[酒粕レシピ]カレー風味のフライドチキン

新酒ができる1〜2月に、店頭に並びはじめる酒粕。酒粕を使ったレシピといえば、甘酒や粕汁がお馴染みですが、お家で使い切れず困っていませんか。そこで今回は、酒粕にスパイスを組み合わせたちょっと目新しいレシピをフードコーディネーターの村井りんごさんに教えてもらいました。

スパイスを合わせるだけで、酒粕の使い方が広がる

板粕と練り粕

(写真左から)板粕、練り粕

米と麹の発酵食品である酒粕は、組み合わせる食材の美味しさを引き立てる力を持っています。

「たとえば、お肉を漬け込めば、酒粕の発酵パワーで肉がやわらかくなるのがスゴイところ。さらに、酒粕特有の風味にスパイスの豊かな香りが合わさると、複雑なうまみが醸し出されます」

酒粕には、板粕(板状のもの)、ばら粕(板粕が細かく割れているもの)、練り粕(やわらかいペースト状のもの)など、いくつか種類があります。今回は、調理に使いやすい練り粕を使って作ります。

※固形の酒粕(板粕、ばら粕)を使う場合は、酒粕を細かくちぎってボウルに入れ、湯を酒粕の半量加えて1時間おいてから、泡立て器やマッシャーで混ぜながら、練り粕状にします。

【酒粕×カレー粉】
酒粕とカレー粉の香りがよく合う! 絶品フライドチキン

[酒粕レシピ]カレー風味のフライドチキン酒粕でジューシーさが増した鶏肉に、食欲そそるスパイシーなカレー粉が合わさった、フライドチキン。

「鶏肉にしっかりまぶした酒粕は洗い流さず、衣としてそのまま揚げます。カラッと揚がって、サクサクの食感に!」

<材料>
・鶏手羽元…8本
・練り粕…200~250g
 A
・にんにくのすりおろし…大さじ1/2 
・カレー粉…大さじ1
・砂糖、塩…各小さじ1
・塩、こしょう…各少々
・揚げ油…適量

<作り方>
①  [混ぜる]密封保存袋に練り粕、Aを入れて混ぜ、「スパイス粕床」を作る。塩、こしょうをした鶏手羽元を入れて手でもみ込む。

[酒粕レシピ]酒粕にカレー粉を混ぜる

②  [寝かせる]冷蔵庫で1日~3日寝かせる。

[酒粕レシピ]酒粕×スパイスに鶏手羽元を入れてもみ込む

③密封保存袋から鶏手羽元を取り出す。肉についた酒粕は洗い流さず手で軽く拭い、片栗粉をまんべんなくまぶす。

[酒粕レシピ]片栗粉をまんべんなくまぶす

④[火を通す]フライパンに揚げ油を熱し、低温から③を入れて揚げ始める。鶏手羽元の縁が黄金色に色づいてきたら、温度を高めて3〜4分火が通るまで揚げる。

[酒粕レシピ]鶏手羽元を揚げる

【酒粕×クミン】
やわらかジューシー! エスニック風ラムチョップ

[酒粕レシピ]やわらかジューシー、エスニック風ラムチョップ

酒粕の発酵パワーでラム肉がしっとりとやわらかい焼き上がりに。酒粕&クミンの香りでラム肉特有の臭みがほとんど気になりません。
「レモンを絞って食べると、さらに美味しくなります!」

<材料>
・ラムチョップ…6本
・練り粕…200~250g
 A
・しょうがのすりおろし…大さじ1
・塩…小さじ1
・クミンパウダー…大さじ1
・塩、こしょう、サラダ油…各少々

<作り方>
① [混ぜる]密封保存袋に練り粕、Aを入れて混ぜ、「スパイス粕床」を作る。塩、こしょうをふったラム肉を入れて手でもみこむ。
② [寝かせる]冷蔵庫で1日~3日寝かせる。
③ [火を通す]ラム肉を取り出して酒粕を洗い流し、水気を拭く。フライパンにサラダ油を熱し、ふたをして弱火で焼く。片面約3分ずつ焼いたら蓋を外し、強火にして、両面に焼き色をつける。途中、肉から脂がにじみ出てくるので、クッキングペーパーなどで拭き取る。

【酒粕×シナモン】

酒粕は果物との相性も抜群! 酒粕に漬けるだけで大人向けの極上スイーツになります。

①酒粕、バナナ、カラメルの甘みがマッチ「酒粕フルーツグラタン」

[酒粕レシピ]バナナの粕漬け焼き

「グラニュー糖をたっぷりかけて焼けば、表面がカラメル状になって、最高に美味しいデザートに!」

<材料>
・バナナ…1本
・練り粕…80g
・シナモン…小さじ1/4
・グラニュー糖…少々

<作り方>
ラップに練り粕を広げ、皮をむいてシナモンをまぶしたバナナをのせて包み、冷蔵庫で1日寝かせる。ラップを外して酒粕がついたまま耐熱容器に入れ、グラニュー糖をふる。オーブントースターでグラニュー糖がカラメル状に焦げるまで焼く。

②フルーツの甘みで練り粕ごと食べられる!「ドライフルーツの酒粕ボール」

[酒粕レシピ]ドライフルーツ

「練り粕にドライフルーツの甘みが移るので、練り粕ごと食べられます。練り粕を洗い落して刻めば、ラムレーズンのようにお菓子作りの材料としても使えますよ」

<材料>
・プルーン…2個
・干し柿…2個
・シナモン…小さじ1/4
・練り粕…100g

<作り方>
ラップに練り粕を広げ、シナモンをまぶしたプルーン、干し柿をのせて包み、冷蔵庫で1日寝かせる。

村井りんご

村井りんご
フードコーディネーターとしてレシピ開発・メニュー撮影などを手がけ、「美味しく食べて健康に」をモットーに料理本を多数出版、料理教室を主催。

文: 白鳥紀久子

写真:岡崎健志
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. ポイントは3つ! とんかつ屋さんの 「ふわふわキャベツ」の作り方
  2. 【日持ち・常温・かさばらない】伊勢丹フードアテンダントが教える外さない手土産
  3. 卵焼きは劇的にふわふわになる!「こす・強火・3回で焼く」が鉄則
  4. 煮込まないのが正解! 野菜の甘さに感激する意外な「豚汁」レシピ
  5. ただ焼くだけなんて損! ソーセージが美味しくなる食べ方、教えます。