Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2017.08.01

レシピ

グリル不要、焼き時間は2分! 意外なコツ満載「焼きなす」レシピ

焼きなすのイメージ

なすを丸ごと焼いて皮をむいた焼きなす。炒めものや揚げものでは出せない独特の香ばしさと、さっぱりした味わいは、暑い日にはたまらない美味しさです。でも、家庭で作るとなると「魚焼きグリルは使いたくない」「熱い皮をむくのは嫌」といった悩みが……。

「100円ショップなどで売っている『焼き網』を使えば、魚焼きグリルを使うよりも、早くて簡単に作れます。作り置きにもおすすめです」と教えてくれたのは、伊勢丹新宿店・フレッシュマーケットの鈴木理繪シェフ。

焼き網なら焼き時間は2分! 「焼きなす」レシピ

「魚焼きグリルでなすを10分焼く」という作り方が一般的ですが、鈴木シェフの作り方では、なんと焼く時間は2分だけ。しかも美しい色に仕上がるところにも注目です!

1)なすは13~15cmの小さめを選ぶ

焼きなすにむくなすのイメージ

「初心者の方は、なすは13~15cm長さを目安に選びましょう。なすの皮を短時間で焼いて実に火を通すのですが、慣れていないうちは、小さめサイズのほうが失敗しにくいのでおすすめです。写真のなすのように、実にハリがあり、ガクがピンと上に跳ねているものが新鮮」

2)焼き網を熱し、なすを直火で2分焼く

なすを網にのせて焼く様子

焼き網を中火で熱し、なすを並べて中火~中火弱にかける。金属のトングを使って焼き目がついたら転がして、2~3分で皮全体に焼き目をつける。ヘタ部分とお尻の太い部分は火が通りにくいので、少し長めに火に当てるとよい。

「ジュジュっと音がしたら返すのがポイント。なす全体に火を当てるために、一度に焼くのは2本までにしましょう。焼き時間が2分なんて短いと思うでしょうが、なすは火の通りが早く、余熱でも火が入ります。慣れてくれば強火で焼いてもOKです」

3)焼いたなすは、すぐに氷水に入れる

焼いたなすを氷水にとる様子

「焼いたなすを氷水にジュッとつけることで、果肉がキュッと締まるので、果肉から皮がはがれやすくなり、変色を防いで美しい色に仕上がります。ちなみに10分以上じっくり時間をかけて焼いた場合、実がふにゃっとやわらかいので、氷水につける方法は不向き。水っぽくなり味が落ちてしまいます」

4)なすの皮をむく。果肉が翡翠色になっているのが理想!

焼きなすの皮をむく様子

「なすの紺色の皮が薄茶色に変色するまで焼いてしまうと、果肉が黄色っぽくなり、まだらな焼き目がついてしまいます。ただ見た目や色は悪くなりますが、美味しく食べられるのでご安心を」

5)焼きなすを保存容器に入れて、冷やす

焼きなすを保存容器に入れた様子

食べるときにヘタを切ってガクをむき、手で縦に割いて、しょうが醤油をかけていただく。好みでみょうがのせん切りをのせても。

「暑い日には冷たくして食べるのがおすすめですが、熱いまますぐに食べても美味です」

焼けた香りと美しい色が食欲をそそる!

焼きなすを盛りつけた様子

食べると直火ならではの香ばしさで、果肉はハリがあるのにやわらかな食感です。まるで料理屋さんのような美しい仕上がりなので、おもてなしの1品としても自慢できそうです!

今までは、焼きなすというと魚焼きグリルを使って、皮が真っ黒になるまで10分以上かけて焼くものと思っていました。でも焼き網を使えば、早くて簡単に作れて、しかも美しい仕上がりになるなんて驚きです。

「たくさんなすを手に入れたときは焼きなすにしておけば、冷蔵庫で3~4日は日持ちするので、作り置きとして便利。辛子醤油、オリーブ油とアンチョビ、ごま油と塩などをかけても美味しいです。サラダ、冷ややっこ、そうめん、冷製パスタなどにのせるなど、いろいろな食べ方で楽しんでください」

文: 松本いく子

写真:安田裕(ヤスダフォトスタジオ)

バイヤー・スタイリスト / 鈴木理繪
伊勢丹新宿店本館地下1階フレッシュマーケット、青果専属シェフ。休日にはキャンプに出かけ、野外でのごはんを楽しんでいます。満天の星と美味しいごはんが至福の時。キャンプ先の地元の食材は、作る楽しみが増えてわくわくします。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=フレッシュマーケットにてお取扱いがございます。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

FOODIE 占い