Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2019.07.30

脱マンネリ! そうめんのアレンジレシピ

いなりそうめん

夏のお昼の大定番といえば、そうめん。つるんとしたのど越しがひんやりと気持ちよく、手軽に食べられるので、夏の間は食卓にのぼる回数も多いはず。でも、いつも同じめんつゆでは飽きてしまいませんか? そんなときにぜひ試してほしい簡単でおいしい3種類のたれと、そうめんをおいしくアレンジするレシピをご紹介します。

教えてくれるのは、テレビや雑誌で大活躍の料理家、尾田衣子さん。「こんな食べ方もあったんだ!」という驚きのアイデアも披露してくれました。

伊勢丹の夏ギフトはこちら>>

変わりだれ① アジアンめんつゆ

アジアンめんつゆ

夏になるとエスニックが食べたくなる、という人も多いのでは? そんな気分を満足させてくれるアジア風のたれがこちら。ピーナッツクリームでコクを出し、パクチーでさらにアジアンテイストをプラスしました。

<材料>2~3人分

  • ピーナッツクリーム(無糖タイプ)……大さじ4
  • パクチー……1/2株
  • しょうゆ……大さじ1
  • 鶏ガラスープの素……小さじ2
  • 水……60ml
  • 砂糖……小さじ2
  • パクチーの葉……適宜

<作り方>

  1.  パクチーはみじん切りにする。鶏ガラスープの素は分量の水で溶く。
  2.  ピーナッツクリームにしょうゆを加えてよく混ぜ、水で溶いた鶏ガラスープと砂糖を加えてよく混ぜ合わせる。
  3.  2にパクチーを加えて混ぜ、好みでパクチーの葉を浮かべる。

変わりだれ② きゅうり&キウイだれ

きゅうり&キウイだれ

キウイをたれに!? とお思いの方、一度ぜひお試しを。きゅうりとキウイは相性抜群。寿司酢を使った甘酸っぱいたれに、キウイがばっちりいい仕事をしてくれます。貝柱の缶詰も入れて、ボリュームたっぷり。満足度の高いひと皿になります。

<材料>2~3人分

  • きゅうり……1/2本
  • キウイ……1個
  • 貝柱缶詰……50g
  • 寿司酢……大さじ2

<作り方>

  1.  きゅうりはすりおろし、キウイは5㎜角に切る。
  2.  1、貝柱の缶詰(汁ごと使う)と寿司酢を混ぜ合わせる。

変わりだれ③ レモン味噌だれ

レモン味噌だれ

味噌ベースのたれも、レモンをたっぷり入れたら夏らしい爽やかな風味に変わります。レモン汁の分量はお好みで増減してもOK。つけだれにするもよし、水けをしっかり切ったそうめんをからめても、おいしく食べられます。

<材料>2~3人分

  • 味噌……大さじ3
  • レモン汁……1/2個分
  • みりん……大さじ1・1/2
  • 砂糖……小さじ2
  • 昆布だし……60ml(昆布だし顆粒5g+水60mlでもよい)
  • レモンの皮(すりおろす)……適量
  • 飾り用のレモン(スライス)……適宜

<作り方>

  1.  味噌、レモン汁、みりん、砂糖を混ぜ合わせ、昆布だしを加えてさらに混ぜる。
  2.  1にレモンの皮を加えて軽く混ぜる。
  3.  2を器に入れ、好みで4等分にしたレモンスライスを浮かべる。

アレンジレシピ① いなりそうめん

そうめんでいなり寿司! 意外なアイデアですが、ごはんよりも軽いので、ちょっとお腹がすいたときのおやつや、お酒のおつまみにもおすすめ。柴漬けと大葉でおめかししたら、おもてなしの一品にもなりそうです。

<材料>2人分

  • いなり寿司用の揚げ(市販のものでよい)……4個
  • そうめん……50g
  • 柴漬け……20g
  • 塩昆布……10g
  • 大葉……4枚

<作り方>

  1.  そうめんは茹でて冷水でしめ、水けを切る。柴漬けは粗く刻み、大葉は千切りにする。
  2.  そうめん、柴漬け、塩昆布、大葉を混ぜ合わせ、いなり寿司用の揚げに詰める。

アレンジレシピ② パリパリそうめんチャイニーズサラダ

パリパリそうめんチャイニーズサラダ

野菜たっぷりのサラダに、揚げそうめんをトッピング。パリパリのそうめんが食感のアクセントになって、食べ応えも充分です。ポイントは、カラフルな野菜をたっぷり使うこと。これなら“映え”も狙えそうです。

<材料>2人分

  • そうめん……30g
  • 紫キャベツ……1枚
  • にんじん……1/3本
  • パプリカ……1/4個
  • きゅうり……1/3本
  • 水菜……1/4パック
  • ナッツ(好みのものでよい)……15g
  • 糸唐辛子……適量
  • 揚げ油……適量
  • ドレッシング
    ごまドレッシング(市販のもの)……大さじ1
    オイスターソース……大さじ1
    酢……大さじ1/2
    砂糖……小さじ1
    ごま油……大さじ1/2

<作り方>

  1.  そうめんは茹でて冷水でしめ、水けを切ってから油で揚げる。
  2.  紫キャベツ、にんじん、パプリカ、きゅうりは千切りにし、水菜は4㎝幅に切る。
  3.  2を器に盛り付け、1を軽く割りながらのせて、糸唐辛子、粗みじん切りにしたナッツをふる。
  4.  ドレッシングの材料を混ぜ合わせ、食べる前にかける。

アレンジレシピ③ そうめんお好み焼き

そうめんお好み焼き

「茹でたそうめんが残ってしまった……」。そんな経験、一度や二度ではないはず。そんなときはガラリと発想を変えてみましょう。茹でたそうめんにほんの少しの小麦粉と水を加えたら、ほら、お好み焼きのたねに早変わり! フライパンで焼いてカラフルなトマトをのせたら、素敵な一品に大変身です!

<材料>2人分

  • そうめん……100g
  • キャベツ……2枚
  • ミニトマト(あれば3色用意する)……8個
  • ツナ缶……70g
  • 小麦粉・水……各大さじ5
  • 卵……1個
  • 塩……2つまみ
  • かつお顆粒だし……小さじ1
  • お好み焼きソース……大さじ2
  • マヨネーズ……大さじ1・1/2
  • 小ねぎ(小口切り)……大さじ2
  • 粉チーズ……小さじ2
  • サラダ油……適量

<作り方>

  1.  そうめんは茹でて冷水でしめ、水けを取る。キャベツは粗みじん切り、ミニトマトは2等分に切る。
  2.  そうめん、キャベツ、汁けを切ったツナ、小麦粉、水、卵、塩、かつお顆粒だしを合わせ混ぜ合わせる。
  3.  フライパンにサラダ油を熱して2を流し込み、丸く形を整えて中火で両面焼く。
  4.  3の表面にお好み焼きソースを塗ってマヨネーズをかけ、ミニトマトをのせて小ねぎと粉チーズを散らす。

エスニックからフルーツを使ったたれ、そして、「そうか、この手があったのか!」というアイデアレシピまで。そうめんひとつでこんなにいろいろな楽しみ方があるのです。これなら「毎日そうめん」でも飽きないはず。夏の一品に、ぜひお試しあれ!

尾田衣子さん

料理家。料理教室「Assiette de Kinu(アシェット ド キヌ)」主宰。大学卒業後、会社員として働きながら、ル・コルドン・ブルーの料理ディプロムを取得。その後、イタリアで家庭料理を学び帰国、料理教室を開講。雑誌、テレビなどのメディアでも活躍する。著書に『柑橘料理の本』(オーバーラップ)、『薬味食堂』(朝日新聞出版)、『あまったパンで魔法のレシピ』(世界文化社)など。

伊勢丹の夏ギフトはこちら>>

写真:平松唯加子
料理:尾田衣子
文:FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

FOODIE 占い

人気のカテゴリー

閉じる