アドベントスイーツのイメージ

クリスマスのおよそ1ヵ月前からキリスト降誕を待ち望む期間がアドベント。お菓子やおもちゃが入っているカレンダーに穴を開けたり、オーナメントを飾りつけたりして、カウントダウンを楽しみます。2016年のクリスマスに向けて、美味しいだけじゃない、まるで雑貨のように飾る楽しさがあるアイテムを人気ブランドから8品ご紹介します!

 

<アンリ・ルルー>ひとつだけ隠されたチャームはどこ? 

24個の窓がついた、アンリ・ルルーのカレンダーは、人々が楽しげにパーティをしているデザイン。窓の中には、ブルターニュのキャラメリエが手仕事で作りあげるキャラメルが。

「どのフレーバーが出るのかは毎日のお楽しみ。ひとつの窓にだけ、キュートなオリジナルのチャームが入っています。宝探しのようなワクワク感と珠玉のキャラメルで、大人も満足のカレンダーです」と教えてくれたのは、伊勢丹新宿店で洋菓子コーナーを担当している峯尾友紀さん。

<アンファン>ケース一つひとつも飾りになる

アンファンのアドベントハウス

<アンファン>アドベントハウス (1セット)4,104円(税込)

小窓の一つひとつが家型のケースになっていて、バラバラで飾ることもできるお菓子の詰め合わせ。

「ケースの中には愛らしいアイシングクッキーやプリントマシュマロが入っています。ケースはツリーに飾ったり、お子さまと一緒に遊んだりすることができます。クリスマスに向けて、お部屋の中に小さな街を作っていく楽しみもありますよ」

<アンファン>お菓子の家を手作りできる

アンファンのクリスマスホーム

<アンファン>左:クリスマスホーム(1セット) 2,700円、右:ホワイトクリスマスホーム(1セット) 2,160円(ともに税込)

憧れのお菓子の家が簡単に作れるセット。接着面にホワイトチョコレートを塗ってクッキーを組み立てるだけなので失敗しらずです。

「食べるだけでなく、飾ることを楽しんでいただきたいお菓子。クリスマスらしい集いの場ができますよ」

<カフェ・リゼッタ>オーナメントのようなかわいい焼き菓子が24種類

カフェ リゼッタのカランドリエ・ドゥ・ラヴォン

<カフェ リゼッタ>カランドリエ・ドゥ・ラヴォン(24個入り) 5,940円(税込)

ベラベッカやサンニコラのパンデピスといったフランスの伝統菓子や、クリスマスにちなんだ24種類のスイーツがオーナメントのようにラッピングされたアイテム。リボンの色もすべて異なるという凝りようです。

「12月24日まで毎日違うお菓子がクリスマス気分を盛り上げてくれます。壁にピンで留めたり、ツリーにリボンで結んで飾ったりして楽しめます」

<バッハルム1928>24粒の滑らかなチョコレートを楽しむ贅沢

バッハルムのカレンダーチョコレート

左:バッハルムカレンダーチョコレート・ミルク、右:バッハルムカレンダーチョコレート・ダーク ともに3,240円(税込)

見た目重視のお菓子と侮るなかれ。<バッハルム1928>のカレンダーはカカオの香り豊かで、舌触り滑らかなチョコレートが入っています。

「毎年根強い人気のアイテム。丁寧に練り上げられたチョコレートは毎日食べるのが楽しみになるはずです。カレンダーのイラストもかわいいんですよ」

<ノワ・ドゥ・ブール>定番のモチーフがバター香るクッキーに

焼き菓子のクオリティの高さに定評がある<ノワ・ドゥ・ブール>のクリスマスシーズンにぴったりなクッキー。ジャムをサンドしたクッキーや、アーモンド・プレツェルなど、バラエティ豊かな詰合わせです。

「手頃な大きさで化粧箱がかわいいので、パーティーに持って行ってもいいですね。オーナメントとしてクリスマスツリーに飾って楽しむのもおすすめです」

<ベルアメール>華やかなパッケージが気分を盛り上げる

ベルアメールのパレショコラオーナメント

<ベルアメール>パレショコラオーナメント 各432円(税込)

ツリーに飾っても違和感のないオーナメント型のチョコレート。絵柄は、くまトナカイジンジャーマンの3種類。全部集めたくなる愛らしさです。

「味もしっかり美味しいので、もらったらうれしいですよ。個別包装で1個400円から購入できるのでプレゼント交換にもおすすめです」

<アンリ・ルルー>今日はどの味? 開けてからのお楽しみ

アンリ・ルルーのプティ・ノエル・キャラメル

<アンリ・ルルー>プティ・ノエル・キャラメル(5個入り) 各918円(税込)

星型のケースの中には、<アンリ・ルルー>で人気のキャラメルが入っています。選んで、食べて、飾って楽しいオランジュルージュヴェールブルーオールの5種類です。

「ツリーに飾ってから一粒ずつ食べれば、ワクワクも倍増。気軽なプレゼントにも向いています」

さまざまなショップが工夫を凝らしているクリスマスアイテムを見ていると、クリスマスの本当の楽しみは「その日を待つこと」のように思えてきます。一度きりしかない2016年のクリスマス、悔いのないように楽しみたいですね!

文: 大川祥子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

  • スタイリスト/峯尾友紀

    洋菓子担当商品サブリーダー。甘い物が大好きで、「いくら食べても大丈夫」。最近はピクルス作りに凝っており、きゅうり、パプリカ、スイートコーンなどを漬けている。

ご予約方法/商品の取扱いについて

【ご予約方法】

伊勢丹オンラインストア

承り期間:2016年11月2日(水)午前10時30分~12月9日(金)午後11時

お電話:0120-002-544

承り期間:2016年11月2日(水)午前10時30分~12月10日(土)午後8時

 

【商品の取扱いについて】

記事で紹介している一部の商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=カフェ エ シュクレ/アンリ・ルルー、ノワ・ドゥ・ブール、ベルアメールにてお取扱いがございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. ポイントは3つ! とんかつ屋さんの 「ふわふわキャベツ」の作り方
  2. 【日持ち・常温・かさばらない】伊勢丹フードアテンダントが教える外さない手土産
  3. 卵焼きは劇的にふわふわになる!「こす・強火・3回で焼く」が鉄則
  4. 煮込まないのが正解! 野菜の甘さに感激する意外な「豚汁」レシピ
  5. ただ焼くだけなんて損! ソーセージが美味しくなる食べ方、教えます。