Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2017.09.27

おすすめアイテム

三越の食品スタイリストがこっそり教える。外さない「おせち」4ブランド

そう、もうおせちの予約の時期なんです。10月だとまだ早すぎる気もしますが、百貨店のおせちは毎年この時期に予約がスタート。しかも人気ブランドは予約開始早々に売り切れてしまうというから驚きですね。聞けば、食品フロアで勤務するスタイリストにも毎年購入する人が少なくないんだとか。

そこで今回は、食の知識が豊富な日本橋三越本店・食品フロアスタイリストに、外さない鉄板おせちをこっそり教えてもらいました!

毎年根強く選ばれる安定感<東京吉兆 本店>和食一段

東京吉兆本店の和食一段

<東京吉兆 本店>和食一段 54,000円(税込)110点限り

ひとつめは、いわずと知れた名料亭<東京吉兆 本店>のおせち。

「やはり、王道の<東京吉兆 本店>のおせちは、毎年根強く選ばれています。どの料理にも一流料亭ならではの技巧がこらされ、どこを食べても安定の美味しさがあるのが、その理由だと思います」と語るのは日本橋三越本店・おせちアシスタントバイヤーの吉田拓馬さん。

使用される食材はいずれも吟味されたものばかり。長らく培ってきた生産者や市場との関係性のなかで集まる山海の幸を、熟練の技で仕上げた味わいは格別です。

数ある料理のなかでも絶品との呼び声が高いのは、「生寿司の真鯛」。包丁の入れ方から、酢や塩の塩梅まで、妥協なく仕上げる職人の細やかな仕事とその味わいに、ファンが多いんだそう。

毎年変わる新しいおせち<暗闇坂 宮下>「和」二段重

暗闇坂 宮下の和二段重

<暗闇坂 宮下>「和」二段重 54,000円(税込)50点限り

次にご紹介するのが、<暗闇坂 宮下>。麻布十番に本店を構え、青山や神楽坂に支店を持つ人気料亭。実は以前、日本橋三越本店で販売したお弁当がスタイリストの胃袋をつかみ、三越内にファンが急増したんだとか。

<暗闇坂 宮下>では代表自らが全国に足を運んで選び、食材をセレクト。毎年、新しく出合った食材を料理に取り入れているんだそう。さらに、食材の持ち味を最大限に引き出すべく調理されるため、メニューも盛り付けも毎年入れ替わり、今年は魚を大ぶりに切った焼き物が存在感を放っています。

毎年変化するメニューが楽しみな<暗闇坂 宮下>のおせちですが、実は、毎年スタイリストが楽しみにしているのが「栗きんとん」。栗・砂糖に「うなぎいも」というブランドのさつまいもだけのシンプルな材料で生み出される、上品な甘さと栗の香り、なめらかな食感が評判の一品です。

満足感たっぷりの本格フレンチ<オー・プロヴァンソー>おせち二段

オー・プロヴァンソーのおせち二段

<オー・プロヴァンソー>おせち二段 38,880円(税込)80点限り

和のイメージが強いおせちですが、数年前から「洋風おせち」も定番に。全体の1〜2割程度が「洋風」。年始に食べるオードブルとして購入する人が多いとか。

数あるラインアップから選ばれたのは、フレンチレストラン<オー・プロヴァンソー>。気負わずに本格的なフレンチを楽しんでほしいというコンセプトが支持され、日本人にも親しみやすいその味わいは、おせちにも貫かれています。

火入れの時間や温度、マリネの程あいなど、素材の持ち味をぐっと引き立てていて、食べやすさに加えて満足感があるのが特徴です。

なかでもシェフの自信作がパイ包み焼き。仔牛と仔羊の肉などの食材をブランデーで漬け込んだのちに、パイ生地で包んでじっくり焼き上げた一品。味付けが肉になじみ、元日のタイミングで一番美味しくなるよう計算されています。その味わいはシェフ自身も出来上がりを楽しみにしているほどなんだとか。

脇屋 友詞シェフの繊細な技を堪能<Wakiya一笑美茶樓>中華おせち二段

Wakiya 一笑美茶樓の中華おせち二段

<Wakiya 一笑美茶樓>中華おせち二段 43,200円(税込)120点限り

最後に紹介するのが、日本の中華料理を牽引し、<Wakiya一笑美茶樓><トゥーランドット游仙境>でも知られる脇屋友詞シェフの中華おせち。

「中華」おせちも「洋風」おせちと並んで定番ジャンル。洋風と同様、ラインアップの1〜2割を占めます。

脇屋シェフの中華おせちの特徴である、繊細で重奏的な味付けや美しい盛り付けは、シェフの優美なプレゼンテーションをお店で楽しんでいるかのよう。五味(甘味・苦味・酸味・塩味・うまみ)のバランス、各所にみられる繊細に施された気配りが、毎年幅広い年齢層に人気です。

年に1度、職人が日本中の美味しい食材を集め、心をこめて調理した渾身のおせち。これなら、新年の贅沢の選択肢の一つに入れてもいいかも! こんな素敵なおせちがあれば 、幸せな新年を迎えられそうです。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品のご予約/お渡しについて

【店頭でのご予約について】  
承り期間:2017年9月27日(水)~12月24日(日)
※一部商品は締切日が異なります。

承り場所:日本橋三越本店 
2017年9月27日(水)~12月24日(日):新館地下2階 おせち特設会場
2017年11月1日(水)~11月13日(月):新館7階 おせち特設会場
2017年11月14日(火)~12月24日(日):本館7階 おせち特設会場

【お電話でのご予約について】
承り期間:2017年9月27日(水)~12月24日(日) 午前10時30分~午後7時30分
お申込み電話番号:0120-15-3254

①<東京吉兆 本店>和食一段 54,000円(税込) お申込み番号:137-993
②<暗闇坂 宮下>「和」二段重 54,000円(税込) お申込み番号:077-993
③<オー・プロヴァンソー>おせち二段 38,880円(税込 お申込み番号:004-993
④<Wakiya 一笑美茶樓>中華おせち二段 43,200円(税込) お申込み番号:108-993

【インターネットでのご予約について】
承り期間:2017年9月27日(水)午前10時30分~12月19日(火)午後7時30分
2018年三越のおせち

【店頭でのお渡しについて】
お渡し日:2017年12月31日(日)午前10時~午後4時
お渡し場所:日本橋三越本店=新館9階 おせちお渡し会場

【ご配送について】
お届け日:2017年12月31日(日)午後6時頃までのお届け

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。