Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2017.09.25

レシピ

黒くする秘密の食材って!? ハロウィンに作りたい「黒いパンケーキ」

ここ数年でどんどん盛り上がりを見せているハロウィン。今年、ハロウィン用のお菓子を手作りするなら、見た目にインパクトのある「黒いパンケーキ」はいかが? 特別な材料をあれこれ揃えなくても、簡単に作れる方法があるんです。

竹炭とココアが入ったミックス粉で簡単に!

黒い色の秘密は「竹炭」と一般的なココアよりも色が黒い「ブラックココア」にあるんだとか。

「黒い色を焼き菓子につけるためには、『水で溶いた色粉を使えばいい』と思う人が多いのですが、意外に分量の調整が難しいんです。そこで、黒色のお菓子が簡単に作れるミックス粉を開発することになりました。パンケーキだけじゃなく、クッキー、マフィン、スコーンなど、いろいろなハロウィン用のお菓子が作れるんですよ」

そう教えてくれたのは、手作りお菓子の材料や道具が揃う<クオカ>の和田美佐子さん。

クオカのハロウィンおかしミックスセット

<クオカ>ハロウィンおかしミックスセット 864円(税込)。ブラックココア味とパンプキン味の2種類のミックス粉(各200g×各1袋)が入っている。※販売期間:2017年10月末までを予定

実際に「黒いパンケーキ」を焼いてみました!

黒い色にするために、ココアだけでなく竹炭が入っているところがユニークなミックス粉。どんな焼き上がりになるのでしょうか?

卵と牛乳を混ぜたボウルにおかしミックスを加える様子

一般的なホットケーキミックス粉と同じく、作り方はいたって簡単。 卵と牛乳を混ぜたら、ミックス粉を加えて混ぜます。竹炭が入っているので生地が黒っぽい!

パンケーキの生地の表面に気泡が出ている様子、フライで片面が焼きあがったパンケーキを返す様子

フライパンに生地を流し入れて焼きます。プツプツと気泡が出て膨らむ様子は、いつものパンケーキの色と違っていて興味津々。

真っ黒な仕上がりは竹炭ならでは!

真っ黒パンケーキの焼き上がりイメージ

焼きあがったパンケーキに、好みで目・鼻・口をくり抜く。焼き立てより粗熱がとれてからのほうがきれいに切れる。

焼きたてのパンケーキは普通のココア生地では表現できない、竹炭ならではの黒色です! 粗熱がとれると生地が落ち着き、黒色が濃くなっていくので、焼いておいて冷凍しておくといいかもしれません。

気になる味は、黒い色に反してとってもナチュラルな美味しさ。甘さは控えめで軽やかな食感です。「お子さまにも安心して食べられるよう、合成着色料を使わず素材にこだわった」というだけあって、一般的なミックス粉にありがちな、甘ったるさと香料臭さがないところに好感がもてました。

ちなみに今回ご紹介したハロウィン用のミックス粉には、黄色のパンプキン味のミックス粉もセットになっていて、かぼちゃの味がきちんとするナチュラルな美味しさ。1箱で2つの味が楽しめて、スコーン、クッキー、マフィンも作れるのでお得感あり!

取材協力/クオカプランニング 和田美佐子さん

クオカ和田美佐子さん

2013年に入社し、栄養学や食育を学んだ経験を活かして、商品の企画・開発に携わっている。「ハロウィン用に開発した『おかしミックス』は北海道産の小麦粉や国産のスキムミルク、アルミニウムフリーのベーキングパウダーなど素材選びにもこだわっています」

 

文: FOODIE編集部

写真:今清水隆宏
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は日本橋三越本店新館地下2階=クオカにて、2017年10月末までお取扱いする予定です。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

三越・伊勢丹オンラインストア