2017年のガレット・デ・ロワ集合

フランスの新年に欠かせないお菓子、ガレット・デ・ロワ。クレームダマンド(アーモンドクリーム)がたっぷり入ったサクサクのパイ生地を人数分に切り分けると中にはひとつだけ「当たり」が……。それを引き当てた人は王様となり1年間を幸せに過ごせるといわれています。日本でも年々盛り上がりが大きくなってきており、人気パティスリーでの取り扱いが増えているそう。伊勢丹新宿店の洋菓子担当に、今年注目の5ブランドを聞きました!

発酵バターが決め手の正統派<パティシエ・シマ>

パティシエ・シマのガレット・デ・ロワとフェーブ

<パティシエ・シマ>ガレット・デ・ロワ(直径約18cm) 2,916円(税込) 販売期間:2017年1月4日(水)〜1月10日(火)【各日5点限り】

「『イズニー』というノルマンディ地方の発酵バターをふんだんに使ったガレット・デ・ロワは、食べた瞬間にバターの香りがふわーっと広がります」

シェフが正統派ガレット・デ・ロワの普及を目指す「クラブ・ドゥ・ガレット・デ・ロワ」の会長を務める<パティシエ・シマ>。ブームの前からガレット・デ・ロワを食べ続けてきたという人々から高い支持を獲得し続けている王道の味わいです。

フェーブは、時計や牛、竃(かまど)などフランスの田舎で見られる身近なものシリーズ。ガレット・デ・ロワをかじりながらフランスの田園風景に思いを馳せてみては?

繊細な柄と食感<パティスリー メゾンドゥース>

パティスリー メゾンドゥースのガレット・デ・ロワとフェーブ

<パティスリー メゾンドゥース>ガレット・デ・ロワ(直径約18cm) 3,001円(税込) 販売期間:2017年1月6日(金)〜1月9日(月・祝)午後1時から販売【各日5点限り】

八王子の名店<パティスリー メゾンドゥース>のガレット・デ・ロワは、サクサクに仕上がりつつも、繊細な優しい食感が持ち味です。

「2012年のガレット・デ・ロワ コンクール日本大会で優勝したパティスリーです。パイ生地に描かれる表面の柄の繊細さは、切り分けるのがもったいなくなるほど」

フェーブのデザインはガレット・デ・ロワ! 洒落がきいた一品です。

マロンの甘さがクリームを引き立てる<ル・ジャルダンブルー>

ル・ジャルダンブルーのガレット・デ・ロワとフェーブ

<ル・ジャルダンブルー>ガレット・デ・ロワ(直径約17cm) 2,700円(税込) 販売期間:2017年1月6日(金)〜1月9日(月・祝)午後1時から販売【各日5点限り】

「クレームダマンドに甘いマロングラッセが入ったガレット・デ・ロワ。今回、伊勢丹新宿店が特集を組んで販売するラインナップの中では唯一の変わり種です。レシピはシェフがフランス修行中に習ったものが基になっており、伝統の味を楽しめます」

ファンが待ち焦がれているガレット・デ・ロワです! 見逃せません。細かいところまで作り込まれたエクレアモチーフのフェーブにもご注目。

焼き菓子の名店<メゾン・ド・プティ・フール>

メゾン・ド・プティ・フールのガレット・デ・ロワとフェーブ

<メゾン・ド・プティ・フール>ガレット・デ・ロワ(直径約18cm) 3,240円(税込)販売期間:2017年1月6日(金)〜1月9日(月・祝)午後1時から販売【各日5点限り】

「<メゾン・ド・プティ・フール>は日本初の焼き菓子専門店。ガレット・デ・ロワ コンクール日本大会では、2013年に副料理長の小林預言氏が優勝しています。素材にこだわり、バレンシア産のアーモンドとフランス・ノルマンディ産バターを使用しています」

焼き菓子専門店ならではの卓越した技術が織りなす、風味豊かなパイ生地を楽しめます。

可愛らしいマトリョーシカのフェーブはバリエーションが豊富。色だけでなくお腹に描かれた柄も異なるのでよく見てみて!

ブルターニュの塩が隠し味<ドゥブルベ・ボレロ>

ドゥブルベ・ボレロのガレット・デ・ロワ

<ドゥブルベ・ボレロ>ガレット・デ・ロワ(直径約19cm) 2,916円(税込) 販売期間:2017年1月6日(金)〜1月9日(月・祝)午後1時から販売【各日5点限り】

<ドゥブルベ・ボレロ>のガレット・デ・ロワは滋賀県のパティスリー。

「アーモンドが強く香るビターな味わいを、東京のお客さまにぜひ食べてみてほしいと取り寄せました。隠し味にはブルターニュのゲランドの塩が使われています。特製のカスタードクリームはしっかり濃厚。大人の味わいが楽しめますよ」

ケーキにトラクター、天秤に消火器!? 目につくものをすべて形にしていったようなさまざまなモチーフのフェーブにも注目。

上記以外にも、<ピエール・エルメ・パリ>、<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ>、<セバスチャン・ブイエ>、<ノワ・ドゥ・ブール>、<シェ・シーマ>、<ユーゴ・エ・ヴィクトール>などでガレット・デ・ロワを伊勢丹新宿店各ショップで販売。年の始めに名店のシェフたちが腕を振るいました。

「ガレット・デ・ロワはシンプルながら、バターの風味やクレームアマンドの優しい甘みとコクなど、日本人に愛される要素をたくさん持つお菓子です。気の合う仲間や家族と切り分けて、年始の特別なひとときをお過ごしください」

お正月の気分がひと段落したときの楽しみにしておけば、新年のワクワクがまた一つ増えそうですね。

※安全のため、伊勢丹新宿本店地下1階「マ・パティスリー」で販売するガレット・デ・ロワの中はフェーブの代わりにアーモンドを入れて焼き上げています。フェーブはガレット・デ・ロワに添えてお渡しします。

文: 大川祥子

写真:八田政玄(2枚目・右)、矢野宗利(3〜6枚目・右)
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

催物のご案内/商品の取扱いについて

【催物のご案内】
リーデルテイスティングカウンターで楽しむガレット・デ・ロワ
<パティシエ・シマ>の島田徹氏によるシャンパーニュとガレット・デ・ロワの楽しみ方のセミナーを開催いたします。
■開催日時:2017年1月8日(日)午後3時〜/午後4時〜
■場所:伊勢丹新宿店本館5階 キッチンダイニングデコール
■セミナーご予約承り:2017年1月4日(水)午前11時から お電話にて受付開始
■ご予約・お問い合わせ:03-3225-2671(キッチンダイニングデコール直通) 午前10時30分〜午後8時
※2017年1月1日(日・祝)、2日(月・振替休日)は伊勢丹新宿店の店舗休業日とさせていただきます。

【商品の取扱いについて】 
記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=カフェ エ シュクレ/マ・パティスリーにてお取扱いがございます。 

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. ポイントは3つ! とんかつ屋さんの 「ふわふわキャベツ」の作り方
  2. 【日持ち・常温・かさばらない】伊勢丹フードアテンダントが教える外さない手土産
  3. 煮込まないのが正解! 野菜の甘さに感激する意外な「豚汁」レシピ
  4. 卵焼きは劇的にふわふわになる!「こす・強火・3回で焼く」が鉄則
  5. ただ焼くだけなんて損! ソーセージが美味しくなる食べ方、教えます。