Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2016.06.11

レシピ

500ml少量サイズで作る! 超お手軽梅酒レシピ

梅の季節がやってきました。自宅で仕込んで作る梅酒の味わいは格別。でも、量が多すぎて飲みきれなかったり、味に飽きてしまったり、せっかく漬けた梅酒が手付かずのまま戸棚にしまわれている……。なんてことはありませんか?

一般的なレシピの1回分の容器の大きさは、4ℓ(梅1kgに対し酒1.8ℓの配合で作る場合)。今回はその1/8以下500ml容器で作れる梅酒のアレンジレシピを紹介します。少量でいろいろな味の梅酒を仕込めば、飽きずに楽しく飲み切れますよ!

どんな酒でも同じ。梅酒の基本ルール

保存容器に下準備した梅、砂糖、酒を入れて作る梅酒。氷砂糖とホワイトリカーを使用して作るのが一般的ですが、実は酒や砂糖を代えてもOK! 次の基本ルールを守れば作り方は同じです。

梅の下準備のやり方は記事末尾で紹介しています。

①酒選びのルール

梅のエキスを抽出するため、酒はアルコール度数が高いものを選びましょう。アルコール度数35%のホワイトリカーが一般的ですが、泡盛、ブランデー、ラム、ジンなど好みのものでOK。ただし、20%未満の酒で果実酒を作ると酒税法違反になるので注意!

②砂糖選びのルール

氷砂糖を、黒糖やはちみつなどに代えても◎。ただし、黒糖やはちみつは溶けにくく瓶の底にたまってしまうので、定期的に瓶を振って全体に糖分をなじませるのがポイントです。

③梅選びのルール

シワや傷がなく、ツヤがあり、みずみずしいものを選びます。実が大きいものは果汁が多いのでエキスが出やすいです。完熟梅を使うとよりフルーティな仕上がりになります。

飲みきりサイズで作る、おすすめ梅酒4レシピ

とろ〜りまろやか!  「黒糖泡盛梅酒」

黒糖泡盛梅酒

◆材料(500mlの容器ひとつ分)
・青梅 200g
・黒糖 100~150g
・泡盛 360ml

◆作り方

保存瓶に、下準備した梅と黒糖を入れ、泡盛を注いでフタをする。黒糖が溶けにくいので、時々丁寧に揺すって溶かし、味をなじませる。
3カ月後以降が飲み頃ですが、6~8カ月経つとよりまろやかな味わいに。

濃厚とろとろ! 「完熟梅のにごり梅酒」

にごり完熟梅酒のソーダ割り

◆材料(500mlの容器ひとつ分)
・黄梅 200g
・氷砂糖 100~150g
・ホワイトリカー 360ml

◆作り方
保存瓶に下準備した梅と氷砂糖を入れ、ホワイトリカーを注ぎ、フタをする。時々瓶を揺すって味をなじませる。飲むときに梅の実を1個グラスに取り出し、潰しながら飲む。
青梅で作る梅酒に比べ、フルーティで爽やかな味わいが楽しめます。

すっきり飲める! 「無糖のブランデー梅酒」

無糖のブランデー梅酒

◆材料(500mlの容器ひとつ分)

  • 青梅 200g
  • ブランデー 360ml

◆作り方
下準備した梅をビニール袋などに入れ、冷凍庫で一晩凍らせる(凍らせることで砂糖なしでもエキスを出やすくする)。保存瓶に凍ったままの梅を入れ、ブランデーを注いでフタをする。
無糖の場合、エキスが出るのに時間がかかるため、10~12カ月後以降が飲み頃。トニックウォーターで割って少し甘みをプラスして飲んでも美味しいです。

すっきり飲みやすい! 日本酒はちみつ梅酒

日本酒で作るはちみつ梅酒

◆材料(500mlの容器ひとつ分)

  • 青梅 200g
  • はちみつ 100~150g
  • 日本酒(梅酒用にアルコール度数20%以上のもの) 360ml

◆作り方
保存瓶に下準備した梅とはちみつを入れ、日本酒を注ぎ、フタをする。はちみつは溶けにくく、瓶の底に沈殿してしまうので、時々瓶を揺すって味をなじませる。
3カ月後以降が飲み頃ですが、6カ月経つとまろやかになります。

梅酒のきほん

容器の選び方
ガラスやホーローがおすすめ。1年くらいで飲みきるなら、プラスチック容器でも大丈夫。

梅の下準備

  1. 青梅はたっぷりの水に4~8時間、黄梅は2~3時間水につけてアク抜きする。
  2. 梅の水分をふきんでひとつずつ、しっかりふき取る。水分が残っているとカビなどの原因になるので注意。
  3. 竹串で実のなりくちのヘタを取る。これで下準備OK!

写真付きの解説は、こちらの記事にもあります。

基本さえ押さえれば簡単にできるアレンジ梅酒。いろいろな組み合わせを試して、自分好みの梅酒を完成させてみて!

05_60_umesyu_06

オザワエイコ

手作り調味料研究家。自家製調味料の仕込み教室「かもしラボ」主宰。実用書籍の編集者として料理、家庭菜園、ガーデニングなどの本を制作。著書に『だからつくる調味料』(ブロンズ新社)がある。

文: FOODIE編集部

写真:原幹和
※未成年の飲酒は、法律で禁止されています。

商品の取扱いについて

記事で紹介している完熟梅は6月中旬ごろまでの期間中、伊勢丹新宿店本館地下1階=フレッシュマーケットにてお取扱いがございます。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。