Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2019.10.31

えのき茸をいつもよりおいしく食べる5つのアイデア【簡単レシピ】

えのき茸

鍋や味噌汁の定番の具材、えのき茸。手軽な食材として、冷蔵庫に常にストックしてあるという方も多いのでは? でも、いつも同じようなメニューになってしまいがち。

そんなえのき茸を、いつもよりもっとおいしく、ちょっぴりおしゃれに食べるアイデアを、人気の料理家、尾田衣子さんに教えていただきます。韓国料理のアレンジから10分でできるおつまみまで、今すぐ実践できるレシピは、どれも定番になりそうなおいしさです。ぜひトライしてみて!

伊勢丹のクリスマスケーキはこちら>>

伊勢丹の冬ギフトはこちら>>

春雨がわりにえのき茸を!:えのき茸のチャプチェ風

えのきのチャプチェ風

韓国料理のチャプチェを、えのき茸でアレンジ。春雨を戻す手間もなくあっという間にできて、しかもヘルシー。牛肉を使っているので食べ応えもバッチリです。ごはんが進むおかずは、定番になりそう。

えのき茸のチャプチェ風

<材料>(2人分)

  • えのき茸……1株
  • 牛肉(薄切り)……120g
  • パプリカ……1/4個
  • にら……1/4束
  • しいたけ……2個
  • A
    にんにく(すりおろす)……小さじ1
    しょうゆ……大さじ1
    酒……大さじ1/2
    オイスターソース……大さじ1/2
    砂糖……小さじ1
  • 白炒りごま……大さじ1
  • ごま油……適量

<作り方>

  1. えのき茸は根元を切って手でほぐす。牛肉は食べやすい大きさに、パプリカは薄切りに、にらは3㎝幅に、しいたけは石突きを取って薄切りにする。
  2. フライパンにごま油を熱し、牛肉、パプリカ、しいたけを炒める。しんなりしたらえのき茸を加えて更に炒め、にらを合わせる。
  3. Aを混ぜ合わせて2に加え、火にかけながら和える。
  4. 白ごまを加えてさっと混ぜ、器に盛る。

さっと揚げるだけでおいしさ倍増:えのき茸の唐揚げ 薬味のせ

えのき茸の唐揚げ、薬味のせ

揚げ物の香りは食欲をそそる要素のひとつ。だったら、えのき茸も揚げちゃえ! カラッと揚げたえのき茸の唐揚げに薬味をたっぷりのせたら、おつまみにぴったりな一品の出来上がり。満足度の高い一皿です。

えのき茸の唐揚げ薬味のせ

<材料>(2人分)

  • えのき茸……1株
  • めんつゆ……大さじ2
  • しょうが(すりおろす)……小さじ1
  • 小麦粉・片栗粉……各大さじ2
  • サラダ油……適量
  • 小ねぎ(小口切り)……小さじ2
  • みょうが(小口切り)…1/2本
  • パクチー(粗みじん切り)……1/2株

<作り方>

  1. えのき茸は根元を切って数株に分ける。めんつゆ、しょうがを混ぜ合わせ、えのき茸の表面に絡ませる。
  2. 小麦粉と片栗粉を混ぜて1を絡める。フライパンに1㎝ほどのサラダ油を熱し、えのき茸を入れて両面をカリッと揚げ焼きにする。
  3. 小ねぎ、みょうが、パクチーを合わせる。
  4. 器に2を盛り、3をのせる。

「もう一品」に便利な和え物:えのき茸とトマトのごまおかか

えのき茸とトマトのごまおかか

「あともう一品何か欲しい」、そんなときに便利なレシピをご紹介。冷蔵庫にあるもので、さっと和え物を作りましょう。えのき茸、トマト、厚揚げで作るシンプルな和え物は、簡単でおいしく、ボリュームもあるので、忙しい日にはおすすめです。 

えのき茸とトマトのごまおかか

<材料>(2人分)

  • えのき茸……1/2株
  • ミディトマト……2個
  • 厚揚げ……100g
  • 白すりごま…大さじ1
  • しょうゆ……小さじ2
  • かつお節……2g

<作り方>

  1. えのき茸は根元を切り、食べやすい長さに切って耐熱皿に入れ、ラップをして600Wの電子レンジで1分ほど加熱する。厚揚げはトースターや魚焼きグリルで表面をさっと焼き、6等分に切る。ミディトマトは6等分に切る。
  2. えのき、ミディトマト、厚揚げを合わせる。
  3. 2に白ごま、しょうゆ、かつお節を加えてでざっくりと混ぜ合わせ、器に盛る。

一杯で大満足のおかずスープ:えのき茸の台湾風豆乳スープ

えのき茸の台湾風豆乳スープ

えのき茸は味噌汁の具の定番アイテムの一つ。でも、いつも味噌汁ではちょっと、という方に、ぜひおすすめなのがこちらのスープです。豚ひき肉や干し海老、ザーサイも入っているので、汁物というよりはこれだけで十分満足できる「おかずスープ」。さらっと食べやすいので、疲れた時などにもおすすめです。

えのき茸の台湾風豆乳スープ

<材料>(2人分)

  • えのき茸……1/2株
  • 豚ひき肉……140g
  • 豆乳……500ml
  • 鶏がらスープの素……小さじ1
  • ザーサイ(粗みじん切り)……40g
  • 酢……大さじ2
  • 干し桜海老……大さじ2
  • 小ねぎ(小口切り)……大さじ2
  • 食べるラー油……小さじ2

<作り方>

  1. えのき茸は根元を切り、1㎝幅に切る。
  2. 鍋に1と豚ひき肉、豆乳、鶏がらスープの素、ザーサイを入れて火にかけ、ひき肉に火が入ったら酢を加えて混ぜる。とろみがついたら器に盛る。
  3. 干し海老と小ねぎを散らし、食べるラー油をかける。

やめられない止まらない! 絶品おつまみ:えのき茸としらすのぱりぱりチーズ焼き

えのき茸としらすのパリパリチーズ焼き

えのき茸をおせんべいに? 意外なアイデアにびっくりですが、これが、やみつきになるおいしさなのです。おつまみにもおやつにも、手軽すぎるほど簡単なスナックは、家族みんなに受けること間違いなし。きのこ嫌いもこれで克服できそう!?

えのき茸としらすのパリパリチーズ焼き

<材料>(2人分)

  • えのき茸……1/4株
  • スライスチーズ……4枚
  • しらす……大さじ1 1/2
  • 青のり……小さじ1/2
  • 黒こしょう……適量
  • 粉チーズ……大さじ1

<作り方>

  1. 皿にクッキングシートをのせ、スライスチーズ4枚を正方形になるよう並べる。
  2. えのき茸は根元を切ってから細かく刻み、しらすとともに1の上に広げる。
  3. 2に、青のり、黒こしょう、粉チーズをふり、600Wの電子レンジで7~8分ほど加熱する。
  4. 電子レンジから3を取り出し、温かいうちに切り分けて冷ます。

決して派手とは言えない食材が、こんなにおいしく素敵に変身するなんて! えのき茸1パックでこれだけのバリエーションが楽しめるとは、なんだかお得な気がしませんか? 今すぐできる、えのき茸のレシピ。ぜひお試しください。

伊勢丹のクリスマスケーキはこちら>>

伊勢丹の冬ギフトはこちら>>

尾田衣子さん

料理家。料理教室「Assiette de Kinu(アシェット ド キヌ)」主宰。大学卒業後、会社員として働きながら、ル・コルドン・ブルーの料理ディプロムを取得。その後、イタリアで家庭料理を学び帰国、料理教室を開講。雑誌、テレビなどのメディアでも活躍する。著書に『柑橘料理の本』(オーバーラップ)、『薬味食堂』(朝日新聞出版)、『あまったパンで魔法のレシピ』(世界文化社)など。

写真:平松唯加子
料理:尾田衣子
文:FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

FOODIE 占い

人気のカテゴリー

閉じる