あの街の、あの一杯:富山県射水市 カフェ uchikawa 六角堂_1

ふと思い出す遠い街の一杯のコーヒー、もしくはワイン、それとも。記憶をうるおす一杯の液体にまつわる人々や風景。いずれ訪ねたくなるだろう、未来の懐かしい味と時間のガイドをリレーコラムでご紹介する連載。第一回は編集者の神吉弘邦さんが、富山県、射水(いみず)市にある不思議なかたちの『カフェ uchikawa 六角堂』を教えてくれました。

北陸新幹線のさらにその先、万葉の浜へ

北陸新幹線の開通で、首都圏からのアクセスが便利になった富山。新幹線「新高岡」駅からJR「高岡」駅へ。そこからローカル線の「万葉線」が、射水市の海辺まで伸びている。

街中をゆっくり走る路面電車に30分ほど揺られて「新町口」に到着。のんびりした街並みを歩けば、ほどなく内川が見えてくる。

あの街の、あの一杯:富山県射水市 カフェ uchikawa 六角堂_2

ここからは新湊と呼ばれる地区。実は、奈良時代から千年近くの歴史がある。大伴家持が『万葉集』で詠んだ「奈呉(なご)の浦」も、このあたりの浜を指している。

古い寺院、壮大な曳山(ひきやま)が出る祭、木造家屋。古くから残るものが地域の人たちに愛され、そのまま受け継がれるよう心くだかれてきた場所。ただ、近年はこの街も人口が減り、古民家を所有しながら便利な都会で暮らす人も増えたという。

2年前、そんな内川沿いにオープンしたのが「カフェuchikawa六角堂」だ。築70年の2階建て木造家屋のリノベーション。直前には畳屋が営まれていたが、5年ほど使われていなかった。

変わる街の様子と、変わらない川の流れを見つめてきた六角堂。窓辺からは、街を行き交う人々と、屋根つき橋梁「東橋」が眺められる。

潮の満ち引きでゆっくり変わる、おだやかな内川の流れ。その情景と呼応するように、多くの人でにぎわう日も店内には落ち着きがある。入店できる利用者を13歳以上に限定するほか、四季と時間帯にあわせてBGMも慎重に選曲されている。

旅の終わりのような、オーガニックで優しい味わいのコーヒーを

あの街の、あの一杯:富山県射水市 カフェ uchikawa 六角堂_3

提供メニューは、できるだけ無添加なものにこだわる。モカ・イルガチェフの「六角堂ブレンド」はオーガニックコーヒー。旅路の終着点のような土地で、千年の流れに思いをはせながら、心おだやかに味わえる一杯だ。

この街、このカフェでは、せわしなく時を意識することがない。「内川は夜が素敵な街ですよ」とオーナーの明石博之さんは帰り際に言った。

内川沿いを歩いていると、街の催しだろうか。カエターノ・ヴェローゾの唄声がどこからか聴こえてくる。夕闇がせまる目の前の情景に、その調べが不思議とマッチしていた。

あの街の、あの一杯:富山県射水市 カフェ uchikawa 六角堂_4

店舗情報

カフェ uchikawa 六角堂

富山県射水市八幡町1-20-13
10:30〜20:30(L.O. 20:00)
月曜定休

http://inacafe.net

文: 神吉弘邦

写真:明石博之(カフェ uchikawa 六角堂)

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. キャベツの外葉は捨てないで! 部位別の美味しい食べ方
  2. ゆで卵の作り方「水からゆでる? お湯から?」プロが疑問に答えます
  3. 卵焼きは劇的にふわふわになる!「こす・強火・3回で焼く」が鉄則
  4. 1,000円で買える! ご挨拶に使える&気の利いた引っ越しの手土産
  5. 500円プチギフトを日本橋三越本店で発掘! 気の利いたアイテムをワンコインで