Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2016.09.03

生姜たっぷりで辛口! 甘さ控えめの自家製ジンジャーエールレシピ

炭酸水をジンジャーシロップに注いでいるところ

自家製のシロップやドリンクって、ちょっと甘ったるいイメージがあって、あまり作りたいと思わないなあという方、実は多いよう……。でも、フードコーディネーターの村井りんごさんが教えてくれたジンジャーエールは、すごく辛口でスッキリ。こんなに美味しいんだったら、もっと早く知りたかった! と思える味わいだったんです。

「このジンジャーエールは、たっぷりの生姜にスパイスを加えた辛口タイプ。甘いものが苦手な方にも評判の味です。美味しさの秘訣は、ライムの皮と生姜を加えるタイミング。作り方はシンプルに材料を合わせて煮詰めるだけなので、ぜひ試してみてください」

生姜たっぷり! 辛口ジンジャーエールのレシピ

 材料(作りやすい分量)

  • 生姜…1片(80g程度)
  • ライムの皮…1個分
  • ザラメ糖(茶色)…120g
  • シナモン…1/2本
  • クローブ…2本
  • 赤唐辛子(輪切り)…適量
  • 水…3/4カップ(150ml)
  • 炭酸水……適量

作り方

①   ライムの皮をむき、生姜は皮つきのまま薄切りにする。

ライムの皮をむき、生姜を薄切りにしているところ

ライムはよく洗ってから皮をむきましょう。残った果肉はとっておき、飲む直前に果汁を絞って加えると、より爽やかな風味になります。生姜は皮と果肉の間が一番よい香りがするので、皮はむきません。

②   鍋にザラメ糖、水を入れて中火で沸かす。

ザラメ糖を煮溶かしているところ

③   ライムの皮、生姜の半量、シナモン、クローブ、赤唐辛子を加え、3~4分中火で煮る。

材料を鍋に入れているところ

④   火を止めて、残りの生姜を加え、粗熱を取る。

生姜を加えているところ

残りの生姜を加えるのは、火を止めてから。生の生姜ならではの刺激的な辛みが加わります。

⑤   保存用密封容器に入れて、冷蔵庫で1日寝かせる。

ジンジャーシロップを保存瓶に入れているところ

清潔な容器に入れ、冷蔵庫で1日寝かせると、甘さと辛さと爽やかさが一体となった、自家製ジンジャーエールシロップの完成です。

⑥   炭酸水で好みの味に薄める

ジンジャーエール

生姜のフレッシュな香りはそのままに、ライムのほろ苦さと酸味がきいたジンジャーエール。炭酸のシュワっとした喉越しの後には、ピリリとスパイスの辛みが。素材の風味が詰まったこの味は、手作りでしか味わえない真っ直ぐな味です。

ジンジャーエールのシロップは料理にも使える

自家製ジンジャーエールのシロップは、料理に加えても楽しめます。生姜とスパイスの辛味が味付けのアクセントになり、甘辛味の料理と相性がいいですよ。

村井りんご

村井りんご
フードコーディネーターとしてレシピ開発・メニュー撮影などを手がけ、「美味しく食べて健康に」をモットーに料理本を多数出版、料理教室を主催。

文: 白鳥紀久子

写真:神林 環
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

FOODIE 占い

人気のカテゴリー

閉じる