Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2019.08.28

レタス1玉を、おいしく無駄なく食べつくす方法【プロの簡単レシピ】

レタス

シャキシャキした食感が気持ちよく、サラダになくてはならない野菜といえば、レタス。でも、レタスを1玉買ったものの、冷蔵庫の野菜室の中でいつのまにか傷んでしまっていた……なんてこと、ありませんか?

レタスは足が早く、放っておくと切り口が赤く変色したり、外側の葉が傷ついてドロドロになったりするので、できれば新鮮なうちに食べ切りたいものです。そんなレタスのおいしい食べ方を、テレビや雑誌で活躍中の料理家、尾田衣子さんに教えていただきます。

伊勢丹のパン・惣菜はこちら>>

あっさりなのにクリーミー!:レタスの冷製ポタージュ

レタスの冷製ポタージュ

レタスをポタージュに。といっても、レタスだけでは味がぼんやりするので、じゃがいもと合わせてとろりとなめらかな冷製ポタージュにします。もちろん温かくしてもOK。温めていただく場合は、生クリームをひとさじ落とすと、ぐっとコクが出てさらにおいしくなります。

レタスの冷製ポタージュ

<材料>(2人分)

  • レタス……1/4個
  • 長ねぎ……1/2本
  • じゃがいも……小1個
  • バター……10g
  • 水……300ml
  • チキンコンソメ(顆粒)……小さじ1
  • 牛乳……50ml
  • サラミ……1枚
  • オリーブオイル……小さじ2
  • 塩、こしょう……各適量

<作り方>

  1.  レタスは手でちぎり、長ねぎは小口切り、じゃがいもは皮をむいて薄切り、サラミは千切りにする。
  2.  鍋にバターを熱して長ねぎを炒め、しんなりしてきたら、水、チキンコンソメ、じゃがいもを加える。
  3.  じゃがいもに火が入ったらレタスを加えて軽く加熱する。
  4.  3をミキサーに入れてかくはんし、牛乳を加えて塩、こしょうで味を調え、冷蔵庫で冷やす。
  5.  器に盛り、サラミを散らしてオリーブオイルを回しかける。

エスニックな簡単サラダ:レタスとモッツァレラのごま海老和え

レタスとモッツァレラのごま海老和え

シャキシャキのレタスを大胆にちぎって、モッツァレラチーズと合わせます。小海老を加えてナンプラーで味付けしたら、ちょっとエスニックなサラダの出来上がり。もっちりしたモッツァレラにレタスの食感が重なって、食べごたえもばっちり。これならいくらでも食べられそうです。

レタスとモッツァレラのごま海老和え

<材料>(2人分)

  • レタス……1/4個
  • モッツァレラ……100g
  • 小海老(乾燥)……大さじ1
  • ナンプラー……大さじ1 1/2
  • 白すりごま……大さじ2

<作り方>

  1.  レタスは手で粗くちぎり、モッツァレラは食べやすい大きさに手でさく。
  2.  1をボウルに入れて小海老を合わせ、ナンプラーとすりごまを加えてざっくりと混ぜあわせたら、器に盛る。

中華風にアレンジ:レタスの帆立あんかけ

レタスの帆立あんかけ

手で割った冷たいレタスに温かい中華あんをかけたら、メインディッシュになりそうな一品に。ちょっぴり贅沢に、海老と帆立をごろっと入れます。とろみのあるあんがかかって、ほんの少ししんなりしたレタスがまた絶品。これはぜひ、定番にしたいメニューです。

レタスの帆立あんかけ

<材料>(2人分)

  • レタス……1/2個
  • 蒸し帆立……4個
  • にんじん……1/4本
  • しいたけ……2個
  • 海老……小6尾
  • 玉ねぎ……1/2個
  • A
    オイスターソース、しょうゆ……各大さじ1
    鶏がらスープの素、砂糖……各小さじ2
    水……200ml
  • 水溶き片栗粉
    片栗粉……大さじ1
    水……大さじ2
  • サラダ油……適量

<作り方>

  1.  レタスは手で食べやすい大きさに割る。にんじんは短冊切り、しいたけと玉ねぎは薄切りにする。海老は殻をむく。
  2.  フライパンにサラダ油を熱し、にんじん、しいたけ、海老、蒸し帆立、玉ねぎを炒める。
  3.  Aの材料を混ぜ合わせて2に加え、沸騰させる。
  4.  水溶き片栗粉の材料を合わせ、3に加えてとろみをつける。
  5.  器にレタスを盛り、4をかける。

レタスでしゃぶしゃぶ!?:レタしゃぶわさび風味

レタしゃぶわさび風味

さっと湯通ししたレタスは、適度に食感を残しながらやわらかく、香りが際立っておいしいのをご存知ですか? 豚と合わせて冷しゃぶ仕立てにすれば、レタスがたっぷり食べられます。わさび味のソースで和えて、サラダ感覚で召し上がれ!

レタしゃぶわさび風味

<材料>(2人分)

  • レタス……1/4個
  • しゃぶしゃぶ用豚肉……180g
  • 糸三つ葉……1/2パック
  • わさび……小さじ2
  • マヨネーズ……大さじ2
  • しょうゆ……小さじ1
  • 黒こしょう……適量

<作り方>

  1.  レタスは食べやすい大きさに切る。糸三つ葉は2cm幅に切る。
  2.  鍋にたっぷりの湯を沸かし、レタスをさっと湯通してざるに上げる。豚肉も同様に湯に通し、火が入ったら取り出す。
  3.  2と糸三つ葉をボウルに合わせる。
  4.  わさび、マヨネーズ、しょうゆを混ぜ合わせ、3と和えて器に盛り、黒こしょうをかける。

あったか麺にレタスをオン!:レタスとあさりのフォー

レタスとあさりのフォー

アンチョビと和えたレタスのトッピングが、やさしい味のフォーに食感と塩味のアクセントを添えてくれます。最初は張りのある食感のレタスが、食べ進むうちにだんだんやわらかくなってフォーとなじみ、また別の味わいに。アンチョビ和えのレタスはそれだけで食べてもおいしいので、レタスが残った時にはおすすめです。

レタスとあさりのフォー

<材料>(2人分)

  • レタス……1/4個
  • アンチョビ……4フィレ
  • あさり(砂抜きする)……80g
  • A
    しょうが(スライス)……4枚
    にんにく(チューブに入ったもの、またはすり下ろす)……小さじ1
    ナンプラー……大さじ1
    水……600ml
    鶏がらスープの素……大さじ1
    レモン汁……大さじ1/2
  • フォー……200g

<作り方>

  1.  レタスは食べやすい大きさに切り、粗みじん切りにしたアンチョビと合わせる。
  2.  鍋にあさりとAを入れて火にかけ、あさりの貝を開く。
  3.  たっぷりの湯にフォーを入れて袋の表示通りに茹で、ざるに上げて水けを切る。
  4.  器に3を入れ、2を注ぐ。
  5.  1のレタスをのせる。

生で食べることが多いレタスですが、スープにしたりしゃぶしゃぶにしたり、いつもと違う食べ方をしたら、新しいおいしさに出合えるかもしれません。レタスを買ったら、ぜひ試してみてください。

伊勢丹のパン・惣菜はこちら>>

尾田衣子さんプロフィール尾田衣子さん

料理家。料理教室「Assiette de Kinu(アシェット ド キヌ)」主宰。大学卒業後、会社員として働きながら、ル・コルドン・ブルーの料理ディプロムを取得。その後、イタリアで家庭料理を学び帰国、料理教室を開講。雑誌、テレビなどのメディアでも活躍する。著書に『柑橘料理の本』(オーバーラップ)、『薬味食堂』(朝日新聞出版)、『あまったパンで魔法のレシピ』(世界文化社)など。

写真:平松唯加子
料理:尾田衣子
文:FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

FOODIE 占い

人気のカテゴリー

閉じる