Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2016.11.12

さっぱり美味しい! レモンでできる自家製「塩ポン酢」の作り方とレシピの例

レモンの塩ぽん酢

塩ベースで作る、「塩ぽん酢」をご存知ですか? 一般的なしょうゆベースのぽん酢に比べ、しょうゆ特有の香りがない分、シンプルな出汁のうまみによって、合わせる食材の本来の味わいを引き立たたせるんです。レモンを使用するので、時期を選ばずいつでも作れて便利! 鍋ひとつで作り方も簡単です。

材料(約450ml分)

  • レモン果汁……100ml
  • 酒……100ml
  • みりん……100ml
  • 水……200ml
  • 昆布……5cm角×2枚
  • 削り節……10g(ひとつかみ)
  • A
    塩……小さじ2
    酢……大さじ1
    しょうゆ……大さじ2/3(薄口しょうゆの場合は、大さじ1)

作り方

① 酒とみりんを鍋に入れて、強火で煮立て、アルコール分を煮切る

酒とみりんを熱しているところ

※発火したら自然に消えるまで待ちましょう。

② 火を止め、水・昆布を入れ10分ほど置く

昆布を入れ10分ほど置いているところ

③ レモン果汁とAを加えて弱めの中火で加熱し、沸騰直前に昆布を取り出す
鍋から昆布を取り出しているところ
④ 弱火にして、削り節を加える。1分ほど煮出し、ザルなどで漉して出来上がり

削り節を加えているところ

「削り節は強火でグラグラ煮たり、絞ったりすると液体が濁ってしまいます。弱火で加熱し、取り出すときもギュッと絞らないようにしましょう」

粗熱を取ったあと清潔な密閉容器に保存すれば、冷蔵で約3ヵ月もちます。

ちなみに、レモン以外にもカボスやスダチ、ユズなどの果汁でも同じレシピで作れるそう。季節に合わせて、旬の味わいを楽しむのもおすすめですよ。

【例えばこんな食べ方で】タコと玉ねぎの塩ポン酢和え

タコと玉ねぎの塩ぽん酢和え

出汁が効いた塩ぽん酢は、特に白身魚やタコ、貝類など淡白な魚介とは相性抜群! たとえば、タコをぶつ切りにして、薄切りにし水にさらした玉ねぎと一緒に塩ポン酢で和えれば、一品完成。タコのうまみが引き立ち、レモン果汁がさっぱりと味を引き締めてくれます。やさしい酸味なので、酢の物が苦手な人もこれなら食べられるはず!

オザワエイコ

監修:オザワエイコ

手作り調味料研究家。自家製調味料の仕込み教室「かもしラボ」主宰。実用書籍の編集者として料理、家庭菜園、ガーデニングなどの本を制作。著書に『だからつくる調味料』(ブロンズ新社)がある。

 

文: 明道聡子

写真:原幹和
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

FOODIE 占い

人気のカテゴリー

閉じる