モロヘイヤのスープイメージ

エジプトの女王クレオパトラが愛したといわれる「モロヘイヤのスープ」をご存知ですか? 伊勢丹新宿店の野菜のプロ・鈴木理繪シェフに、中近東で人気の本格レシピを教えてもらいました。7月~8月が旬のモロヘイヤ。「おひたし」が定番という人はぜひ作ってみて!

エジプトの国民食モロヘイヤのスープは、飲む栄養剤!

モロヘイヤの素材写真

モロヘイヤは中近東のとりわけエジプトで人気の野菜。カロテンやカルシウム、鉄分、各種ビタミンを豊富に含んだモロヘイヤのスープは、暑~い砂漠の国ではスタミナ満点の「薬」でもあり、「日本のみそ汁」のような昔ながらの国民食です。世界3大美女「クレオパトラが愛した」というから(=諸説あり)女性は必見です!

 

エジプト流モロヘイヤのスープのレシピ

材料がシンプルなこのスープは、モロヘイヤの切り方が美味しさのポイント。フードプロセッサーを使うよりも包丁で細かく刻むほうが、粘りがありながらさらっとした、ポタージュのような喉ごしが楽しめます。仕上げにのせる「トマト香味油」のスパイシーな香りで、より上品な味わいに!

モロヘイヤのスープの材料・スパイス

材料(2人分)

  • モロヘイヤ…1/2束(約50g)
  • にんにくのみじん切り…2~3かけ分
  • 玉ねぎのみじん切り…1/4個分
  • バター…大さじ1  
  • 水…400ml
  • 顆粒コンソメ(チキン)…小さじ1と1/2 
  • 塩…適量

仕上げ用<トマト香味油>(作りやすい分量)

  • オリーブ油(またはサラダ油)…大さじ3
  • クミン、コリアンダーなど好みのスパイス(ともに粒)…各小さじ1
  • ミニトマト(あれば加熱用)…3~4個 

作り方

①モロヘイヤの葉を摘み、包丁で刻む

モロヘイヤを刻む

葉は粗みじん切りにし、茎は半分に切ってタコ糸などで縛っておきます。<トマト香味油>の材料のミニトマトは、粗みじん切りにします。

「葉を摘むときは根元の細い茎から摘んでOK。細い茎は包丁で刻むことで絶妙なとろみが生まれます。太い茎はスープの具にすると口あたりが悪いので、ブーケガルニのように束ねて、スープの中で一緒に煮て途中で取り出します」

②にんにくと玉ねぎをバターで炒め、香りを引き出す

バターで香味野菜を炒める

鍋にバターとにんにくを入れてから中火にかけ、バターが溶けたら玉ねぎを加えます。にんにくの香りが立つまで、じっくりと炒めましょう。

「にんにくはフライパンが冷たい状態から熱するのがポイント。焦げにくく、にんにくの風味をしっかり引き出せます」

③スープとモロヘイヤの茎を加えて煮る

スープとモロヘイヤの茎を加えて煮る

②に分量の水を注ぎ入れ、顆粒コンソメを加えます。煮立ったらモロヘイヤの茎を加え、3~4分ほど煮ます。

④仕上げにかける<トマト香味油>を作る

(左)サラダ油でスパイスを炒めて香りを出す(右)トマトを加える

小さめのフライパンにオリーブ油とクミンを入れ、強めの中火にかけます。クミンから気泡が出てパチパチと音がしてきたら、コリアンダーを加えます。コリアンダーがうっすらと色づいたらトマトを加えて火を止めれば、<トマト香味油>の完成です。

⑤モロヘイヤの茎を取り出し、葉を加えて味を調える

モロヘイヤの葉を加えて調味する

③の鍋から、モロヘイヤの茎を取り出して塩で味を調えます。①で刻んでおいたモロヘイヤの葉を加え、ひと煮立ちさせて火を止めます。器に注ぎ④の<トマト香味油>を好みの量でかけて、混ぜながらいただきましょう。

「モロヘイヤは長く煮ると黒ずんできます。さっと煮るのが、美味しそうな緑色をキープするコツです」

モロヘイヤのスープ完成

鮮やかなトマトの赤色と緑色のスープをスプーンですくってみると、とろ~っととろみがかっています。口に入れるとするするっと喉を通り、にんにくとスパイスの香りがふわっと立ちます。体にスーッと入って浄化されていく感じ……。これなら食欲がなくてもどんどん食べられそう。

「中近東の現地では、にんにくを1玉も使ったり、玉ねぎ、スパイス、トマトは好みで入れたり入れなかったり。家庭によっていろいろアレンジしているようです。みなさんも好きなスパイスを加えたり、香味野菜の量を増減してみたり、自由にアレンジしてみてください」

仕上げにかけた<トマト香味油>はトマトの甘みと酸味、うまみが効いた、鈴木シェフのオリジナルレシピ。「ドレッシング」として使ったり、「冷ややっこ」や「パン」にかけたり、「カレーの仕上げ」に加えたり、いろいろな食べ方が楽しめます。多めに作って作り置きしておくのもおすすめです!

おまけ・モロヘイヤの茎の活用法

作り方5で取り出したモロヘイヤの茎は、<トマト香味油>をかけたり、ポン酢をかけたりして、おひたし風にして美味しくムダなくいただけるので、こちらもぜひお試しを。

文: 香取里枝

写真:白根正治

  • スタイリスト/鈴木理繪

    伊勢丹新宿店本館地下1階フレッシュマーケット、青果専属シェフ。休日にはキャンプに出かけ、野外でのごはんを楽しんでいます。満天の星と美味しいごはんが至福の時。キャンプ先の地元の食材は、作る楽しみが増えてわくわくします。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=フレッシュマーケット/シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. ラップで包んじゃダメ!? チーズの保存方法と食べごろの見極め方
  2. 平日も行列必至! 極上生菓子みたいな<とらや>のかき氷「宇治金時」
  3. 【日持ち・常温・かさばらない】伊勢丹フードアテンダントが教える外さない手土産
  4. 料理上手が「木製のまな板」を使うのはなぜ? 知れば欲しくなるその魅力
  5. 伊勢丹食品フロアスタッフが選んだ「コレおいしい!」まとめ#1

口に入れるとふわっ! 新感覚のフリーズドライのチーズ

ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ
ロックフォールチーズ&レーズンとロックフォールチーズ&クルミ

(写真左から)ロックフォールチーズ&レーズン、ロックフォールチーズ&クルミ 各70g/各1,620円(税込)

ワインのつまみにいいものを発見! 山羊のミルクから作ったチーズは風味にクセがあり、正直、ちょっと苦手でした。でも、「ロックフォールチーズ&レーズン」と「ロックフォールチーズ&クルミ」を食べてびっくり。フリーズドライにすると臭みがマイルドになると知ったのです。独特のふわっとした食感を、レーズンとクルミとを交互に食べて楽しむのがおすすめです。日持ちの良さも嬉しいところ。グルメな人へのギフトにしたらきっと喜ばれますよ。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。 また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まさかデメルに!? おつまみ感覚で食べるサワースティック

デメルのサワースティック
デメルのサワースティック

<デメル>サワースティック(24本入り) 1,944円(税込)

<デメル>といえばザッハトルテ。……とショーケースを覗いていたら、シックなボックスを発見。なんと、甘くないクッキーとのこと。半信半疑で食べたら本当でした! ハマってしまったのは、エメンタールチーズがトッピングされたもの。これ、赤ワインのおつまみにぴったりなんです。ピンクペッパーやキャラウェイシードもクセになる味。甘党ではない方へのギフトにも重宝しています。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=カフェ エ シュクレ/デメルにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ

板チョコみたいに分厚く切って食べたい! デンマークバター

デンマークバター
デンマークバター

<アンデルセン>デンマークバター(有塩・食塩不使用)250g 1,001円(税込)

アンデルセンで毎年6月にご紹介しているデンマークバターをご存知ですか? 乳酸菌を加えて発酵させたもので、口あたりがふわっとなめらか! 日本で一般的なバター(発酵させていないもの)とは違うかすかな酸味とコクは穀物パンとあわせるとなお引き立ちます。また、バターをスライスし、板チョコと合わせてパンに挟んで食べるのもおすすめ。贅沢だけどやめられない、お気に入りの食べ方です。
※数に限りがございます

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2017年6月1日(木)〜30日(金)までのデンマークフェア期間中、伊勢丹新宿店本館地下1=デリ エ ブーランジュリー/アンデルセンにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ビリリと辛い「薬膳ラー油」をリピート買いしてます!

小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油
小笠原フルーツガーデンの薬膳島辣油

<小笠原フルーツガーデン>薬膳島辣油(115g) 940円(税込)

「具入りタイプ」が台頭してからブームが続いているラー油。種類が数ある中でも「これ!」と感動したのが「薬膳島辣油」。実は、伊勢丹スタイリストが自分用にもギフト用にも選ぶ隠れた一品なんです。
島トウガラシの辛み、ウコン、アロエ、クコの実といった小笠原産の原材料が独特のハーモニーを奏でて、クセになる味。舌にビリビリとした辛さ、個性的な風味は、一度口にしたら忘れられません。

文: FOODIE編集部

写真:八田政玄
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

鮎の魚くささが全然ない! 飲んでも美味しい出汁醤油

まるはらの鮎魚醤
まるはらの鮎魚醤

<まるはら>鮎魚醤(200ml) 1,404円(税込)

堂々と書かれた「鮎」の文字に惹かれて手に取った、<まるはら>の鮎魚醤。鮎と塩だけで作られていると知って驚きました。というのも、いわゆるエスニックの魚醤(ナンプラー)のようなパンチの利いた味ではなく、香りもあっさり。塩で下味を付けるよりもう少しコクを出したいときに使っています。お湯で薄めて飲んでみても、鮎のうまみが品良く香り立って美味しいんですよ。

文: FOODIE編集部

写真:佐坂和也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=シェフズセレクションにてお取扱いがございます。伊勢丹オンラインストアでもお買い求めいただけます。

伊勢丹オンラインストア

おすすめアイテム一覧へ