ソース食べ比べ

中濃、とんかつ、ウスターなど、揚げ物に欠かせないソースですが、どのように作られているかご存知ですか? 実はさまざまな野菜とスパイスのうまみが凝縮されている、ちょっと贅沢なアイテムなんです。深い味わいがあるので、いろいろな料理の味付け調味料としても優秀で、炒め物などの料理の味付け、トーストなどのトッピングとしても大活躍!

今回は、伊勢丹新宿店で特に人気のソース5種を、それぞれの魅力を存分に味わう食べ方とともにご紹介いたします。

中華風の中濃ソース!? 独特なスパイス香る個性派

①<三留商店>薬膳ソース

三留商店の薬膳ソース 

<三留商店>薬膳ソース (300ml) 540円(税込)

八角や丁子、ウコンなど10種類以上のスパイスが入った<三留商店>の「薬膳ソース」。香りが特徴的なので、炒め物に加えると食欲をそそる香りに仕上がります。カレーに加えれば、さらに深みのある味わいになりますよ。野菜や豆腐などとも相性がいいので、もやしと厚揚げの炒め物(写真右)の味付けにもおすすめ。

バルサミコ酢のような爽やかな酸味が際立つ

②<ポールスタア>国産野菜 ウスターソース

ポールスタアの国産野菜ウスターソース

<ポールスタア>国産野菜 ウスターソース (200g) 350円(税込)

<ポールスタア>の「国産野菜 ウスターソース」は、12種類のスパイスに黒糖、砂糖、ビネガーがブレンドされた、バルサミコ酢を思わせるさっぱりとした味わい。コク深い酸味は淡泊な鶏肉と相性抜群で、素材のうまみを一層引き出してくれます。おすすめの調理法は、鶏むね肉のソテー(写真右)。薄くスライスし、塩で下味をつけた鶏むね肉をオリーブオイルでソテーし、ウスターソースで調味して完成です。

濃厚な果物のフルーティな甘さ

③<大髙醤油>野菜果物仕込 中濃ソース

大髙醤油の野菜果物仕込中濃ソース

<大髙醤油>野菜果物仕込 中濃ソース (300ml) 886円(税込)

リンゴやトマト、玉ねぎなどの甘みとうまみがギュッと詰まった<大髙醤油>の「野菜果物仕込 中濃ソース」。フルーティな甘さは、チーズとの相性が抜群です! ピザトーストにケチャップの代わりでトッピングすれば(写真右)、きっとハマりますよ。作り方は、食パンにシュレッドチーズ、スライスしたピーマン、玉ねぎをのせて焼き、ソースをかけるだけです。

非加熱製法の「生」ウスターが素材を引き立てる

④<トキハソース>生ウスターソース

トキハソースの生ウスターソース 

<トキハソース>生ウスターソース (200ml) 486円(税込)

中濃ソースやウスターソースは、数種類のスパイスと野菜・果物を煮詰めて作るのが一般的ですが、こちらは煮詰めない「非加熱製法」。生野菜と香辛料本来の風味がそのまま伝わる自然派ソースです。食べるなら、ドレッシングの感覚で生野菜にかけて楽しむのがおすすめ。トマトにかけるとうまみが増します。マヨネーズと塩を減らしてポテトサラダの味付けとしてソースを加えると、ピクルスを入れたような味わいに。

キャベツ専用!? 醤油のようなコク深さ

⑤<廣田徳七商店>キャベツにおいしいウスターソース

廣田徳七商店のキャベツにおいしいウスターソース

<廣田徳七商店>キャベツにおいしいウスターソース (150ml) 368円(税込)

最後は、なんと「キャベツ」に特化したソース。その名も「キャベツにおいしいウスターソース」です。特長は、野菜の自然な甘みを引き立てるマイルドな味わい。醤油のような和を感じさせるソースなので、生姜焼きのタレの代わりに使うと違った味わいが楽しめ、キャベツと相性のよい豚肉に合います。おすすめの食べ方は、キャベツと豚バラ肉のソース蒸し(写真右)。酒と塩で下味をつけた豚バラ肉をキャベツの間に入れ込み、ソースをかけ、厚手の鍋で蒸すもしくは電子レンジで加熱して作ります。

レシピ提供・写真:丹羽彰子
フードスタイリスト。パン教室Nahr主宰。パンはもちろん、パンやワインに合うおしゃれなメニューに定評がある。WEB、広告、カタログ等のさまざまな媒体で、レシピ開発、スタイリングを手がける。

文: FOODIE編集部

写真:山田和幸(商品写真),丹羽彰子(料理写真)
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. まるでクリームみたい! プロが教える濃厚マッシュポテトのレシピ
  2. 肉のうまみが凝縮! 豚バラ肉の塩漬け「パンチェッタ」の自家製レシピ
  3. ゆで卵の作り方「水からゆでる? お湯から?」プロが疑問に答えます
  4. 焼いて食べたら美味しかった! 意外な7アイテム
  5. 日本の三大うどんは「讃岐」「稲庭」、あとひとつご存知ですか?