Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2017.10.21

レシピ

色鮮やか! バターナッツかぼちゃで作るなめらかプリンのレシピ

ひょうたんのようなユニークな形をしたこの野菜、「バターナッツかぼちゃ」や「ピーナッツかぼちゃ」と呼ばれる注目の品種です。パティシエたちがお菓子作りにこぞって使うそうですが、一体どんなかぼちゃなのでしょう?

バターナッツかぼちゃ半割カット

「バターナッツかぼちゃの最大の特徴は、ピーナッツのような形と鮮やかなオレンジ色。でんぷん質と繊維質は少なく水分量は多いため、なめらかな口当たりです。一般的な西洋かぼちゃのようなホクホクとした甘さはないので、煮ものには不向き。プロのあいだでは、さらっとした食感に仕上げたいスープや、ケーキやプリンなどのお菓子に使われています」

そう教えてくれたのは、伊勢丹新宿店・フレッシュマーケットの鈴木理繪シェフ。ここ数年、盛り上がりを見せているハロウィン人気に平行して、注目が高まってきているそうです。

このバターナッツかぼちゃの特徴がよくわかるのが、シンプルなプリン。スパイスや生クリームを使っていますが、入れなくてもOKです。さっそく作り方を教えてもらいました。

バターナッツかぼちゃで作る、プリンのレシピ

材料(容量90mlのプリン型、4個分)

  • バターナッツかぼちゃ(皮をむいてワタを除く)…125g
  • 砂糖…60g ※今回は三温糖を使用
  • 牛乳…50㎖
  • シナモンスティック…1/2本
  • カーダモン(原形)…5粒
  • 生クリーム…50㎖
  • 卵…1個
  • <カラメルソース用>
    •  砂糖…45g
    •  水…大さじ1

プリン液の材料

作り方

1)牛乳にスパイスを入れて温め、香りを移して冷ます

牛乳にシナモンスティック、カーダモンを加えて温めている様子

カーダモンはサヤを割って黒い種子を出し、サヤごとシナモンとともに牛乳に加える。中火にかけ、沸騰寸前で火を止めてそのまま冷ます。

「牛乳にスパイスの香りを移したら、しっかり冷ますことが大切です。温かいままだと、卵と混ぜ合わせたときにダマになってしまいます。スパイスは入れなくても構いません。その場合、牛乳は温めずに使います」

2)カラメルソースを作る

フライパンに砂糖を入れ火にかける

小さめのフライパンか小鍋に砂糖を入れ、中火にかける(写真左)。砂糖が溶けて色づいたら(写真中央)弱火にする。気泡が大きくなってふつふつと音がし始め、カラメル色になったら分量の水を加えて(写真右)、すぐに火を止める。

「砂糖が色づき始めるとあっという間に焦げていくので、好みの色になったらすぐに水を加えて色止めしましょう。水を加えるとはねるので、火傷に注意して」

プリンカップにカラメル流す

型からプリンを取り出しやすくするために、プリンカップの内側にバターやマーガリン、サラダ油など(分量外)を塗り、カラメルを等分して流す。

 

3)バターナッツかぼちゃを電子レンジにかける

バターナッツかぼちゃのワタを除き、皮を厚くむく様子

バターナッツかぼちゃはスプーンでワタを除く。皮はとてもかたいので厚めにむく。

バターナッツかぼちゃを耐熱容器に入れて、ラップをかける

バターナッツかぼちゃを角切りにし、耐熱容器に入れてラップをふんわりとかける。600wの電子レンジで4分30秒加熱する。

レンジで加熱したバターナッツかぼちゃに砂糖をまぶす様子

温かいうちに砂糖をふりかけて、まんべんなくあえてなじませる。

4)卵液とかぼちゃを合わせてミキサーにかけ、こす

ハンドミキサーでプリンの材料を撹拌し、茶こしこしでこす様子

3のかぼちゃに1の冷ました牛乳を茶こしでこしながら加え(スパイスを除くため)、卵と生クリームを加える。ハンドミキサーやフードプロセッサーで撹拌し、茶こしでこす。

「一般的なかぼちゃと比べて、バターナッツかぼちゃはミキサーにかけると、さらさらっとなめらかになるのが実感でき、こすのも簡単です。生クリームがなければ、牛乳で代用してもOK。よりさらっとします」

5)170℃に熱したオーブンで蒸し焼きにする

プリン液を流し入れたプリンカップを、オーブンで蒸し焼きにする様子

2のプリンカップに4を等分して流し入れ、バットに並べる。湯を1cm深さまで注ぎ、170℃に温めたオーブンに入れて20分蒸し焼きにする。粗熱をしっかりとり、冷蔵庫で冷やす。

口に広がるやさしく深い香り! 口溶けはさらっと上品

バターナッツかぼちゃで作った、プリンのでき上がりイメージ

型から外したプリンは、いつも食べているかぼちゃにはない、ナッツのようなバターのような深い香りが印象的! かぼちゃのオレンジ色も鮮やかです。さらっとなめらかな口当たりと甘みがあり、どこか品の良ささえ感じます。

「一般的な西洋かぼちゃと同様に、バターナッツかぼちゃも秋が深まるにつれて甘みが出てきます」と鈴木シェフ。

最近、よく見かけるようになってきたバターナッツかぼちゃ、ぜひお試しを。

文: 原田視納子

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

バイヤー・スタイリスト / 鈴木理繪
伊勢丹新宿店本館地下1階フレッシュマーケット、青果専属シェフ。休日にはキャンプに出かけ、野外でのごはんを楽しんでいます。満天の星と美味しいごはんが至福の時。キャンプ先の地元の食材は、作る楽しみが増えてわくわくします。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=フレッシュマーケットにてお取扱いがございます。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。