Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2020.08.22

そうめんストックをおいしくアレンジ! にゅうめんのバリエーション【簡単レシピ】

にゅうめんのレシピ

夏のお昼ごはんの定番メニューのひとつ、そうめん。暑い間はひんやり麺として大活躍したそうめんですが、そろそろレパートリーが尽きてきた、という方も多いのでは? そんな方におすすめなのが、温かい「にゅうめん」です。涼しくなる秋にもおいしく食べられるにゅうめんのアレンジレシピを、料理家の尾田衣子さんに教えていただきます。

そうめんのおいしい食べ方はこちら>>

伊勢丹のてみやげはこちら>>

コーンとしょうがの豆乳にゅうめん

コーンとしょうがの豆乳にゅうめん

市販のコーンスープを豆乳で溶いてしょうがを入れただけで、いつものそうめんがちょっとおしゃれなヌードルに変身。「ベーコンをトッピングしているので食べ応えも充分です。クレソンは好みの葉野菜に変えてもOK」。ちょっと涼しくなった頃にぴったりのあったか麺です。

コーンとしょうがの豆乳にゅうめん

<材料>(2人分)

  • そうめん……2束
  • しょうが(スライス)……4枚
  • ベーコン……60g
  • A
    コーンポタージュスープ(濃縮タイプ)……300g
    鶏がらスープの素……小さじ1
    豆乳……300ml
    水……100ml
  • クレソン……1/2束
  • いりごま(白)……大さじ1

<作り方>

  1. しょうがは重ねて千切りにする。ベーコンは短冊切りにしフライパンで炒める。
  2. Aとしょうがを鍋に入れ、中火にかけて混ぜながら一煮立ちさせる。
  3. そうめんはたっぷりの湯で茹でて流水で洗い、水けを切って器に入れる。
  4. 32を注ぎ、ベーコン、クレソンをのせていりごまをふる。

高菜と焼きたらこのエスニックにゅうめん

高菜と焼きたらこのエスニックにゅうめん

高菜や焼きたらこといえば、お茶漬けの定番トッピング。それをそうめんと合わせて汁そばにしました。「にんにくとナンプラーでエスニックな味にしています。好みで一味唐辛子やラー油をかけてもおいしいですよ」。たらこは、そのまま食べたあとに崩しながらスープに混ぜれば、ちょっとした味変に。

高菜と焼きたらこのエスニックにゅうめん

<材料>(2人分)

  • そうめん……2束
  • たらこ……1房
  • 高菜漬け……大さじ2
  • ドライオニオン……小さじ2
  • A
    水……600ml
    にんにくチューブ……小さじ1
    生姜チューブ……小さじ1
    ナンプラー……大さじ2
    レモン汁……大さじ1

<作り方>

  1. そうめんはたっぷりの湯で茹でて流水で洗い、水けを切る。たらこは魚焼きグリルなどで軽く焼いて4等分に切る。
  2. Aを合わせて鍋に入れ、火にかけて沸騰させる。
  3. そうめんを器に盛り、2を注ぐ。たらこ、高菜漬け、ドライオニオンをのせる。

海老味噌と豆苗のピリ辛にゅうめん

海老味噌と豆苗のピリ辛にゅうめん

海老の頭をだしに加えて味噌味に仕立てたにゅうめんは、旨みたっぷりで満足度大。「コクのある海老味噌スープが細いそうめんと相性抜群!」と、尾田さんも太鼓判。定番にしたいおいしさです。辛いのが苦手なら、食べるラー油のかわりに香りのよいごま油をかけて。

海老味噌と豆苗のピリ辛にゅうめん

<材料>(2人分)

  • そうめん……2束
  • 有頭海老……4尾
  • 豆苗……1/4束
  • 鰹だし(顆粒)……小さじ1
  • 水……600ml
  • 味噌……大さじ2
  • 食べるラー油……小さじ2
  • いりごま(黒)……小さじ2
  • サラダ油……適量

<作り方>

  1. 海老は頭を取り、殻をむいて背ワタを取る。豆苗は根を切る。
  2. そうめんはたっぷりの湯で茹でて流水で洗い、水けを切って器に入れる。
  3. 水、鰹だし、海老の頭を合わせて鍋に入れ、軽く煮立てたら味噌を溶かす。
  4. フライパンにサラダ油を熱し、1を炒める。
  5. 2の器に3を注いで4をのせて食べるラー油をかけ、いりごまをふる。

豆腐納豆にゅうめん

豆腐納豆にゅうめん

豆腐と納豆のベストコンビに、昆布茶を使って味わい深い一杯に。「納豆のたれも使って、手軽に旨みをプラス。食べやすくやさしい味なので、疲れたときなどにさらっと食べられるし、栄養満点です」。昼食にはもちろん、遅くなった日の夜食にしてもよさそうです。

豆腐納豆にゅうめん

<材料>(2人分)

  • そうめん……2束
  • 豆腐(絹ごし)……1/2丁
  • 納豆……1パック
  • かぶ……1個
  • かぶの葉……1/2個分
  • 昆布茶……小さじ2
  • しょうゆ……小さじ2
  • 水……600ml
  • めんつゆ……大さじ3
  • 七味唐辛子……適量

<作り方>

  1. 豆腐は1cmの角切りに、かぶも皮をむいて1㎝の角切りにする。かぶの葉は小口切りにする。
  2. 1をボウルに入れ、納豆、納豆のたれ、昆布茶、しょうゆを加えざっくりと混ぜる。
  3. そうめんはたっぷりの湯で茹でて流水で洗い、水けを切って器に入れる。
  4. 水とめんつゆを合わせて鍋に入れ、火にかけて沸騰させる。
  5. 43に注ぎ、2をのせて七味唐辛子をふる。

サラダチキンの爽やかレモンにゅうめん

サラダチキンの爽やかレモンにゅうめん

サラダチキンにレモンを合わせた、さっぱり爽やかな麺。「サラダチキンとレモンは大好きな組み合わせです」。レモンは香りと酸味が爽快感を添えてくれるので、まだ暑さが残る季節にぴったり。少し冷やして食べるのもおすすめです。

サラダチキンの爽やかレモンにゅうめん

<材料>(2人分)

  • そうめん……2束
  • サラダチキン(市販品)……1個
  • 水菜……1/6束
  • レモン(輪切り)……6枚
  • 水……600ml
  • 昆布茶……大さじ1
  • ごま油……小さじ2

<作り方>

  1. サラダチキンはスライスし、水菜はざく切りにする。
  2. 水と昆布茶を合わせて鍋に入れ、火にかけて沸騰させる。
  3. そうめんはたっぷりの湯で茹でて流水で洗い、水けを切って器に入れる。
  4. 32を注ぎ、1をのせてレモンを添え、ごま油をかける。

すぐに茹で上がるそうめんは、夏だけでなく常にストックしておくと便利な食材です。温かい麺のレパートリーを増やせば、1年を通しておいしく楽しめそう。いろいろ工夫して、手軽でおいしい麺料理を楽しんでください。

尾田衣子さんプロフィール尾田衣子さん

料理家。料理教室「Assiette de Kinu(アシェット ド キヌ)」主宰。大学卒業後、会社員として働きながら、ル・コルドン・ブルーの料理ディプロムを取得。その後、イタリアで家庭料理を学び帰国、料理教室を開講。雑誌、テレビなどのメディアでも活躍する。著書に『柑橘料理の本』(オーバーラップ)、『薬味食堂』(朝日新聞出版)、『あまったパンで魔法のレシピ』(世界文化社)など。

伊勢丹のてみやげはこちら>>

写真:平松唯加子
料理:尾田衣子
文:沼田美樹

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

FOODIE 占い

人気のカテゴリー

閉じる