盛り付けされたビーフストロガノフ

ビーフストロガノフとハッシュドビーフ。どちらも牛肉の煮込み料理ですが、この2つの違いをご存知ですか? もっとも大きな違いはソース。ビーフストロガノフは仔牛の骨を煮詰めてとる出汁「フォンドヴォー」、ハッシュドビーフはフォンドヴォーをさらに煮詰めて作る「デミグラスソース」が主役です。

どちらもちょっと敷居が高く感じてしまいますが……、実はビーフストロガノフのほうが簡単。市販のフォンドヴォーを使えば、材料はとってもシンプルで、炒めてサッと煮るだけで本場の味が楽しめるんです。

さっそく、伊勢丹新宿店<I’S MEAT SELECTION>の岩田晴美シェフに教えてもらいました!

2017伊勢丹のお歳暮

本格ビーフストロガノフの3つのポイント

1. デミグラスソースではなく、フォンドヴォーを使う

2. 牛肉の「食感」にひと工夫あり

3. 玉ねぎは最初に電子レンジで熱を通す

「ビーフストロガノフは、ロシアの代表的な料理です。フォンドヴォーを使っているのはフランス料理風にアレンジされたから。今回紹介するレシピのポイントは、牛肉の薄切りではなく、厚めに切った肉をよじって食感に変化を出すこと。そして玉ねぎに『最初のひと手間』を加えて、甘みとうまみを引き出すこと。これだけでグッと本格的な味わいになりますよ!」

【保存版】本格ビーフストロガノフの作り方

ビーフストロガノフの材料

材料(2人分)

  • 牛肉(ヒレ・焼肉用)…300~400g  ※ブロック肉をカットしてもOK
  • 塩、こしょう…各少々
  • パプリカパウダー…適量
  • 小麦粉…適量
  • 玉ねぎ(薄切り)…1/2個分
  • バター…50g
  • マッシュルーム(薄切り)…6~10個分
  • フォンドヴォー(市販品)…200ml
  • 生クリーム…100ml
  • レモン…1/2個

作り方

① 玉ねぎを耐熱ボウルに入れ、バター適量をのせてふんわりラップをかけ、電子レンジでしんなり透明になるまで加熱する

ラップをかけた玉ねぎ

「玉ねぎを最初からフライパンで炒めると焦げやすく、きれいなあめ色にするまでにある程度時間がかかってしまうため、電子レンジであらかじめしんなりするまで加熱しておきます。このひと手間で、玉ねぎをあめ色に炒める時間を短くでき、甘みとうまみを十分に引き出せます」

② 牛肉に塩、こしょうをふり、パプリカパウダーと小麦粉をふって棒状によじる

牛肉を手でよじっているところ

「牛肉に下味をつけ、手でよじることで食べ応えのある食感になります。今回はヒレ肉を使いましたが、好きな部位の牛肉を使ってもOKです」

③ フライパンに残りのバターを溶かし、②を並べて強火にする。美味しそうな焼き色がついたら、マッシュルームを加える

焼き色が着いた牛肉

「素材を焼く時間は、『何分』と頭で考えるのではなく、目や鼻を使って『美味しそう』と感じるタイミングを目指してください」

④ ①の玉ねぎを加え、あめ色になるまで炒める。フォンドヴォーを加え、とろみが出るまで強火で煮詰める

フォンドボーを加え煮詰まったビーフストロガノフ

⑤ 生クリームを加えて、パプリカパウダーをふり入れ、仕上げにレモン汁を加える

レモンを絞っているところ

「パプリカパウダーを最後に加えることで、風味がよくなります。味を引き締める酸味として、ロシアではサワークリームを使いますが、レモンでも十分美味しく作れます」

牛肉のうまみを感じる、ごちそう感たっぷりなひと皿

盛りつけされたビーフストロガノフ

器に盛ったら好みで生クリームをかけ、パプリカパウダーをふります。

サフランライスやバターライスを添えれば、あっという間に食欲を誘うビジュアルのひと皿が完成!

牛肉に下処理をしたことでうまみが閉じ込められ、食感も加わってボリューミー。甘い玉ねぎにレモンの酸味がアクセントに。後を引く美味しさで、もうスプーンが止まりません!

「ぜひ『フォンドヴォーをわざわざ使うなんて難しい』と最初から思い込まず、まずはチャレンジしてみてほしいですね。それぞれの手順が、美味しさを引き出すためという目的をちゃんとわかっていれば、料理がもっと楽しくなるはずです」

デミグラスソースを使うハッシュドビーフよりもシンプルな味つけだけに、より牛肉本来のうまみが味わえる料理……、それがビーフストロガノフ。長時間煮込む必要がないため、時間がないときや、おもてなしにも重宝しそうです!

文: 斉藤彰子

写真:山田和幸

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=フレッシュマーケット/I’S MEAT SELECTIONにてお取扱いがございます。

確かな目で選び抜いた厳選素材を食卓へ。伊勢丹オンラインストアではI’S MEAT SELECTIONの一部商品をお取扱いしております。 

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. トリュフを超えた!? うまみがすごい 「マッシュルームペースト」レシピ
  2. 新宿で手土産に迷ったらこれ! 伊勢丹新宿店でしか買えない限定アイテム5選
  3. 伊勢丹新宿店のクリスマスケーキ2017 売り切れ必至の人気ブランドが続々!
  4. 皮はカリッ、肉汁じゅわ~! 「チューリップから揚げ」のレシピ
  5. 2017年はどれにする? 人気ブランドのシュトーレンが勢揃い!

野菜って甘い! と感動する濃厚キャロットケーキ

ローズベーカリーのキャロットケーキ
ローズベーカリーのキャロットケーキ

<ローズベーカリー>キャロットケーキ 581円(税込)

伊勢丹新宿店の<ローズベーカリー>はファッションフロアにある穴場カフェ。ここで食べるならキャロットケーキと決めています。スポンジに練りこまれた刻みにんじんは野菜とは思えない甘さ!
クルミ、シナモンの風味もしっかりしていて、バニラビーンズたっぷりのクリームチーズと相性抜群。買って帰って食べるならぜひ常温で。クリームがいい具合にやわらかくなって濃厚さが増します。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館3階=ローズベーカリーにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ほのかな甘さがいい。鈴懸の「栗きんとん」

鈴懸の栗きんとん
鈴懸の栗きんとん

<鈴懸>「栗きんとん」(1個)389円(税込)

口に入れた途端に広がる濃厚な栗の香り、ほのかな甘さは「栗そのもの」。<鈴懸>の「栗きんとん」の特徴は、まさにその「素材感」。材料は、加熱調理しても香りが濃く残るという兵庫県三田産の栗と、控えめに加えた砂糖。風味が濃厚なので、ワインやブランデーにもよく合います。グラス片手に味わってみては。

文: 山本千尋

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味(和菓子)/鈴懸にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

リスの瞳にロックオン♡愛らしいくるみのクッキー

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」
くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」(1箱/12粒)1,296円(税込)

※写真2枚目:チョコくるみクッキー小箱「こうもり(ハロウィン)」(1箱/6粒)648円(税込)、2017年10月31日(火)まで販売。

この箱を贈られた瞬間、リスの瞳に心を奪われてしまいました……!こんなに愛らしい贈り物は初めて。「ありがとう」のメッセージには思わずほろり。箱を開けて見ると、真っ白い粉糖に包まれた丸いクッキーがお目見え。くるみがたっぷり入っていてさっくりとした心地良い食感に、また嬉しさが。今なら、期間限定のハロウィンパッケージも登場しているということで、今度は自分で買いにいこう、と心に決めました!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している一部の商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味/西光亭にてお取扱いがございます。また、<西光亭>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

我が目を疑うインパクト!小布施堂の栗かのこケーキ

小布施堂の栗かのこケーキ ライオン
小布施堂の栗かのこケーキ ライオン

<小布施堂>栗かのこケーキ ライオン 1,296円(税込)

販売期間:2017年10月4日(水)〜2017年10月31日(火) ※写真のライオン像は2本使用しています。

これは……スフィンクス? いえ、正解はライオン。それも、日本橋三越本店の入口に鎮座している、あのライオンなんです! 一度目にしたら、忘れられなくなりそうな外箱を期間限定で採用したのは、栗好きなら知らない人はいない<小布施堂>。箱を開けると<小布施堂>を代表するお菓子「栗鹿ノ子」を丸ごと入れたパウンドケーキがお目見えします。三越オリジナルで、しかもインパクト大。話題性抜群の手土産をお探しの方は買いですよ!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=小布施堂にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

全栗好きが泣いた「朱雀モンブラン」!

小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン
小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン

<小布施堂Shinjuku>朱雀モンブラン(1個) 1,620円(税込)

※販売期間:2017年10月4日(水)~2018年3月ごろまで

「栗の化身」の異名を持つ究極の栗菓子<小布施堂>の「栗の点心 朱雀」をご存知ですか? 長野県の小布施堂本店のみでしか食せない幻の逸品ですが、そのエッセンスを踏襲し、「持ち帰れる『朱雀』」として作られたのが、この「朱雀モンブラン」です。たっぷり絞られているのは、マロンクリームではなく、栗あん。モンブランでもあり、和菓子でもある……その無二の味わいは、ぜひ食べて確認を!

文: 斉藤彰子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※数に限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年10月4日(水)〜2018年3月ごろまで伊勢丹新宿店本館地下1階=小布施堂 Shinjyukuにてお取扱いがございます。 

おすすめアイテム一覧へ