ホットスムージー

女性の間で人気のスムージーですが、冬は体が冷えるので飲みづらく感じることも……。そんな今の時期にオススメなのが、体を内側から温めてくれるホットスムージー。温かいのにスープやポタージュとは食材の組み合わせや食感がまた違い、やっぱりちゃんとスムージーだから不思議です。今回は、旬の野菜やフルーツをたっぷり使った2種類のホットスムージーのレシピを、伊勢丹新宿店青果専属シェフの鈴木理繪さんに教えてもらいました。

食べるデザート! 苺のホットスムージー

冬から春にかけて出回る苺。食べきれないときや、生で食べると酸っぱかった……というときには、ぜひスムージーに。苺×クリームチーズの黄金コンビで、「まるでデザート!!」のような華やかな味わいに仕上がります。さらに、アボカド、玉ねぎが入っているので、野菜も一緒に摂れるのがうれしいですね。

「テーマは、食べる温かスイーツ。苺の代わりにリンゴ、クリームチーズの代わりにヨーグルトでもおいしいです」(鈴木シェフ)

苺のデザートスムージー / 苺のデザートスムージーの材料

材料(1人分)

  • 苺……6~7粒
  • アボカド……1/4個
  • 玉ねぎ(生食用、もしくは水にさらしたもの)……1/4個    
  • クリームチーズ(室温に戻しておく)……約20g
  • 砂糖……大さじ1
  • オリーブオイル、黒こしょう……各適宜

作り方

  1. 苺、アボカド、玉ねぎはひと口サイズにカットする。
  2. クリームチーズと1.をミキサーに入れて撹拌する(クリームチーズは刃に触れると混ざりにくいため、ほかの材料で挟むように入れるとよい)。味見し、苺の酸味によって、適宜砂糖を加えて甘さを調整する。
  3. 耐熱カップに移し、電子レンジ(700W)で30秒ほど加熱する(熱々すぎないほうがおいしい)。
  4. 仕上げにオリーブオイルを回しかけ、黒こしょうをふる。

野菜がたっぷり摂れる食事系スムージー

しょうが入りなので、飲むと体がポカポカに! 牛乳が少なめだともったりとした食べ応えのある食感に、逆に牛乳を分量いっぱい入れるとポタージュのようになるので、牛乳の量はお好みで調節しましょう。

「野菜は、焼くことでうまみと香りが引き出されます。フライパンで焼くのが面倒なときは、魚焼きグリルやトースターを使っても。2.のタイミングでマヨネーズか水切りした豆腐を加えて撹拌すると、ディップにもなりますよ」(鈴木シェフ)

グリル野菜のミルクジンジャースムージー / グリル野菜のミルクジンジャースムージーの材料

材料(1人分)

  • かぶ(ひと口サイズにカット)……2玉分
  • 長ねぎ(白い部分の5cm長さにカット)……2個
  • しょうが(皮付きでスライス)……5枚
  • 牛乳(好みの温度に温めておく)……100ml
  • 白だし(濃縮タイプ)……小さじ1
  • オリーブオイル……適宜

作り方

  1. カットしたかぶと長ねぎをフライパンに入れ、オリーブオイルをひいて、焼き色が付くまで焼く。
  2. しょうがと1.をミキサーに入れ、軽く撹拌する。
  3. 温めた牛乳(熱々すぎないほうがおいしい)、白だしも2.に加え、ミキサーで撹拌する。
  4. 耐熱カップに移し、仕上げにオリーブオイルを回しかけ、刻んだかぶの葉をのせる。

普段サラダで食べている野菜の組み合わせは、スムージーにも◎

スムージーというと、りんご×小松菜など定番の組み合わせもありますが、鈴木シェフいわく「サラダにしておいしい組み合わせは、スムージーでも相性がいい」とのこと。

「だから、ケールやほうれん草、小松菜がないとスムージーが作れない! と思わなくていいんです。いつもの料理に飽きたとき、変化球としてホットスムージーにしてみるのも手。工夫次第でいろいろなバリエーションが楽しめます」

「クリームチーズを入れていいの?」「焼き野菜をスムージーにするなんて!」など、目からウロコのアイディアがいっぱいのホットスムージーのレシピ。栄養も摂れて、体にやさしいスムージーは、「年末年始に食べ過ぎた!」「体が疲れている」というときにも活躍してくれそうですね。

文: 西島恵

写真:三木匡宏

  • スタイリスト/鈴木理繪

    伊勢丹新宿店本館地下1階フレッシュマーケット、青果専属シェフ。休日にはキャンプに出かけ、野外でのごはんを楽しんでいます。満天の星と美味しいごはんが至福の時。キャンプ先の地元の食材は、作る楽しみが増えてわくわくします。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=フレッシュマーケットにてお取扱いがございます。 

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. 皮はカリッ、肉汁じゅわ~! 「チューリップから揚げ」のレシピ
  2. トリュフを超えた!? うまみがすごい 「マッシュルームペースト」レシピ
  3. 意外なあの具材で。シンプルで美味しい炊き込みご飯のレシピ
  4. 伊勢丹新宿店のクリスマスケーキ2017 売り切れ必至の人気ブランドが続々!
  5. 新宿で手土産に迷ったらこれ! 伊勢丹新宿店でしか買えない限定アイテム5選

野菜って甘い! と感動する濃厚キャロットケーキ

ローズベーカリーのキャロットケーキ
ローズベーカリーのキャロットケーキ

<ローズベーカリー>キャロットケーキ 581円(税込)

伊勢丹新宿店の<ローズベーカリー>はファッションフロアにある穴場カフェ。ここで食べるならキャロットケーキと決めています。スポンジに練りこまれた刻みにんじんは野菜とは思えない甘さ!
クルミ、シナモンの風味もしっかりしていて、バニラビーンズたっぷりのクリームチーズと相性抜群。買って帰って食べるならぜひ常温で。クリームがいい具合にやわらかくなって濃厚さが増します。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館3階=ローズベーカリーにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ほのかな甘さがいい。鈴懸の「栗きんとん」

鈴懸の栗きんとん
鈴懸の栗きんとん

<鈴懸>「栗きんとん」(1個)389円(税込)

口に入れた途端に広がる濃厚な栗の香り、ほのかな甘さは「栗そのもの」。<鈴懸>の「栗きんとん」の特徴は、まさにその「素材感」。材料は、加熱調理しても香りが濃く残るという兵庫県三田産の栗と、控えめに加えた砂糖。風味が濃厚なので、ワインやブランデーにもよく合います。グラス片手に味わってみては。

文: 山本千尋

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味(和菓子)/鈴懸にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

リスの瞳にロックオン♡愛らしいくるみのクッキー

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」
くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」

くるみのクッキー大箱「キラリ(ありがとうございました)」(1箱/12粒)1,296円(税込)

※写真2枚目:チョコくるみクッキー小箱「こうもり(ハロウィン)」(1箱/6粒)648円(税込)、2017年10月31日(火)まで販売。

この箱を贈られた瞬間、リスの瞳に心を奪われてしまいました……!こんなに愛らしい贈り物は初めて。「ありがとう」のメッセージには思わずほろり。箱を開けて見ると、真っ白い粉糖に包まれた丸いクッキーがお目見え。くるみがたっぷり入っていてさっくりとした心地良い食感に、また嬉しさが。今なら、期間限定のハロウィンパッケージも登場しているということで、今度は自分で買いにいこう、と心に決めました!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している一部の商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味/西光亭にてお取扱いがございます。また、<西光亭>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

我が目を疑うインパクト!小布施堂の栗かのこケーキ

小布施堂の栗かのこケーキ ライオン
小布施堂の栗かのこケーキ ライオン

<小布施堂>栗かのこケーキ ライオン 1,296円(税込)

販売期間:2017年10月4日(水)〜2017年10月31日(火) ※写真のライオン像は2本使用しています。

これは……スフィンクス? いえ、正解はライオン。それも、日本橋三越本店の入口に鎮座している、あのライオンなんです! 一度目にしたら、忘れられなくなりそうな外箱を期間限定で採用したのは、栗好きなら知らない人はいない<小布施堂>。箱を開けると<小布施堂>を代表するお菓子「栗鹿ノ子」を丸ごと入れたパウンドケーキがお目見えします。三越オリジナルで、しかもインパクト大。話題性抜群の手土産をお探しの方は買いですよ!

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=小布施堂にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

全栗好きが泣いた「朱雀モンブラン」!

小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン
小布施堂Shinjukuの朱雀モンブラン

<小布施堂Shinjuku>朱雀モンブラン(1個) 1,620円(税込)

※販売期間:2017年10月4日(水)~2018年3月ごろまで

「栗の化身」の異名を持つ究極の栗菓子<小布施堂>の「栗の点心 朱雀」をご存知ですか? 長野県の小布施堂本店のみでしか食せない幻の逸品ですが、そのエッセンスを踏襲し、「持ち帰れる『朱雀』」として作られたのが、この「朱雀モンブラン」です。たっぷり絞られているのは、マロンクリームではなく、栗あん。モンブランでもあり、和菓子でもある……その無二の味わいは、ぜひ食べて確認を!

文: 斉藤彰子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※数に限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年10月4日(水)〜2018年3月ごろまで伊勢丹新宿店本館地下1階=小布施堂 Shinjyukuにてお取扱いがございます。 

おすすめアイテム一覧へ