素麺

素朴な小麦の風味とつるんとしたのどごしが美味しい、「素麺」。実は、ブランドごとに食感や味わい方に大きな差があるってご存知でしたか? 今回は、人気の素麺5種を食べ比べてみました。

ゆでる前に早くも個性が現れる

ゆでる前の5種類の素麺

①揖保乃糸:白くて細め
②<きちみ製麺>白石温麺(うーめん):長さが短くやや太め
③<三輪そうめん 山本>白髪素麺:真っ白で極細
④<協栄岡野>手延素麺:やや黄身を帯びた色で、半生。麺の長さは、非常に長い
⑤大門(おおかど)素麺:乾麺。髷(まげ)のように丸まった形。

食べ比べるのはこちらの伊勢丹新宿店で人気の素麺。ゆでる前から、長さや太さ、色合いなど、見ためからはっきりとした個性を見てとれます。

適度なコシ、のどごしのバランスが光る「揖保乃糸」

揖保乃糸

揖保乃糸(250g) 476円(税込)

おそらく全国でもっとも有名な素麺ブランド「揖保乃糸」。素麺を束ねる帯にはいくつか種類がありますが、それは小麦粉の質や麺の細さ、製造時期などの違いで決まる等級を示すもの。今回選んだのは、なかでももっとも一般的な特級品。適度なコシとのどごしのバランスに優れ、次々と食べられます。クセがない分アレンジは自在。めんつゆの種類を変えたり、薬味のバリエーションを広げたりしてさまざまな風味が楽しめそうです!

温かくして食べるなら。やわらかな食感の「白石温麺」

きちみ製麺の白石温麺

<きちみ製麺>白石温麺(300g) 346円(税込)

白石温麺は宮城県白石市の名物。一般的に素麺は麺を伸ばす工程で油を使いますが、こちらは油を使用せずに作られる素麺です。「温麺」という名称の通り、温かくして食べるのがおすすめ。麺のやわらかさが特徴で、冷水で締めてもやわらかいまま。また、香りがあまりないので、誰にでも食べやすい素麺です。

味わい・香りがとにかく上品な極細麺「白髪素麺」

三輪そうめん山本の白髪素麺

<三輪そうめん 山本>白髪素麺(90g) 540円(税込)

やさしく取り扱わないと簡単に折れてしまうほど繊細なそうめん「白髪素麺」。その太さは、たったの直径約0.3mmで、一流の技術をもつ素麺師だからこそできる芸術的な一品です。その味わい・香りはとにかく、上品。極細麺ながらもつるりとしたのどごしがあり、舌触りはやわらかです。すだちなどの柑橘類を加えると、上品さにキリッとした味わいをプラスしてくれます。

まるでうどん!? 食べごたえ抜群の半生タイプ「手延素麺」

協栄岡野の手延素麺

<協栄岡野>手延素麺(200g) 378円(税込)

ごま油を使って作られた半生タイプの素麺。非常に長いので、包丁で20cmほどにカットしてからゆでていただきます。コシは強めで、のどごし抜群! 後味に甘みも感じられ、まるでうどんのよう。食べごたえがあるので、薬味にはたたいた梅干しやすりおろしたしょうがなど、アクセントになるものを添えるのがおすすめです。

太めの麺で、コシが強い「大門素麺」

大門素麺

大門素麺(350g) 832円(税込)

富山県西部にある大門地区で作られる「大門素麺」。髷(まげ)のように丸められたユニークな素麺は、半分に割ってからゆでます。富山の清流をたっぷり使ってこねられた麺は強いコシがあり、小麦由来の素麺らしい風味がしっかり。食べる際は、めんつゆとお好みの薬味を少し加えるだけにして、素朴な味わいを堪能しましょう。

暑い日には何度となく食べたくなる素麺。今年は全国津々浦々の麺を試して、お気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか。

食べ比べ・写真:丹羽彰子
フードスタイリスト。WEB、広告、カタログなどのさまざまな媒体で、レシピ開発、スタイリングを手がける。

文: 大川祥子

写真:丹羽彰子
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

伊勢丹オンラインストア

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. トリュフを超えた!? うまみがすごい 「マッシュルームペースト」レシピ
  2. 新宿で手土産に迷ったらこれ! 伊勢丹新宿店でしか買えない限定アイテム5選
  3. 伊勢丹新宿店のクリスマスケーキ2017 売り切れ必至の人気ブランドが続々!
  4. 皮はカリッ、肉汁じゅわ~! 「チューリップから揚げ」のレシピ
  5. 2017年はどれにする? 人気ブランドのシュトーレンが勢揃い!

野菜って甘い! と感動する濃厚キャロットケーキ

ローズベーカリーのキャロットケーキ
ローズベーカリーのキャロットケーキ

<ローズベーカリー>キャロットケーキ 581円(税込)

伊勢丹新宿店の<ローズベーカリー>はファッションフロアにある穴場カフェ。ここで食べるならキャロットケーキと決めています。スポンジに練りこまれた刻みにんじんは野菜とは思えない甘さ!
クルミ、シナモンの風味もしっかりしていて、バニラビーンズたっぷりのクリームチーズと相性抜群。買って帰って食べるならぜひ常温で。クリームがいい具合にやわらかくなって濃厚さが増します。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館3階=ローズベーカリーにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ほのかな甘さがいい。鈴懸の「栗きんとん」

鈴懸の栗きんとん
鈴懸の栗きんとん

<鈴懸>「栗きんとん」(1個)389円(税込)

口に入れた途端に広がる濃厚な栗の香り、ほのかな甘さは「栗そのもの」。<鈴懸>の「栗きんとん」の特徴は、まさにその「素材感」。材料は、加熱調理しても香りが濃く残るという兵庫県三田産の栗と、控えめに加えた砂糖。風味が濃厚なので、ワインやブランデーにもよく合います。グラス片手に味わってみては。

文: 山本千尋

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味(和菓子)/鈴懸にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

リスの瞳にロックオン♡愛らしいくるみのクッキー

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」
くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」(1箱/12粒)1,296円(税込)

※写真2枚目:チョコくるみクッキー小箱「こうもり(ハロウィン)」(1箱/6粒)648円(税込)、2017年10月31日(火)まで販売。

この箱を贈られた瞬間、リスの瞳に心を奪われてしまいました……!こんなに愛らしい贈り物は初めて。「ありがとう」のメッセージには思わずほろり。箱を開けて見ると、真っ白い粉糖に包まれた丸いクッキーがお目見え。くるみがたっぷり入っていてさっくりとした心地良い食感に、また嬉しさが。今なら、期間限定のハロウィンパッケージも登場しているということで、今度は自分で買いにいこう、と心に決めました!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している一部の商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味/西光亭にてお取扱いがございます。また、<西光亭>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

我が目を疑うインパクト!小布施堂の栗かのこケーキ

小布施堂の栗かのこケーキ ライオン
小布施堂の栗かのこケーキ ライオン

<小布施堂>栗かのこケーキ ライオン 1,296円(税込)

販売期間:2017年10月4日(水)〜2017年10月31日(火) ※写真のライオン像は2本使用しています。

これは……スフィンクス? いえ、正解はライオン。それも、日本橋三越本店の入口に鎮座している、あのライオンなんです! 一度目にしたら、忘れられなくなりそうな外箱を期間限定で採用したのは、栗好きなら知らない人はいない<小布施堂>。箱を開けると<小布施堂>を代表するお菓子「栗鹿ノ子」を丸ごと入れたパウンドケーキがお目見えします。三越オリジナルで、しかもインパクト大。話題性抜群の手土産をお探しの方は買いですよ!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=小布施堂にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

全栗好きが泣いた「朱雀モンブラン」!

小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン
小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン

<小布施堂Shinjuku>朱雀モンブラン(1個) 1,620円(税込)

※販売期間:2017年10月4日(水)~2018年3月ごろまで

「栗の化身」の異名を持つ究極の栗菓子<小布施堂>の「栗の点心 朱雀」をご存知ですか? 長野県の小布施堂本店のみでしか食せない幻の逸品ですが、そのエッセンスを踏襲し、「持ち帰れる『朱雀』」として作られたのが、この「朱雀モンブラン」です。たっぷり絞られているのは、マロンクリームではなく、栗あん。モンブランでもあり、和菓子でもある……その無二の味わいは、ぜひ食べて確認を!

文: 斉藤彰子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※数に限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年10月4日(水)〜2018年3月ごろまで伊勢丹新宿店本館地下1階=小布施堂 Shinjyukuにてお取扱いがございます。 

おすすめアイテム一覧へ