豆のイメージ

見た目にかわいく、ほっくり美味しいお豆。サラダに入れたり、煮込んだりとどんな食べ方も魅力的ですが、乾燥豆から自分で調理するとなると、ちょっと面倒……。「圧力鍋じゃないときちんと煮えないのでは?」という心配も。

でも実は、おうちでも簡単に調理できるんです! 上手に煮るための秘密は2つ。

①大事なのは浸水時間。前日に水に浸すこと

乾燥豆のゆで方、豆を水に浸しているところ

まずは、乾燥豆をたっぷりの水で一晩浸水することがポイントです。豆の中心まで水が浸透するには時間がかかりますから、前の晩に水に浸してください。水の量の目安は、豆の体積の約3倍です。たったこれだけで、準備は完了。

②土鍋があれば、豆はふっくら煮上がる

乾燥豆のゆで方、土鍋でゆであがったところ

豆というと長時間コトコト煮るイメージがありますが、それは一度忘れましょう。ご飯を炊くような土鍋に浸水した豆を入れ、新たにたっぷりの水を入れます。

フタをして、まずは中強火で加熱。沸騰してきたら弱火にして15分静かに炊きます。時間になったら火を止め、そのまま冷めるまで余熱で蒸らして完成(火を止める前に食べてみて、かたい場合はやわらかくなるまで加熱時間を延ばします)。

これだけで、たいていの豆はふっくら煮えるんです(花豆のように大きなものはもう少し時間がかかります)。

1食分ずつ冷凍保存すれば、いつでも料理に使える

ゆでた豆の保存法、密閉保存袋に入れて冷凍する

煮た豆をすぐに使わないときは、冷凍用の密閉保存袋に入れて平らにし、冷凍しておきましょう。

平らにして冷凍することで、豆はパラパラに。使いたいだけほぐして取り出せます。時間のあるときに好きな豆を2~3種類水煮にし、冷凍しておくと便利です。

料理にポンと加えて、いつでも手軽に美味しく

水煮の豆があると、お料理に手軽に展開できます。加熱調理する場合は、冷凍のまま使ってOK。ちょっと食べたいなと思ったら好みの量を足すだけです。料理をボリュームアップさせたいときにも便利ですね。

スープなどの汁物には、冷凍のまま入れて

豆の使い方アイディア、スープに入れる

カレーやスープに入れるときは、凍ったままぱらぱら入れて煮込めば完成。

レンジで解凍して、サラダやマリネに

豆の使い方アイディア、サラダに入れる

サラダなどにトッピングしたいときは、電子レンジで解凍すれば簡単です。

カラフルな豆は、栄養価が高くヘルシーなので、スープ、サラダ、マリネなど、いろいろな料理に入れて楽しみましょう。

菅野美香
フードコーディネーター、料理人。レシピ作成、スタイリングおよび調理を手がける。現在はケータリングなども展開。著書『おいしいものは家で作れる』(地球丸)、『アジアンサラダ』(ルックナゥ)ほか。

文: 菅野美香

写真:下村しのぶ
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. 「さんまの塩焼き」が劇的に美味しくなる。弱火でじっくりは間違い!
  2. 伊勢丹のソムリエも絶賛! 1,000円台で買える美味しいお得なワイン8選
  3. NY・ブルックリンで大人気の<BAKED(ベイクド)>がついに日本初出店!
  4. 出汁を取った後の昆布でこんなに美味しい! 自家製「塩昆布」の作り方
  5. 食品フロアスタッフが本気で勧める、あの店の「コレ美味しい!」#13