Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2021.03.01

フルーツ

【百貨店フルーツ】3月下旬から買える驚き! 春のスペシャルギフト「宮崎完熟マンゴー」の魅力

宮崎完熟マンゴー 果実とカットしたもの

とろりとした食感と濃厚な甘みで人気の高いマンゴー。その魅惑の味わいは、世界三大美果のひとつにも数えられるほど。通常は5~7月の初夏に旬を迎えますが、なんと伊勢丹新宿店では3月の春から、国産の完熟マンゴーが手に入るんです!

そんなスペシャルな国産の完熟マンゴーというのが、今回ご紹介する「宮崎完熟マンゴー」。伊勢丹新宿店の店頭には3月下旬から並ぶというので、その魅力に迫るべく、青果ショップの河野聖店長と、ベジタブル&フルーツマイスターの宮間雅子さんにお話をうかがいました。

三越伊勢丹の旬のフルーツお取り寄せ便はこちら>>

▼「ここがすごいよ百貨店フルーツ」過去記事もチェック!

百貨店フルーツがハイクオリティな3つの理由はこちら>>

これぞ「宮崎完熟マンゴー」! 華やかな見た目はギフトにもぴったり

宮崎完熟マンゴー 果実とカットしたもの

<宮崎県産>「宮崎完熟マンゴー」(1個)2,000〜3,000円(サイズによって変動あり) ※販売期間:3月下旬〜7月下旬
※天候や成育状況により展開時期や価格が変更になる場合があります。

2007年に宮崎県知事になった東国原英夫さんがPRに尽力したことで爆発的に認知度が上がった「宮崎完熟マンゴー」。伊勢丹新宿店では2003年から取り扱いしていますが、未だ人気の衰えないロングセラー商品です。

大きさは2Lサイズで、価格は1個2,000〜3,000円。3月下旬から7月下旬まで販売されます。

「クオリティやおいしさはもちろんですが見た目が華やかで、価格帯もちょうどよいので、お祝い事のギフトとしてのニーズが高い商品。ほかのマンゴーよりも早い時期から販売されるので、ギフトを受け取った相手に『もうマンゴーが食べられるんだ!』というサプライズもお届けできますよ」(宮間さん)

見た目が華やかで、シーズン前から手に入る‪…「宮崎完熟マンゴー」の人気の理由はもちろんそれだけではありません。長年ファンの心をとらえて離さないその味わいの秘密について、詳しく教えてもらいました。

三越伊勢丹オンラインストアで商品をみる>>

【おいしさの秘密】とろける甘みの宮崎完熟マンゴー「ここがすごい!」3つのポイント

宮崎完熟マンゴー樹上

【ここがすごい!その①】自然の力による完熟だから、色あざやか

宮崎完熟マンゴーは、木に実った状態のまま熟成させる栽培方法から、別名「木熟マンゴー」とも呼ばれます。

「木になった状態で熟成させると、味や香りが格段によくなります。真っ赤な見た目の美しさも、完熟マンゴーならではですね」(河野さん)

1984年、宮崎県でマンゴーの栽培が始まった当初は、従来の輸入マンゴーと同じく未熟な状態で収穫し、追熟させる方法を取っていたそう。1987年に確立したこの自然落下栽培は、宮崎県の気候や土壌がマンゴーに適しているからこそできる手法なのだといいます。

「宮崎県独自の栽培方法で、果実にネットをかけてツルにくくりつけ、完熟とともに自然落下するのを待つんです。落下のタイミングはもちろん人間がコントロールできませんし、完熟するまでのあいだ、生産者の方々が手塩にかけて育てています」(河野さん)

【ここがすごい!その②】追熟いらずだから、届いたときが食べごろ

フルーツを買うときの悩みの種といえば、食べごろの見極め方。もちろん店頭で追熟に必要な日数は教えてもらえますが、食べてみたら少し未熟だったり、反対に熟れすぎてしまったりと、うまくいかないこともしばしば。

「宮崎完熟マンゴーは、買ってすぐお召し上がりいただけるのが魅力です。追熟が必要な商品は上手に熟成させられない場合もありますが、このマンゴーは失敗がありません。宮崎県から空輸でもぎたての状態のまま送られてくるのですが、お買い上げ後はぜひ早めにお召し上がりいただきたいですね」(河野さん)

【ここがすごい!その③】唯一無二のとろける甘みがたまらない!

その味わいは、伊勢丹のフルーツバイヤーが「ほかに喩えようがない唯一無二の食味」と太鼓判を押すほど。糖度は15~18度と数値的にも高いのですが、実際の糖度よりも甘く感じられるのだとか。

「ひと言で言えば、濃厚。舌触りがすごくなめらかで、繊維質がほとんど感じられないほどやわらかく、液体のようにとろけます。舌に余韻が長く残るので、甘みが一層強く感じられるんですよ」(宮間さん)

【食べ方】おすすめはそのまま! シャーベットにしても、食後のデザートにお酒と合わせても

マンゴーバラカット

最後に、お二人におすすめの食べ方を聞いてみました。

「マンゴーが好きな方から凍らせてシャーベットにするという食べ方をよく聞きますが、自然な甘さや濃厚な食感を楽しむために、まずは手を加えずにそのまま食べていただきたいですね」(宮間さん)

「実はお酒にも合うんです。ブランデーやウイスキーなどがおすすめですよ」(河野さん)

凍らせたり、スイーツを作ったりしてもおいしそうですが、まずはそのままの味わいや食感を堪能したいところ。マンゴーの切り方はこちらの記事をチェックしてみてください!

自然の力で完熟させ、甘みと香りを最大限に引き出した宮崎完熟マンゴー。ギフトや自分へのご褒美に、伊勢丹新宿店青果ショップで旬を先取りしちゃいましょう!

三越伊勢丹の旬のフルーツお取り寄せ便はこちら>>

▼「ここがすごいよ百貨店フルーツ」過去記事もチェック!

百貨店フルーツがハイクオリティな3つの理由はこちら>>

▼フルーツを上手にカットする方法はこちら!

桃のキレイなむき方 ~<日本橋 千疋屋総本店>のプロが人気フルーツ4種のカットの仕方を教えます

文:木村咲貴

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、三越伊勢丹オンラインストアにてお取扱いがございます。 

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

FOODIE 占い

人気のカテゴリー

閉じる