Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2015.12.07

おすすめアイテム

品種でこんなに違う! 究極の「おうち焼き芋」を体験しよう!

屋台の「石焼き芋屋さん」との遭遇率がめっきり減った昨今、自宅で焼き芋を手作りするたびに「これじゃない」感にがっかりしている人は多いのではないでしょうか。家にある設備であの味を再現するのは無謀なことなのかも……。

「ちょっと待ってください。実は、焼き芋は作り方以上に『品種』にこだわることが重要です。さつまいもは品種によって味が全然違うんですよ」

そう教えてくれたのは、青果のエキスパート、栗林七重さん。

好みの味に仕上がる品種を知れば、「究極の焼き芋」を自作することは夢じゃないかも!?

ねっとり甘い「安納芋」からホクホク素朴な「紅あずま」まで、焼き芋のおいしさは幅広い

さつまいも5品種の断面

「ひと口にさつまいもといっても、蜜のような味を堪能できる「安納芋」や素朴な甘さを楽しめる「紅あずま」など魅力はさまざま。今回はお好みのテイストを選んでいただけるよう、左から順に、焼き芋におすすめの5品種をご紹介します」(栗林さん)


①ねっとりとした食感と濃厚な甘さ!「安納芋」

安納芋断面

さつまいも食べ比べ

「甘い焼き芋がお好みなら、間違いないのが『安納芋』。糖度が高いのが特長で、切った芋を指で押すと蜜が滲みでてくるほど。糖度は熱を加えることでさらに上がり、濃厚な甘さと舌に絡みつくようなねっとりした食感が堪能できます」

割ったとたんに現れる、オレンジ色のまぶしい輝き! ひと口ほおばるとスイーツのような甘さが口いっぱいに広がり、お供にコーヒーがほしくなります。ねっとりとした食感の中で、パリッと焦げた皮が絶妙なアクセントに!

②絹のような舌触り! 「シルクスイート」

シルクスイート断面

さつまいも食べ比べ

「2012年にデビューした千葉県産の新種。繊維が少なく、絹のようななめらかな舌触りが楽しめます。甘さはマイルドなので、安納芋だと少し甘すぎるという方におすすめ。まだ栽培している農家が少なく珍しい品種なので、見かけたらぜひ試してみてください」

中身の色は、安納芋よりやや薄めの黄金色。舌の上をすべるような食感で、上品な甘さがクセになります。ちなみに栗林さんが個人的に一番好きなのが、この「シルクスイート」だそう。

③お芋らしい食感!「パープルスイートロード」

パープルスイートロード断面

さつまいも食べ比べ

「千葉県産の紫芋で、2004年にデビューした品種。紫芋は甘みが少ない品種がほとんどでお菓子に使われることが多いのですが、5種類のさつまいもを交配させたパープルスイートロードは焼き芋にしてもほどよい甘さを感じることができます。『お芋らしい』食感なのにきめの細かさがあり、後味はさっぱりしています」

鮮やかな紫色が美しい! 確かにホクホクとした「お芋っぽい」食感で、食べ応えは十分。煎茶と相性が良さそうです。

④硬さとなめらかさの絶妙なバランス! 「五郎島金時」

五郎島金時の断面

さつまいも食べ比べ

「石川県の加賀でつくられている伝統的な加賀野菜のひとつです。ホクホクした食感ですが、ほどよい水分量で、ジューシーさを感じることもできます。甘さはほどよく、これからの季節は1ヵ月ほど貯蔵させた糖度の高い品が出回ります」

断面は蜂蜜のような薄い黄色。やわらかい食感の安納芋に比べると適度な硬さがあるものの、あくまでなめらか。やさしい甘さが舌の上にやさしく広がります。

⑤ホクホク代表!「紅あずま」

紅あずま断面

さつまいも食べ比べ

「ホクホクしたさつまいもの代表格が紅芋系統の『紅あずま』。昔ながらの素朴な焼き芋を楽しみたいときにおすすめです。飽きのこないやさしい甘さは、栗に近い味わいかもしれません」

これこれ! 食べたかったのはこの焼き芋の味でした。
甘さ控えめで水分の少ないホクホクした食感なので、牛乳と一緒にいただくのが良さそうです。バターや塩をつけて、味の変化を楽しむのも一興!

さつまいもの選び方とおいしい焼き芋を作るためのポイント

品種の特長はよくわかりましたが、品種以外においしい焼き芋を作るポイントはありますか?

「さつまいもは、上から下まで身がずんぐりと太いものを選びましょう。焼く前に塩水に30分ほど浸しておくとほどよくしっとりし、甘みが増しますよ」

品種を知れば、屋台の石焼き芋屋さんの味を超えられるかも……。ぜひお試しください。

文: 斉藤彰子

写真:八田政玄
調理協力:タカハシユキ

バイヤー・スタイリスト / 栗林七重
伊勢丹新宿店で10年以上青果コーナーを担当する青果のエキスパート。接客の際は「お客さまとの対話を大事にしている」そう。「その日の天気やお客さまの体調などを考慮して、おすすめする商品を考えるようにしています」。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=フレッシュマーケットにてお取扱いがございます。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。