黄ゆずのイメージ

青柚子のイメージ

柚子は、初夏に花を咲かせ、夏に青玉と呼ばれる青い実(青柚子)をつけます。そして、秋を迎えるころには、実が黄色く熟し始めます。さわやかな酸味とほろ苦さと鮮やかな果皮の色合いが特徴で、少量使うだけでグッと料理を引き立てます。冬の鍋料理などには欠かせない食材です。

旬のフレッシュさを逃さずに、黄柚子を丸ごといただくための処理の仕方、目先の変わった食べ方のアイデアを、フードコーディネーターのタカハシユキさんに教えてもらいました。

柚子の「冷凍」「ドライ」で使い道がグンと広がる

<柚子の皮の冷凍方法>

黄柚子は、冬の食卓に香りや彩りを添えるために欠かせない食材。でも、少量使ったら、あとは使い忘れて、いつの間にやら干からびていた……なんてもったいないことになりがちな食材でもあります。

そんなときは「皮だけをフリージングしておくといいですよ。ポイントは皮のむき方です!」とタカハシさん。

①外側の皮を「縦に」むき、白い部分は取り除く

柚子の皮のむき方

皮を果肉に沿ってナイフでそぎ落とすように切る。苦みの元である白い綿の部分はきれいにそぎ落とす。

 

②1枚ずつラップに包んで冷凍

柚子の皮の冷凍方法

1枚ずつラップに包み、密封保存袋に入れて冷凍庫へ。こうしておくと凍ったまま、薄切りにしたり、みじん切りにしたり、おろし金ですりおろすことも簡単。

 

<柚子をドライにする方法>

ちょっと見慣れない方法ですが……「黄柚子は干すことで独特の酸味と苦みがギュッと濃縮されて、干すことでうまみも強くなる」んだそう。

①輪切りにして、1日ほど天日干し

柚子のドライの作り方

黄柚子を2~3㎜の厚さに切って、クッキングシートを敷いたざるに広げ、天日干しする。天気のいい日なら1日でカラカラに乾く。

 

②常温で1週間ほど保存OK

柚子のドライ

密封容器に乾燥材と共に入れておけば、常温で1週間ほど保存できる。「調理に使うときは、水に浸しておくと、やわらかくなります」

 

果汁・ドライ・皮を使った、柚子の意外なレシピ4

①フレッシュな香りがたまらない「自家製ポン酢」

柚子の風味を存分に感じられる、柚子ポン酢。おうちでも簡単に作ることができます。そのフレッシュな香りは一度知ったら後もどりできないかも。少量なので密閉保存袋で作るのがポイント。袋に果汁、酢、しょうゆ、削りかつお、昆布を入れて1日冷やすだけで完成!

 

自家製ポン酢の作り方

 材料(4〜5人分)

  • 柚子果汁…50ml(柚子3個分)
  • 酢…大さじ2と1/2
  • 醤油…50ml
  • たまり醤油(あれば)…大さじ1/2
  • 煮きりみりん(あれば)…大さじ1と1/2
  • 削りかつお…5g
  • 昆布…5㎝

作り方

すべての材料を密封保存袋に入れ、冷蔵庫で1日冷やして、馴染ませる。1〜2日以内に使い切る。

 

②パーティにもぴったり「チーズと柚子のカナッペ」

パーティにもぴったり「チーズと柚子のカナッペ」

ワインにも日本酒にも合いそうな、おしゃれなカナッペ。食べた人は柚子&みその組み合わせにきっとびっくり! クラッカーに手で割いたモッツァレラ、みそ、オリーブオイル、ドライ柚子をのせればOKです。

 

45_yuzu_08

材料(2人分)

  • クラッカー…5~6枚
  • ドライ柚子…3~4枚
  • モッツアレラチーズ…1個
  • みそ…小さじ1
  • オリーブオイル…適量

作り方

  1. モッツアレラチーズは手で食べやすい大きさに割く。
  2. ドライ柚子は、小さくちぎる。
  3. ボウルにみそ、オリーブオイル、2を入れて、混ぜる。
  4. クラッカーに1、3をのせる。
 

③仕上げに柚子皮をぱらり「柚子とチーズのパスタ」

「柚子とチーズのパスタ」

いつものパスタに柚子皮を散らすだけで風味豊かに。今回は柑橘の香りと相性のいいチーズのパスタで。

 

「柚子とチーズのパスタ」

材料(1人分)

  • フィジッリ…80g
  • マスカルポーネチーズ…大さじ2
  • パルミジャーノチーズ…大さじ1
  • 柚子果汁…小さじ1
  • 柚子皮…お好みで

作り方

  1. フィジッリをパッケージの表示通りにゆでる。
  2. ボウルに1、マスカルポーネチーズ、パルミジャーノチーズ、柚子果汁を加えてあえる。
  3. 器に2を盛り、柚子皮を散らす。
 

④柚子をレモン感覚で!「えびと柚子のオイルマリネ」

「えびとゆずのオイルマリネ」

輪切りの柚子をえび、玉ねぎなどと合わせてオイルでマリネする、柚子をレモン感覚で使うレシピ。こんなメニューなら普段の食卓でもどんどん使えそうです。

 

「えびとゆずのオイルマリネ」

材料(2人分)

  • 殻むきゆでえび…6~8尾
  • 柚子の輪切り…3枚
  • 玉ねぎのみじん切り…大さじ1
  • イタリアンパセリ…少々
  • 塩…少々
  • オリーブオイル…適量

作り方

  1. 柚子の輪切りは、種を取り除く。
  2. ボウルにすべての材料を入れて混ぜる。

 

フードコーディネーターのタカハシユキさん

取材協力:タカハシユキさん

フードコーディネーター。書籍、雑誌などのメディア、企業広告・商品開発などに携わる。旬の食材の細やかなおいしさを活かしたシンプルな調理、季節の体がよろこぶメニューに定評がある。

文: 白鳥紀久子

写真:八田政玄

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. これがホントのしょうが焼き!? 豚が脇役の「しょうが焼き」レシピ
  2. 伊勢丹食品フロアスタッフが選んだ「コレおいしい!」まとめ#1
  3. 作って3日で食べられる。らっきょうの甘酢漬け&塩漬けの作り方
  4. ラップで包んじゃダメ!? チーズの保存方法と食べごろの見極め方
  5. 料理上手が「木製のまな板」を使うのはなぜ? 知れば欲しくなるその魅力

口に入れるとふわっ! 新感覚のフリーズドライのチーズ

ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ
ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ

(写真左から)ロックフォールチーズ&レーズン、ロックフォールチーズ&クルミ 各70g/各1,620円(税込)

ワインのつまみにいいものを発見! 山羊のミルクから作ったチーズは風味にクセがあり、正直、ちょっと苦手でした。でも、「ロックフォールチーズ&レーズン」と「ロックフォールチーズ&クルミ」を食べてびっくり。フリーズドライにすると臭みがマイルドになると知ったのです。独特のふわっとした食感を、レーズンとクルミとを交互に食べて楽しむのがおすすめです。日持ちの良さも嬉しいところ。グルメな人へのギフトにしたらきっと喜ばれますよ。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。 また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まさかデメルに!? おつまみ感覚で食べるサワースティック

デメルのサワースティック
デメルのサワースティック

<デメル>サワースティック(24本入り) 1,944円(税込)

<デメル>といえばザッハトルテ。……とショーケースを覗いていたら、シックなボックスを発見。なんと、甘くないクッキーとのこと。半信半疑で食べたら本当でした! ハマってしまったのは、エメンタールチーズがトッピングされたもの。これ、赤ワインのおつまみにぴったりなんです。ピンクペッパーやキャラウェイシードもクセになる味。甘党ではない方へのギフトにも重宝しています。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=カフェ エ シュクレ/デメルにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ

板チョコみたいに分厚く切って食べたい! デンマークバター

デンマークバター
デンマークバター

<アンデルセン>デンマークバター(有塩・食塩不使用)250g 1,001円(税込)

アンデルセンで毎年6月にご紹介しているデンマークバターをご存知ですか? 乳酸菌を加えて発酵させたもので、口あたりがふわっとなめらか! 日本で一般的なバター(発酵させていないもの)とは違うかすかな酸味とコクは穀物パンとあわせるとなお引き立ちます。また、バターをスライスし、板チョコと合わせてパンに挟んで食べるのもおすすめ。贅沢だけどやめられない、お気に入りの食べ方です。
※数に限りがございます

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年6月1日(木)〜30日(金)までのデンマークフェア期間中、伊勢丹新宿店本館地下1=デリ エ ブーランジュリー/アンデルセンにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ビリリと辛い「薬膳ラー油」をリピート買いしてます!

小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油
小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油

<小笠原フルーツガーデン>薬膳島辣油(115g) 940円(税込)

「具入りタイプ」が台頭してからブームが続いているラー油。種類が数ある中でも「これ!」と感動したのが「薬膳島辣油」。実は、伊勢丹スタイリストが自分用にもギフト用にも選ぶ隠れた一品なんです。
島トウガラシの辛み、ウコン、アロエ、クコの実といった小笠原産の原材料が独特のハーモニーを奏でて、クセになる味。舌にビリビリとした辛さ、個性的な風味は、一度口にしたら忘れられません。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

鮎の魚くささが全然ない! 飲んでも美味しい出汁醤油

まるはらの鮎魚醤
まるはらの鮎魚醤

<まるはら>鮎魚醤(200ml) 1,404円(税込)

堂々と書かれた「鮎」の文字に惹かれて手に取った、<まるはら>の鮎魚醤。鮎と塩だけで作られていると知って驚きました。というのも、いわゆるエスニックの魚醤(ナンプラー)のようなパンチの利いた味ではなく、香りもあっさり。塩で下味を付けるよりもう少しコクを出したいときに使っています。お湯で薄めて飲んでみても、鮎のうまみが品良く香り立って美味しいんですよ。

文: FOODIE編集部

写真:佐坂和也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ