完成したインドカレーのイメージ

伊勢丹新宿店・鈴木理繪シェフに教えてもらった、本格的なインドカレーのレシピが簡単で驚きました!

日本のカレーは炒めた野菜を煮込み、市販のルウでとろみをつけて仕上げます。一方、今回紹介するインドカレーは野菜をすりおろして水分を飛ばし、うまみをギューッと凝縮してからカレー粉で仕上げる作り方。何種類ものスパイスの調合、ルウや小麦粉は不要、なんと水は一滴も使いません。

しかも食べて驚く、奥深くて濃厚な味わい! 鶏肉はホロホロと煮崩れるようにやわらかくなります。

基本の「インドカレー」レシピ。野菜のうまみが凝縮!

インドカレーの材料

材料(2~3人分)

  • 香味野菜
    ・玉ねぎ…1個
    ・りんご(芯を除く)…1個
    ・にんじん…1本
    ・しょうが…1かけ
    ・にんにく…1かけ
  • 鶏もも肉…1枚
  • クミン(粒)…大さじ1
  • サラダ油(オリーブオイルでも可)…大さじ2
  • トマト…小5個、大なら1個 
    ※トマト水煮缶ならダイスカット1/2缶
  • ローリエ…1枚
  • カレー粉(=カレーパウダー)…大さじ2
  • 顆粒コンソメ…大さじ1 ※粉末スティックなら1本
  • ソース…大さじ3 
    ※お好み焼きソース、ウスターソース、とんかつソースなど、好みのソースでOK
  • トマトケチャップ…大さじ3
  • あればガラムマサラ…適量(大さじ1くらい)

作り方

① 香味野菜をすりおろす

香味野菜をすりおろす

にんじんとりんご、しょうがは皮つきのままでOK。玉ねぎ、にんにくは皮をむいてから、すりおろします。

「前後にではなく『の』の字を書くように野菜を回しながらすりおろします。みじん切りの苦手な人もこれなら簡単です。フードプロセッサーや、ハンドブレンダーを持っていれば、あっという間に下ごしらえが完了します」

② すりおろした香味野菜に、鶏肉を漬け込む

すりおろした香味野菜に、鶏肉を漬け込む

鶏肉は煮ると縮むので大きめの6等分に切って、香味野菜に30分くらい漬け込みます。

「野菜の酵素の力で、鶏肉がホロホロと崩れるようにやわらかく煮えます。漬け込む時間は長くなるほどやわらかくなります。一晩おいてもOK。鶏肉の皮はカロリーが気になるなら外してもいいのですが、一緒に使うとうまみが強くなります」

③ クミンを炒めて香りを出し、トマトを加える

クミンを炒めて香りを出し、トマトを加える

鍋にクミンとサラダ油を入れてから、中火で炒めます。クミンの香りが強く出てきたら、刻んだトマト(皮つきのままでよい)を加えて、しんなりするまで炒めてください。

④ 鶏肉を香味野菜ごと加える

鶏肉を香味野菜ごと加える。ローリエは葉脈をちぎってから鍋に入れる

②の鶏肉を香味野菜ごと③の鍋に加え、軽く混ぜながら中火で10分ほど加熱します。鶏肉の表面が白く色が変わるくらいまで火が入ったら、ローリエとコンソメを加えます。

「ローリエの葉は、葉脈を切るように数か所ちぎってから加えると、香りがしっかりと引き出せます」

⑤ 半量になるまで煮詰めたら、カレー粉(=カレーパウダー)を加える

半量になるまで煮詰めたら、カレー粉(=カレーパウダー)を加える

中火にかけて、全体の量が半分くらいに煮詰まるまで絶えずヘラで混ぜ、鍋底が焦げつかないようにします。煮詰まってきたら、カレー粉を加えます。全体がなじんでカレー粉のダマがなくなるまで混ぜます。

「子供用に辛さを調整したい場合は、このタイミングで別鍋に取り分けて、カレー粉の量を調整するといいでしょう。牛乳を加えるとまろやかになりますよ」

⑥ トマトケチャップとソースを加えて、味をととのえる

トマトケチャップとソースを加える

「カレーにトマトケチャップとソースというと、驚く人がいますが、これは簡単に味わい深くするポイントです。トマトケチャップには酸味と甘みがあり、カレーに深みを与えてくれます。ソースにはさまざまなスパイスが凝縮されているので、スパイシーで複雑な味に仕上がるんです」

火を止めてから、好みでガラムマサラとこしょうをふって完成です。

野菜のうまみとりんごの甘酸っぱさが効いた、奥深い美味しさ!

完成したインドカレー

カレー、フランスパン、サラダの盛りつけ例

カレーにチーズのスライスを添え、フランスパン、サラダと一緒に盛りつけてもいい

たっぷりの野菜をしっかりと煮詰めれば、うまみの濃い「これぞ本格的なインドカレー」といった仕上がりになります。スパイシーな辛さの中にりんごの甘みがほのかに感じられ、その奥深い味に驚きます!

 

文: 奈良巧

写真:八田政玄

  • スタイリスト/鈴木理繪

    伊勢丹新宿店本館地下1階フレッシュマーケット、青果専属シェフ。休日にはキャンプに出かけ、野外でのごはんを楽しんでいます。満天の星と美味しいごはんが至福の時。キャンプ先の地元の食材は、作る楽しみが増えてわくわくします。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=フレッシュマーケット、シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. これがホントのしょうが焼き!? 豚が脇役の「しょうが焼き」レシピ
  2. 伊勢丹食品フロアスタッフが選んだ「コレおいしい!」まとめ#1
  3. ラップで包んじゃダメ!? チーズの保存方法と食べごろの見極め方
  4. 作って3日で食べられる。らっきょうの甘酢漬け&塩漬けの作り方
  5. 料理上手が「木製のまな板」を使うのはなぜ? 知れば欲しくなるその魅力

口に入れるとふわっ! 新感覚のフリーズドライのチーズ

ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ
ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ

(写真左から)ロックフォールチーズ&レーズン、ロックフォールチーズ&クルミ 各70g/各1,620円(税込)

ワインのつまみにいいものを発見! 山羊のミルクから作ったチーズは風味にクセがあり、正直、ちょっと苦手でした。でも、「ロックフォールチーズ&レーズン」と「ロックフォールチーズ&クルミ」を食べてびっくり。フリーズドライにすると臭みがマイルドになると知ったのです。独特のふわっとした食感を、レーズンとクルミとを交互に食べて楽しむのがおすすめです。日持ちの良さも嬉しいところ。グルメな人へのギフトにしたらきっと喜ばれますよ。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。 また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まさかデメルに!? おつまみ感覚で食べるサワースティック

デメルのサワースティック
デメルのサワースティック

<デメル>サワースティック(24本入り) 1,944円(税込)

<デメル>といえばザッハトルテ。……とショーケースを覗いていたら、シックなボックスを発見。なんと、甘くないクッキーとのこと。半信半疑で食べたら本当でした! ハマってしまったのは、エメンタールチーズがトッピングされたもの。これ、赤ワインのおつまみにぴったりなんです。ピンクペッパーやキャラウェイシードもクセになる味。甘党ではない方へのギフトにも重宝しています。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=カフェ エ シュクレ/デメルにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ

板チョコみたいに分厚く切って食べたい! デンマークバター

デンマークバター
デンマークバター

<アンデルセン>デンマークバター(有塩・食塩不使用)250g 1,001円(税込)

アンデルセンで毎年6月にご紹介しているデンマークバターをご存知ですか? 乳酸菌を加えて発酵させたもので、口あたりがふわっとなめらか! 日本で一般的なバター(発酵させていないもの)とは違うかすかな酸味とコクは穀物パンとあわせるとなお引き立ちます。また、バターをスライスし、板チョコと合わせてパンに挟んで食べるのもおすすめ。贅沢だけどやめられない、お気に入りの食べ方です。
※数に限りがございます

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年6月1日(木)〜30日(金)までのデンマークフェア期間中、伊勢丹新宿店本館地下1=デリ エ ブーランジュリー/アンデルセンにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ビリリと辛い「薬膳ラー油」をリピート買いしてます!

小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油
小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油

<小笠原フルーツガーデン>薬膳島辣油(115g) 940円(税込)

「具入りタイプ」が台頭してからブームが続いているラー油。種類が数ある中でも「これ!」と感動したのが「薬膳島辣油」。実は、伊勢丹スタイリストが自分用にもギフト用にも選ぶ隠れた一品なんです。
島トウガラシの辛み、ウコン、アロエ、クコの実といった小笠原産の原材料が独特のハーモニーを奏でて、クセになる味。舌にビリビリとした辛さ、個性的な風味は、一度口にしたら忘れられません。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

鮎の魚くささが全然ない! 飲んでも美味しい出汁醤油

まるはらの鮎魚醤
まるはらの鮎魚醤

<まるはら>鮎魚醤(200ml) 1,404円(税込)

堂々と書かれた「鮎」の文字に惹かれて手に取った、<まるはら>の鮎魚醤。鮎と塩だけで作られていると知って驚きました。というのも、いわゆるエスニックの魚醤(ナンプラー)のようなパンチの利いた味ではなく、香りもあっさり。塩で下味を付けるよりもう少しコクを出したいときに使っています。お湯で薄めて飲んでみても、鮎のうまみが品良く香り立って美味しいんですよ。

文: FOODIE編集部

写真:佐坂和也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ