Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2019.05.29

レシピ

【プロ直伝】基本のキーマカレーの作り方。スパイス5つで本格派の味!

キーマカレーのイメージ

一度はチャレンジしたい、スパイスから作る本格カレー。「どんなスパイスを使うの?」「スパイスは何種類も用意するの?」「長時間煮込まなくてはいけないの?」といった初心者ならではの疑問と合わせて、基本的な作り方のコツをプロに聞きました。教えてくれるのは、スパイス専門店<朝岡スパイス>の渡部美和さんです。

伊勢丹のお取り寄せグルメはこちら>>

まず揃えるべきスパイスは、この5つ!

朝岡スパイスのスパイス

<朝岡スパイス>(左から)カーダモン粉末(30g) 778円(税込) クミン粉末(28g) 530円(税込) コリアンダー粉末(30g) 508円(税込) ターメリック粉末(34g) 508円(税込) レッドペッパー粉末(26g) 508円(税込)

「『スパイスカレー』というと『何種類もスパイスを買い揃えなくては』と思われる方も多いですが、まずは基本の5つを用意すれば本格的なカレーが作れます」

①【カーダモン(カルダモン)】
ショウガ科の植物の実を摘んで乾燥させたもので、清涼感のある爽やかな香りとほろ苦さが特徴です。

②【クミン】
カレー特有の香りと味わいの中核となるスパイスのひとつ。インドをはじめ、トルコやメキシコ、アフリカ、東南アジアなど幅広い地域で親しまれています。

③【コリアンダー】
パクチーの種を乾燥させたもの。生の葉とは異なり、柑橘系のマイルドな香りがします。クミンと並んで、カレーには欠かせないスパイスです。

④【ターメリック】
日本では「ウコン」と呼ばれるスパイス。料理を黄色く色づける目的で使われることが多く、カレーの色もターメリックによるものです。

⑤【レッドペッパー】
唐辛子の粉末です。料理の辛さはレッドペッパーの量によって決まるので、辛いカレーが好きな方は多めに入れてもよいでしょう。

上記5つのスパイスを使えば、いつものカレーが劇的に変わるはず。今回は、初心者でもさっと簡単に作れるキーマカレーのレシピを伝授していただきます!

取扱い:伊勢丹新宿店

【プロ直伝】スパイスから作る絶品キーマカレーのレシピ

キーマカレーの材料

材料(4人分)

  • 合びき肉…300g
  • 玉ねぎ…1個
  • トマト…1個
  • なす…1本
  • にんにく、しょうが…各1かけ
  • A[クミン(粉末)、コリアンダー(粉末)…各大さじ1 ターメリック(粉末)…小さじ2 カーダモン(粉末)…小さじ11/2 レッドペッパー(粉末)…小さじ1/2]
  • プレーンヨーグルト(無糖)…大さじ3 
  • B[水…100㎖ しょうゆ…小さじ2 塩…少々]
  • サラダ油…大さじ2
  • ご飯…適量 ※今回はターメリックライスを使用

作り方

1. 食材を切る

玉ねぎは薄切りに、トマトはヘタを取ってざく切りに、なすは小さめの乱切りにします。にんにく、しょうがはすりおろします。

2. スパイスを混ぜる

スパイスを混ぜている様子

Aのスパイスを混ぜ合わせます。

「5種類のスパイスはあらかじめ調合しておきましょう。ブレンドしたものが基本のカレー粉となるので、比率を変えずに量を調整すれば、さまざまなカレーに使用することができます」

3. 鍋にサラダ油、香味野菜を入れ、炒める

玉ねぎを炒めている様子

厚手の鍋にサラダ油を熱し、にんにく、しょうがを炒めます。香りが出てきたら玉ねぎを加え、きつね色になるまで中火で炒めます。

「カレーは玉ねぎでおいしさが決まるので、しっかり炒めることがポイント。時間がないときは<朝岡スパイス>の『濃厚炒め玉葱』を使えば手軽です」

玉ねぎを炒めている様子

4. ひき肉を加えて炒める

ひき肉を炒めている様子

玉ねぎがきつね色になったらひき肉を加え、ほぐしながら炒めます。

「しっかり水分を飛ばしながら火を通すことで、肉の臭みがなくなります」

5. ブレンドしたスパイスを加え、炒める

スパイスを混ぜている様子

肉の色が変わったら2のブレンドしたスパイスを加え、全体をよく混ぜます。

「水分を加える前にスパイスを具材や油となじませることで、後の粉浮きを防ぐことができます」

6. トマト、ヨーグルト、Bを加えて混ぜ、10分ほど煮る

水分を加えて煮ている様子

全体が混ざったらトマト、ヨーグルト、Bを加えて混ぜます。煮立ったら弱火にし、ときどき混ぜながら10分ほど煮ます。

「水分がほぼなくなるまで煮詰めましょう。トマトとヨーグルトを加えるとうまみとコクがアップ。隠し味として使用したしょうゆは、カレーの味わいを引き締めてくれます」

煮詰まったキーマカレー

7. なすを加えて煮る

なすを加えている様子

水分が煮詰まってきたらなすを加え、火が通るまで煮たら完成です。器にご飯とともに盛ります。

「なすは煮崩れないよう、最後に加えましょう。火が通ればいいので、さっと煮込めばできあがりです。今回は見た目に色鮮やかなターメリックライスを添えました。作り方はとっても簡単!

炊飯器の内がまに米2合に対し、分量の水、ターメリックパウダー小さじ1/2、オリーブオイル大さじ1を入れてさっと混ぜ、炊飯スイッチを押して普通に炊くだけ。スパイスから作ったキーマカレーと相性抜群なので、ぜひ一緒に作ってみてください」

スパイスの香りがたまらない! 絶品キーマカレーが完成

キーマカレーのイメージ

できあがったキーマカレーがこちら! ごろっとしたなすとひき肉、煮崩れていい感じになじんだトマトが見るからにおいしそう。何よりもスパイスの複雑かつ芳醇な香りが食欲をそそります。食べてみると、口に含んだ瞬間、玉ねぎの甘みとスパイシーな風味が口いっぱいに広がり、ルウから作ったカレーとの味わいの違いにびっくり!

最初のうちは辛さはあまり強く感じませんが、食べ進めると徐々にスパイスの刺激が際立ってきます。五感を満たす本格的なスパイスカレーにスプーンが止まりません。

「もっとスパイスの風味を堪能したい!」という方は、仕上げに「自家製ガラムマサラ」を加えても。香りも味わいもパワーアップし、やみつきになること間違いなし!

スパイスを買い揃えるのが大変だったら、特製カレー粉を使っても

朝岡スパイスの濃厚炒め玉葱と朝岡特製カレー粉

<朝岡スパイス>(左から)濃厚炒め玉葱(140g) 1,232円(税込) 朝岡特製カレー粉(35g) 573円(税込)

「スパイスを何種類も買い揃えるのは大変!」という方は、複数のスパイスがブレンドされたカレー粉を使えば手軽に本格的な味わいが楽しめます。「朝岡特製カレー粉」はクミンやコリアンダーなど、約20種類ものスパイスがひとつになった調味料。カレーはもちろん、ピラフやサモサなど、カレー風味の料理にも重宝します。

また、「玉ねぎをじっくり炒める時間がない!」という方には、「濃厚炒め玉葱」がおすすめ。北海道産の玉ねぎを約7時間、直火でじっくり炒め、素材本来の甘み、旨みを油だけで引き出した、まさに「天然の旨み調味料」です。ひと瓶に4個分の玉ねぎが凝縮されているので、少量加えるだけで、料理がぐっとおいしくなります。

取扱い:伊勢丹新宿店

伊勢丹のお取り寄せグルメはこちら>>

写真:向井規博
文:斉田麻理子

バイヤー・スタイリスト / 渡部美和
2016年11月より伊勢丹新宿店シェフズセレクション・朝岡スパイス店長。スパイスに精通したお客さま、まったく知らないお客さま、それぞれに満足のいく説明、対応をするように心がけている。よく使っているお気に入りのスパイスは、肉料理にも合うカルダモンやコリアンダー、クミン。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。 

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

FOODIE 占い