伊勢丹新宿店で買えるパーティ食材(肉)

友人や家族が集まって、美味しいものを囲めばパーティの始まり! そんなときはせっかくだから、憧れのスペシャルな食材を買ってみてはいかがでしょう? FOODIE編集部でパーティの主役となるアイテムを探しに伊勢丹新宿店へ行きました。

 

FOODIE編集部

今回のテーマは、どんなシーンでもみんなをワクワクさせる「お肉」! これまで店頭で見かけても「見て見ぬふり」をしていた憧れのアイテムが続々登場します。

伊勢丹新宿店で憧れのスペシャル食材を探せ! 魚編はこちら
伊勢丹新宿店で憧れのスペシャル食材を探せ! フルーツ編はこちら

 

自宅がバルに変身! 生ハムの原木を発見

生ハムの原木

<ワールド ミート バル ニッシン>生ハムの原木(約6kg) 60,000〜70,000円

店頭のショーケースの中にずらりと並ぶ姿を見ていて、編集部がずっと気になっていたのが生ハムの原木。シェフが原木から切り出すアレ、一度やってみたかったんです。

「原木にはさまざまな種類やサイズがあり、大きなものは何十万円もするものも。個人のパーティなら6kgまでがおすすめです」(ワールド ミート バル ニッシンの長谷川英子さん)

持たせてもらうと……想像以上にずっしりと重い!

「見た目はもちろん、生ハムはスライスしたてが一番美味しいんですよ。甘みもうまみも段違いな味わいをぜひ楽しんでください」

カットには専用の固定具が必要。6kgの原木1本でスライス300〜350枚になるそうです。立食パーティでみんなが自由にスライスできるようにしても楽しそう。自分一人では買えないけれど、みんなで割り勘なら手に届きそうなアイテムですね!

松阪牛の希少部位は、少人数から楽しめる!

松阪牛のミスジ

<松阪牛専門 麻布日進>三重県産 松阪牛 ミスジ(100g)3,240円(税込)

生ハムもいいけれど、メインはジューシーなステーキをほおばりたい。それもブランド牛の最高峰・松阪牛なら盛り上がること間違いなしですよね。次は<松阪牛専門 麻布日進>をのぞいてみました。

「松阪牛というとみなさん身構えてしまいますが、うちにいらっしゃる方は意外にも若い人が多いんですよ。ヒレやサーロインといった最高級部位もいいですが、特別感を味わうなら希少部位を選んでみてはいかがですか?」(麻布日進の青木良介さん)

紹介してくれたのは1頭から2kg程度しか取れないという貴重なミスジ。切り出した肉は100gでちょうど1人前です。

「サシが多く、甘みもしっかりしています。松阪牛の美味しさをぜひ堪能してください!」

こんなサービスは、百貨店ならでは。少量から購入できるので、ランボソ、ミスジ、ヒレなど色々な種類を購入して食べ比べてみるのも盛り上がりそうです。

パーティとはサプライズだ! クラウンラム

岩田シェフとクラウンラム

<I’S MEAT SELECTION>ニュージーランド産 ラム骨付きクラウンロース(100gあたり) 756円(税込)

「パーティには『驚き』が必要です」というアドバイスをくれたのは、いつもWEB FOODIEで肉を使った本格レシピを教えてくれる<I’S MEAT SELECTION>の岩田晴美シェフ。ラムチョップを王冠状に並べたインパクト抜群の逸品を教えてくれました。その名も「クラウンラム」です。

クラウンラムの調理イメージ

※調理イメージ

「いつもの平坦な料理だけではなく、なにかひとつ驚くようなものがあると盛り上がります。非日常のメニューを楽しむのもパーティの醍醐味だと思いますよ」

豪快な「クラウンラム」はみんなの注目を集めること間違いなし。ラムは牛肉に比べて安価ですし、何よりも手で食べる骨付き肉は、テンションがあがりますね。

 

贅沢の極み! 料亭の味が楽しめる、松茸+飛騨牛のすき焼き鍋

赤坂松葉屋の松茸と飛騨牛のすき焼き

<赤坂松葉屋>松茸と飛騨牛のすき焼き 10,800円(税込) ※写真はイメージです。

ハムやステーキもいいけれど、みんなで鍋を囲む日本風のパーティもいいですよね。最後に向かったのは、松茸料理が有名な赤坂の料亭<赤坂松葉屋>。

「飛騨牛と松茸、この2つの高級食材は実は相性抜群。一番人気のすき焼きのセットはいかがですか?」(赤坂松葉屋の横山奈々美さん)

赤坂松葉屋の松茸と飛騨牛のすき焼き

※調理イメージ

<赤坂松葉屋>の「松茸と飛騨牛のすき焼き」は飛騨牛と松茸のスライス、割下がセットになっており、鍋さえあればすぐに調理可能。家庭でも料亭と同じ味が楽しめるそうです。

「人数によって量も変えられますのでお気軽にご相談ください」

「料亭の味」という特別感と調理が簡単な点、人数によってカスタマイズできる便利さを考慮して、FOODIE編集部は「すき焼き」を選びました。早くみんなで食べたい!

伊勢丹新宿店で憧れのスペシャル食材を探せ! 魚編はこちら
伊勢丹新宿店で憧れのスペシャル食材を探せ! フルーツ編はこちら

文: 大久保敬太

写真:三木匡宏、八田政玄(5枚目左)
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=フレッシュマーケット/ワールド ミート バル ニッシン、松阪牛専門 麻布日進、I’S MEAT SELECTION、粋の座/赤坂松葉屋にてお取扱いがございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. ポイントは3つ! とんかつ屋さんの 「ふわふわキャベツ」の作り方
  2. 【日持ち・常温・かさばらない】伊勢丹フードアテンダントが教える外さない手土産
  3. 卵焼きは劇的にふわふわになる!「こす・強火・3回で焼く」が鉄則
  4. ぬかがなくても大丈夫! プロが教える正しい「たけのこのゆで方」
  5. おにぎり、卵焼き、野菜炒めetc. プロが教える料理の基本&裏ワザ