさを添えてくれます。グリーントマトとハラペーニョで仕上げるソースは、ピリッと辛くて、夏の疲れた体に効きそう。

このピリ辛さっぱりソースが、意外にも肉団子に合うのだとか。「メキシコでは、サルサ・ベルデで肉団子を煮込むこともありますよ」と、渡辺シェフ。夏仕様の肉団子なら、食欲が落ちたときでもさらっと食べられるのでは?

◆サルサ・ベルデの作り方

<材料>3~4人分

  • グリーントマト…100g
  • 玉ねぎ…60g
  • ハラペーニョ…1本
  • 塩…少々

<作り方>

  1. グリーントマトは、へたをとって湯むきし、1cmほどの角切りにする。
  2. 玉ねぎ、ハラペーニョは細かくみじん切りにする。
  3. 1と2をボウルに合わせ、塩をふって混ぜる。
    ※好みでパクチーの(みじん切り))を大さじ1程度加えてもよい。

サルサ・メヒカーナ×とんかつ

サルサ・メヒカーナととんかつ

トマト、玉ねぎ、青唐辛子の3色がメキシコの国旗の色と同じことからこの名前がついたという「サルサ・メヒカーナ」。メキシコで最もポピュラーなサルサです。肉にはもちろん、サラダや魚料理にも使えるので大活躍間違いなし。

この赤いトマトのソースが、実はとんかつと相性抜群。<ラ・カシータ>のまかないでは、とんかつにこのサルサをかけるのが定番なのだそう。揚げものをさっぱり食べたい時にはぜひ試してみて。

◆サルサ・メヒカーナの作り方

<材料> 3~4人分

  • トマト…300g
  • 玉ねぎ…1/4個
  • ピーマン…1個
  • ハラペーニョ…1本
  • 塩…小さじ1/2

<作り方>

  1. トマトのへたを取り、1cmほどの角切りにする(舌触りをよくしたい場合は湯むきして角切りにする)。
  2. 玉ねぎ、ピーマン、ハラペーニョは細かくみじん切りにする。
  3. 1と2をボウルに合わせ、塩をふって混ぜる。
    ※好みで、にんにく(みじん切り)1片、EX.V.オリーブオイル(くせのないもの)大さじ1を加えてもよい。

サルサ・デ・ピーニャ×豚肉のソテー

サルサ・デ・ピーニャと豚肉

パイナップルを贅沢に使ったソースは、甘み、酸味、辛みが絶妙なバランスで、それだけで食べてもおいしそう。パイナップルと相性のいいパクチーとライムを加えて、南国ムードもたっぷりです。くりぬいたパイナップルを器にしたら、テーブルがいっそう華やかに。

そして、パイナップルに合う肉といえば、豚肉! 塩でシンプルにソテーした豚肉やローストポークにサルサ・デ・ピーニャをたっぷりかけたら、気分はもうネオ・ラテン。いつもと違う味わいに、箸が進む進む!

◆サルサ・デ・ピーニャの作り方

<材料> 3~4人分

  • パイナップル(生)…1個(果肉部分は100g分を使用)
  • トマト…300g
  • 赤玉ねぎ…1/4個
  • ハラペーニョ…1本
  • ライム…1/4個
  • 塩…少々
  • パクチー…適宜

<作り方>

  1. パイナップルを半分に切り、中身をスプーンでくり抜いて、果肉部分100g分を1cmほどの角切りをする。
  2. トマトのへたを取り、1cmほどの角切りにする(舌触りをよくしたい場合は湯むきして角切りにする)。
  3. 赤玉ねぎ、ハラペーニョは細かくみじん切りにする。
  4. 1~3をボウルに合わせ、塩で味を調えてからライムを搾り入れ、1でできたパイナップルの器に盛る。好みでパクチーを添える。

 ●今回使った食材はこちら

グリーンゼブラ

グリーンゼブラ

グリーンゼブラ(1パック)540円(税込)、京都府産ほか

<篠ファーム>のグリーンゼブラは、その名の通り、果皮の縞模様が特徴。程よい酸味とほのかな甘みがあり、トマト本来の懐かしい味を彷彿とさせてくれます。

※取扱い:伊勢丹新宿店本館地下1階フレッシュマーケット

 

ブラジルミニ

ブラジルミニ

ブラジルミニ(1パック)540円(税込)、埼玉県産

<石坂ファーム>のブラジルミニは、在来種で、国内生産量も非常に少ないミニトマト。酸味と甘みのバランスがよく、そのまま食べてもおいしく、サルサにしても◎。

※取扱い:伊勢丹新宿店本館地下1階フレッシュマーケット

 

ハラペーニョ

ハラペーニョ

ハラペーニョ(1袋)324円(税込)、京都府産ほか

<篠ファーム>のハラペーニョ。メキシコ料理には欠かせない、旨みと辛みのある唐辛子。暑い夏でも食欲をアップしてくれる頼もしい食材。

※取扱い:伊勢丹新宿店本館地下1階フレッシュマーケット

 

 

レシピ提供/ラ・カシータ 渡辺庸生シェフ

ラ・カシータ 渡辺庸生シェフ

メキシコ料理店<ラ・カシータ>オーナーシェフ。1976年に代官山に開店して以来、メキシコの料理と食文化を紹介し続けていて、いまや「メキシコ料理といえば渡辺シェフ!」といわれる存在。メキシコ料理の教室も開催している。
<ラ・カシータ>
住所 東京都渋谷区代官山町13-4 セレサ代官山2F
tel 03-3496-1850

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2018年7月4日(水)〜7月31日(火)までの期間中、伊勢丹新宿店本館地下1階=フレッシュマーケットにてお取扱いの予定です。
※生鮮食品のため、天候などにより入荷がない場合もございます。あらかじめご了承ください。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。