ペルー料理で世界一周気分。各国の食のエッセンスを見つけて

近年、海外の美食家たちに評価され、日本でもじわじわと注目度が高まりつつあるペルー料理。スペイン・アフリカ・中国・イタリア・日本など、さまざまな国の移民文化の影響を受け、進化したといわれています。今回は新橋で人気のペルー料理店<荒井商店>のオーナーシェフ・荒井隆宏さんに、各国の食のエッセンスが混じり合ったペルー料理の魅力について聞きました。

移民文化に加え、ペルー特有の気候と地形により発展

インカ帝国を中心に栄えたペルー。当時からジャガイモやトウガラシ、トウモロコシは現地で栽培されていたそうですが、やがてスペインの支配下におかれると、ヨーロッパの食材や調理法が持ち込まれました。さらにその後、アフリカやアジアからの移民も増加。それぞれの食文化を取り込みながら、現在のペルー料理が形成されていったといいます。

「ペルーの食文化が発展したのは、ペルーの気候や地形によるところが大きいです。ペルーはコスタ(海岸砂漠地域)、シエラ(山岳地域)、セルバ(熱帯雨林地域)という3つの地域に分けられています。国内に複数の異なる気候条件があるため、『育たない食材がない』といわれるほど、多様な食材を受け入れることができる。だからこそ、移民が持ち込んだ食材も、それぞれに適した地域でよく育ち、発展していったというわけなんです」

そして、豊かな自然に囲まれたペルーは、暖流のエルニーニョ海流と寒流のフンボルト海流がぶつかる漁場もあり、プランクトンが多く生息。ウニやホタテなど、海産物も豊富に獲れるとか。また、アマゾンには多彩なフルーツも。確かに、ペルーの土地と食文化のつながりは密接といえそうです。

ヨーロッパの食材から生まれた代表的メニュー

荒井さんは2005年に<荒井商店>をオープン。以来、ペルー郷土料理の魅力を伝えてきましたが、そんなお店自慢のメニューを味わえるイベントが、7月1日(水)〜14日(火)、伊勢丹新宿店・本館地下1階キッチンステージで開催されています。その中でも、各国のエッセンスが感じられるメニューとは……?

17_peru_02

前菜プレート+メインプレート(お一人さま) 2,401円■キッチンステージ ※写真は前菜プレートです。

「今回は前菜プレートで『真鯛のセビーチェ』(写真・①)をご用意していますが、セビーチェは代表的なペルー料理です。ヨーロッパの移民によってレモンが持ち込まれたことから生まれた、と言われています」と荒井さん。

「同じく前菜の『ジャガイモのピリ辛クリームソース パパ・ア・ラ・ワンカイーナ』(写真・②)は、インカ帝国の人々が作ったジャガイモがメインの料理。ジャガイモの上の黄色いソースにはチーズが入っていて、これはスペイン人が占領したときに伝わった食材です。それにペルー原産のトウガラシも融合していますね」

ちなみに、スペイン人が占領した土地や邸宅で家庭料理を作っていたのはアフリカ出身の人々。余った食材を家に持ち帰り、家族のために使ったのが「内臓」でした。前菜プレートの『砂肝の屋台風 アンティクーチョ』(写真・③)はそんなアフリカ系移民による食をベースにしたメニューだそう。

「お米が主食」の日本人にとっては馴染みやすさも

17_peru_03

メインプレートは2種類からお選びいただけます。

ペルーにはもともと豚や牛などの家畜がいなかったため、昔はアルパカやリャマを食べていたそう。メインプレートの『鶏胸肉のクリーミーなシチュー』(写真・上)や『牛肉のコリアンダー煮込み』(写真・下)も、ヨーロッパの移民が入ってきたことで生まれた料理です。

「『牛肉のコリアンダー煮込み』のコリアンダーはアジアのイメージが強いと思いますが、ロシアが原産国といわれています。ペルーに伝わったルートは定かではありませんが、ペルー料理では古くからよく使われているんです」

こうして見ると、いくつもの食文化のミックスであることがわかるペルー料理。とはいえ、主食は日本と同じお米です。なので、「日本人にも馴染みやすいと思います」と荒井さん。

さまざまな国や地域の食文化のあらゆるエッセンスを取り込んで発展した、世界を魅了する独自の味わい。もしかしたら、ペルー料理こそ「多国籍料理の元祖」といえるのかもしれません。

荒井隆宏荒井隆宏

<荒井商店>のオーナーシェフ。「オテル・ドゥ・ミクニ」などでの修業後、2003年にペルーに渡り、1年間現地のレストランで働きながら、各地を旅して料理を学ぶ。帰国後、2005年にペルー料理店<荒井商店>をオープン。

常夏リゾートを味わおう! この夏に注目のハワイアンフード6選」でもご紹介している「夏フェス at ISETAN Aloha ! Hawaii」。伊勢丹新宿店本館地下1階=フードコレクションで、7月8日(水)から7月14日(火)まで開催中!

文: 田辺香

写真提供:Thinkstock/Getty Images(1枚目)

※「FOODIE」2015年7月号掲載の再編集記事です。
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介しているメニューは、7月1日(水)~7月14日(火)の午前10時30分~午後8時(4日・11日は12時15分~)の期間限定で、伊勢丹新宿店本館地下1階キッチンステージにて、お取り扱いがございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. マッシュルームは「半生」が美味! 意外に知らない基礎知識
  2. 材料はアボカドだけ。3分で完成! 絶品オイスターソース炒めレシピ
  3. バイヤー直伝レシピ! コンソメいらずの絶品ポトフ
  4. 半熟も固焼きも完璧!「目玉焼き」を好みの加減に仕上げるシェフのテクニック
  5. ロングセラーには理由がある! 世代を越えて愛される名スイーツ5選

まるでお茶漬け!? だしで食べる和風グラノーラ

久右衛門のだしで食べるグラノーラセット
久右衛門のだしで食べるグラノーラセット

<久右衛門>だしで食べるグラノーラセット(1セット/グラノーラ200g・久右衛門だし×5包)1,685円(税込)

新感覚のグラノーラが<久右衛門>から登場しました。大麦をベースに、大豆、そば、えのき茸、くるみを加え、味噌で焼き上げた国産素材の和風グラノーラ。ここに、だしパック「久右衛門だし」で抽出した相性抜群のだしをかけていただきます。いわし煮干し・かつお節・焼きあご・昆布・椎茸など国産素材だけを贅沢に使用した芳醇なだしと、滋味豊かなグラノーラが混ざり合い、味わいや食感の変化を時間とともに楽しめます。クセになるこの美味しさを、ぜひ一度お試しあれ。

※取扱い:伊勢丹新宿店、伊勢丹オンラインストア
※販売期間:2018年9月19日(水)~10/2(火)

文: 香取里枝

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は2018年9月19日(水)~10/2(火)の間、伊勢丹新宿店本館地下1階=粋の座/久右衛門にてお取扱いがございます。また、<久右衛門>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

期間限定の甘い幸せ♡ ピエール・エルメの焼きたてヴィノエワズリー

クロワッサン オ ザマンド
クロワッサン オ ザマンド

<ピエール・エルメ・パリ>クロワッサン オ ザマンド (1個/日本製)486円(税込) 

<ピエール・エルメ・パリ>からこの期間、伊勢丹新宿店限定でクロワッサン オ ザマンドがお目見え。クロワッサンの中に、コクのあるくるみと華やかな香りのヘーゼルナッツ風味のアーモンドペーストが入っていて、今まで食べたことのない深みのある味わい! 外はサクサク、中はしっとりした生地の食感も楽しめるところは、さすが“パティスリー界のピカソ”と称される巨匠のヴィノエワズリー。1日2回焼き立てが届けられる、2週間だけのお楽しみです。お見逃しなく!

※取扱い:伊勢丹新宿店
※販売期間:2018年9月19日(水)~ 10月2日(火)、各日平日100点限り、土・日・振替休日各日120点限り
※販売時間:午前10時30分~、午後14時~

文: 松本いく子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2018年9月19日(水)〜10月2日(火)までの期間中、伊勢丹新宿店本館地下1階=グラン アルチザン/ピエール・エルメ・パリにてお取扱いがございます。<ピエール・エルメ・パリ>の商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

優雅なお月見にいかが? <ピエール・エルメ・パリ>のオリジナル月餅(ムーンケーキ)

Assortiment de 4 Mooncakes ムーンケーキ 4個詰合せ
Assortiment de 4 Mooncakes ムーンケーキ 4個詰合せ

<ピエール・エルメ・パリ>Assortiment de 4 Mooncakes ムーンケーキ 4個詰合せ (1箱・要冷蔵/日本製)3,888円(税込)

9月24日は、中国の中秋節。1年でもっとも美しい満月がみられる日として、古くから月餅を食べる習慣があるのだとか。その月餅を、パティスリー界の巨匠、ピエール・エルメが作ったら……。昨年発表して人気を博した「ムーンケーキ」が、今年は伊勢丹新宿店に登場します。風味あふれるローズ入りアーモンドビスキュイ、ライチのパート・ド・フリュイ、フランボワーズの3つが見事に調和する「イスパハン」は、優雅なおいしさにうっとりしてしまいます。ほかに、柚子と抹茶が香る「テベール エ ユズ」、ショコラとプラリネを組み合わせた「プラリネ エ ショコラ」、アーモンドとバニラの香り高い「アンフィニマン ヴァニーユ」の全4種類が1箱に。パリや香港では“お月見”に家族や親しい人と食べる、人気のアイテムなのだとか。満月の夜の手土産にしたら自慢できそう。

※取扱い:伊勢丹新宿店
※販売期間:2018年9月1日(土)~ ※予定数なくなり次第、販売終了

文: 松本いく子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2018年9月1日(土)〜数量限定で、伊勢丹新宿店本館地下1階=グラン アルチザン/ピエール・エルメ・パリにてお取扱いがございます。<ピエール・エルメ・パリ>の商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

海苔のかわりにトマトを巻く!?新感覚のカラフルロール寿司

有職の三色の巻き寿司
有職の三色の巻き寿司

〈有職〉三色の巻き寿司(1折)1,944円

ころんとかわいい三色の巻き寿司。巻かれているのは海苔……かと思いきやなんと野菜のシートなのです! 原材料100%でできているという驚きのこのシート、赤はトマト、緑はほうれん草、薄いオレンジ色は玉ねぎからできているのだそう。シートの力強い野菜の味にフレッシュな具を合わせた味わいは新感覚でクセになりそう。見た目に楽しい、食べてびっくりの巻き寿司は集いの場でも活躍してくれるはず! 手土産に持っていけば話題の的になること間違いなしです。

※取扱い:伊勢丹新宿店
※販売期間:2018年9月19日(水)~10月2日(火)

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=旨の膳/有識にてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

ふわふわのお肉!? 熟成松阪牛ヒレ肉の衝撃

松阪牛専門 麻布日進の三重県産松阪牛 ヒレ肉
松阪牛専門 麻布日進の三重県産松阪牛 ヒレ肉

<松阪牛専門 麻布日進>三重県産松阪牛 ヒレ肉(100g) 6,480円(税込)

焼き肉で「ふわふわ」な食感は未知の領域でした。が、満を持しての「ふわっふわ」です。熟成松阪牛の「ヒレ肉」、100gあたり、なな、なんと6,480円。松阪牛の美味しさを追及する<松阪牛専門 麻布日進>が施すエージングによって、松阪牛のうまみが十二分に引き出されました。そのやわらかな食感は、まさにふわふわ。クセがなくあっさりとした味わいなのに、濃厚なうまみ! 週1ペースで不定期入荷のため、遭遇できた人はぜひ。

取扱い:伊勢丹新宿店
※週1ペースで不定期入荷

文: 斉藤彰子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=フレッシュマーケット/松阪牛専門 麻布日進にてお取扱いがございます。
また、伊勢丹オンラインストアでは松坂牛専門 麻布日進の一部商品をお取扱いしています。

おすすめアイテム一覧へ