Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2018.02.19

レシピ

3分で完成! 家カレーが劇的に美味しくなる「自家製ガラムマサラ」の作り方

作り方に凝りだすと奥深い。それがカレーの世界です。巷にはさまざまなカレーのレシピが溢れていますが、噂によると、「ガラムマサラを手作りする」たったそれだけで、家カレーが劇的に美味しくなるらしいんです。

とはいえ、スーパーで見かけたことはありますが、よほどのカレー好きでないと自宅にガラムマサラって無いですよね? 「インドでは家庭ごとに味がある」なんて話は聞きますが、その正体すらよくわからない……。

そこで今回は、スパイス専門店<朝岡スパイス>の渡部美和さんに、その真相を教えてもらいました。ガラムマサラってそもそも何なの? そして本当にカレーは美味しくなるの?

ガラムマサラ=「仕上げ」のためのブレンドスパイス

スパイスのイメージ

「ガラムマサラは、ご存知の通りインドが発祥のブレンドスパイス。インドカレーといってもさまざまな種類がありますし、いろいろなスパイスを使うので難しく考えてしまいがちですが、『仕上げ』用のスパイスがガラムマサラ、と覚えると簡単です。調理途中で加えるスパイスとは区別して使うんですね。ちなみにガラムは『熱い』、マサラは『混合物』という意味です」

このガラムマサラ、よく聞く通り「インドでは各家庭で手作りする」ので、配合には決まったものがないんだとか。そう聞くと奥が深すぎてつかみどころがないんですが、作りやすい「基本の配合」はあるんだそうです。

手作りするとカレーが劇的に美味しくなるってほんと?

朝岡スパイスの渡部美和さん

「それは本当ですよ。ガラムマサラをはじめとしたスパイスは作りたて、フレッシュであるほど香り高く、カレーを美味しくしてくれます。特にガラムマサラの役割は、仕上げに加えてカレーに新鮮な香りを与えること。新鮮な香りが加わるだけで味の輪郭がハッキリして美味しくなります。スパイスは時間が経つと香りが飛んでしまうため、自家製の作りたてを使用したほうが、一層美味しくなるというわけです」

ガラムマサラの効果は、レトルトカレーに市販のガラムマサラをふるだけでもよくわかるんだそう。それを自家製すれば、威力はきっと絶大なはず……。

ということで、自家製ガラムマサラのパワーを体感すべく、渡部さんと一緒にガラムマサラ作りにチャレンジ。挑戦するのはカレー大好きな編集部Sと、辛いものが苦手なのにカレーは好きという編集部Tです。

配合通りに混ぜるだけ。基本のガラムマサラの作り方

ガラムマサラのスパイスを混ぜているところ

作り方といっても、実はスパイスを混ぜるだけ。今回は渡部さんに、初心者でもトライしやすい「基本の配合」を教えてもらいました。使うのは7つのスパイス。分量は下記の表の通りです。量はティースプーンで計量すればOK。

「ティースプーンでどんどん加えて混ぜるだけです。まとめて作ると時間が経って香りが飛んでしまうので、使う分をその都度作りましょう」

<基本のガラムマサラ(カレー4人分)>

基本のガラムマサラの分量表

辛さや香りの好みで、配合は変えてもOK!

FOODIE編集部(写真左右)と朝岡スパイスの渡部さん(写真中)がスパイスを選んでいるようす

最初は基本の配合で挑戦するのがおすすめですが、自分好みの配合にしたくなるのがカレー好きの性。カレー大好き、編集部Sと編集部Tが、それぞれの好みにあったオリジナルブレンドに挑戦します。

「配合を変える場合の基本ルールは2つ。①全体がティースプーン10杯で完成するようにすること、②表の黄色部分・香りのベースとなるクミンとコリアンダーの量は変えないこと。残りの3杯分で個性を出していきましょう」

極力辛くしたい編集部Sはブラックペッパーをレッドペッパーに置き換えて量を1.5杯に。逆に辛いものが苦手な編集部Tは、フルーティな甘さが特徴のメースをシナモンの代わりに入れ、ブラックペッパーの一部をジンジャーに置き換えてブレンドしました。

使い方のポイントは、加熱しすぎないこと

カレーにガラムマサラを混ぜている様子

完成したガラムマサラをカレーに加えます。今回はレトルトのチキンカレーを使用しました。火にかけて温めたらガラムマサラを加え、ひと煮立ちさせるだけで完成! カレーは一般的なルーを使ったカレーでも、本格的なインドカレーでも、どんなものでもOKです。ポイントは2つ。ガラムマサラを一回量ずつ作ることと、カレーに加えたら加熱しすぎないことだけです。

噂は本当だった……いつものカレーが「本格的」に激変!

カレーを食べて驚いている編集部S

あっという間に完成した自家製ガラムマサラ入りカレー。食べてみると、口に含んだ瞬間からその違いは歴然! みんなの第一声は「普通のカレーじゃないみたい!」でした。フレッシュな香りと辛みが加わることで、スパイスの香りはもちろん、カレーが本来持っている味の要素が劇的に立体的に立ち上がってきます。家で食べているとは思えない「本格感」にとにかく驚きです。

さらに驚いたのは、配合による味の違い。たったスプーン3杯でそこまで差が出るのか? と半信半疑ではありましたが、ハッキリと味の違いが現れました。
とにかく辛さを追求した編集部Sのカレーはかなり刺激的に。「辛みにふり切った配合にして成功です! 刺激的でいい! これはリピートしますね」(編集部S)
辛さを控えた弱気なブレンドをした編集部Tも納得の仕上がりだったよう。「風味豊かで、スパイシーだけど辛みがない! フルーティな甘さもさわやかで嬉しいです」(編集部T)

「スパイスをその場で調合していくだけなので、ガラムマサラを作るのはみなさんが思っているより簡単なんです。その日の気分、体調に合わせて配合できますし、作っていくと、だんだん自分の好みがわかってきます。そうすると、どんどんハマっていきますよ」

いつものカレーが劇的に美味しくなる自家製ガラムマサラ。まずは基本のレシピで、ぜひ一度試してみてください!

今回使用したスパイスはこちら

朝岡スパイスのスパイスのイメージ1

(左から)ジンジャー486円/クミン486円/コリアンダー465円/カーダモン713円/クローブ713円(各税込)

朝岡スパイスのスパイスのイメージ2

(左から)シナモン486円/ナツメグ519円/ブラックペッパー551円/メース735円/レッドペッパー465円(各税込)

文: 白鳥紀久子

写真:向井規博
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

バイヤー・スタイリスト / 渡部美和
2016年11月より伊勢丹新宿店シェフズセレクション・朝岡スパイス店長。スパイスに精通したお客さま、まったく知らないお客さま、それぞれに満足のいく説明、対応をするように心がけている。よく使っているお気に入りのスパイスは、肉料理にも合うカルダモンやコリアンダー、クミン。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。 

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。