夏の京都は、祇園祭見て、鱧食べて、ついでに鮎も食べて……が正解!

京都の7月といえば「祇園祭」。5月に行われる「葵祭」、10月に行われる「時代祭」と並ぶ、京の三大祭りと称されています。しかも、日本の三大祭りのひとつ(ほかは東京・神田祭と大阪・天神祭)ともいわれ、まさに京都の代名詞ともいえる祭礼です。ひと月に渡ってさまざまな神事や行事が行われる祇園祭の期間中は、京都をまるごと楽しめる時期でもあります。

祭り期間中は、毎日のように神事が行われる

58_祇園_02

古くは「祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)」と呼ばれていた祇園祭。都に疫病が流行した貞観11年(869)に、疫病退散を祈願し、鉾を立てて祈ったのが始まりとされています。祇園祭というと、山鉾を提灯で飾り、祇園囃子とともに祭りを盛り上げる「宵山」や、長刀鉾を先頭にずらりと並ぶ山鉾が街中を巡行する「山鉾巡行」が特に有名。でも、実はこれ以外にも神事や行事は毎日のように開催されており、ひと月も続く祭り期間中は、いつ行ってもその雰囲気を楽しむことができます。

祭りで厄気を祓って、暑い夏を乗り切る!

夏のお祭りには疫病払いの意味を持つものが多いですが、祇園祭もそれに漏れず、祭りの最終日7月31日には「疫神社夏越祭(えきじんじゃなごしまつり)」が行われます。これは神社の境内に置かれた大きな茅(ちがや)の輪を作法にそってくぐり、穢れを祓う神事です。茅には堅い地表を破って芽を出すほどの生命力があり、その力にあやかろうと、お祭りになったとか。厄気を祓えば、暑い夏を健やかに過ごせるかも!? 祇園祭はまさにパワーチャージの祭りなのです。

祇園祭のときは「キュウリは食べない」の不思議

夏の京都は、祇園祭見て、鱧食べて、ついでに鮎も食べて……が正解!_03

さて、祇園祭はどこの神社のお祭りか? と改めて尋ねられたら返答につまる方もいるのではないでしょうか。答えは、八坂神社。地元では「祇園さん」とも呼ばれている神社で、八岐大蛇(やまたのおろち)伝説で有名な素戔嗚尊(すさのおのみこと)や櫛稲田姫命(くしなだひめのみこと)などが祀られています。神社の神紋は「五瓜(ごか)に唐花(からはな)」。キュウリの断面に形に似ていることから、祭期間中は、恐れ多いということで氏子さんはキュウリを口にしないそう。祇園祭にはさまざまなしきたりが継がれていますが、担い手たちは形式だけでなく、精神的にも伝統を敬っているんですね。

鱧もいいけれど、鮎もいい!

58_祇園_04

祇園祭は、別名「鱧祭り」とも呼ばれているお祭り。脂がのっていて、1年を通じてもっともおいしい鱧の時期と祇園祭の時期が一致していたため、このお祭りには欠かせない料理となったそう。また、実は鮎も夏の京都を代表する食材です。芸妓さんや舞妓さんは、お座敷でお客さまのために鮎の身をほぐしてシュルシュル〜ッと骨抜きをして差し上げるそうで、骨がきれいに抜けると「今日はツイている」なんて密かに思うとか。祇園祭を楽しみつつ、鱧や鮎にも舌鼓。京都の夏は、目と舌で楽しめる最高の季節です。

写真:Thinkstock/GettyImages
参考/『おりおりに和暦のあるくらし』

文: 梶原知恵

商品の取扱いについて

日本各地のおいしいものが集合!伊勢丹バイヤーズセレクション「全国おとりよせグルメ」はこちら

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. ロングセラーには理由がある! 世代を越えて愛される名スイーツ5選
  2. 半熟も固焼きも完璧!「目玉焼き」を好みの加減に仕上げるシェフのテクニック
  3. バイヤー直伝レシピ! コンソメいらずの絶品ポトフ
  4. 夢のコラボ! フロマジュリー・ヒサダ×モロゾフのプレミアムなチーズケーキ
  5. 「自分買い」するならコレ! 絶品ハロウィンスイーツ6選

秋グルメの最高峰!? トリュフ香る贅沢スープ

カフェプルニエパリのクリームスープ バゲット付
カフェプルニエパリのクリームスープ バゲット付

<カフェ プルニエ パリ>クリームスープ フレッシュトリュフを添えて 3,240 円(税込)

パリ・マドレーヌにあるカフェレストラン<カフェ プルニエ>の日本第一号店が、2018年10月5日(金)に伊勢丹新宿店にオープン! ぜひとも味わいたい季節限定メニューがこのスープ。イタリア産フレッシュ黒トリュフと、フォアグラを贅沢に使った一品です。添えられたエディアールのバゲットに、卵黄を溶かしたスープをたっぷりとしみ込ませれば、さらに美味しさ倍増! スープボウルから立ち上るスライストリュフの香りと、濃厚なフォアグラ、クリームスープが三位一体となって醸し出す、美食体験をぜひ!

※取扱い:伊勢丹新宿店
※販売期間:10月17日(水)~31日(水)

文: 原口りう子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。またピエール・エルメ・パリの商品の一部は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

1粒300円超え! 地味だけど唸る美味しさ

ぼうだい本舗の露渋栗
ぼうだい本舗の露渋栗

<ぼうだい本舗>露渋栗(1個入り) 335円(税込)

京都の老舗甘納豆店<ぼうだい本舗>の「露渋栗」は、なんと1粒300円を越える高級和風グラッセ。ちょっとしたケーキほどのお値段ですが食べてみれば納得。口の中に広がる上品な味わいは、熊本県産の和栗本来の甘さ。濃いめのほうじ茶と一緒に食べれば、至福の瞬間が訪れます。素材の味を生かす丁寧な仕事に、食通のあの人も唸るはず。ここぞというときの手土産におすすめです。

※取扱い:伊勢丹新宿店

文: 嘉藤美保子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味/名匠銘菓にてお取扱いがございます。 
また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まるでお茶漬け!? だしで食べる和風グラノーラ

久右衛門のだしで食べるグラノーラセット
久右衛門のだしで食べるグラノーラセット

<久右衛門>だしで食べるグラノーラセット(1セット/グラノーラ200g・久右衛門だし×5包)1,685円(税込)

新感覚のグラノーラが<久右衛門>から登場しました。大麦をベースに、大豆、そば、えのき茸、くるみを加え、味噌で焼き上げた国産素材の和風グラノーラ。ここに、だしパック「久右衛門だし」で抽出した相性抜群のだしをかけていただきます。いわし煮干し・かつお節・焼きあご・昆布・椎茸など国産素材だけを贅沢に使用した芳醇なだしと、滋味豊かなグラノーラが混ざり合い、味わいや食感の変化を時間とともに楽しめます。クセになるこの美味しさを、ぜひ一度お試しあれ。

※取扱い:伊勢丹新宿店、伊勢丹オンラインストア
※販売期間:2018年9月19日(水)~10/2(火)

文: 香取里枝

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は2018年9月19日(水)~10/2(火)の間、伊勢丹新宿店本館地下1階=粋の座/久右衛門にてお取扱いがございます。また、<久右衛門>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

期間限定の甘い幸せ♡ ピエール・エルメの焼きたてヴィノエワズリー

クロワッサン オ ザマンド
クロワッサン オ ザマンド

<ピエール・エルメ・パリ>クロワッサン オ ザマンド (1個/日本製)486円(税込) 

<ピエール・エルメ・パリ>からこの期間、伊勢丹新宿店限定でクロワッサン オ ザマンドがお目見え。クロワッサンの中に、コクのあるくるみと華やかな香りのヘーゼルナッツ風味のアーモンドペーストが入っていて、今まで食べたことのない深みのある味わい! 外はサクサク、中はしっとりした生地の食感も楽しめるところは、さすが“パティスリー界のピカソ”と称される巨匠のヴィノエワズリー。1日2回焼き立てが届けられる、2週間だけのお楽しみです。お見逃しなく!

※取扱い:伊勢丹新宿店
※販売期間:2018年9月19日(水)~ 10月2日(火)、各日平日100点限り、土・日・振替休日各日120点限り
※販売時間:午前10時30分~、午後14時~

文: 松本いく子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2018年9月19日(水)〜10月2日(火)までの期間中、伊勢丹新宿店本館地下1階=グラン アルチザン/ピエール・エルメ・パリにてお取扱いがございます。<ピエール・エルメ・パリ>の商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

優雅なお月見にいかが? <ピエール・エルメ・パリ>のオリジナル月餅(ムーンケーキ)

Assortiment de 4 Mooncakes ムーンケーキ 4個詰合せ
Assortiment de 4 Mooncakes ムーンケーキ 4個詰合せ

<ピエール・エルメ・パリ>Assortiment de 4 Mooncakes ムーンケーキ 4個詰合せ (1箱・要冷蔵/日本製)3,888円(税込)

9月24日は、中国の中秋節。1年でもっとも美しい満月がみられる日として、古くから月餅を食べる習慣があるのだとか。その月餅を、パティスリー界の巨匠、ピエール・エルメが作ったら……。昨年発表して人気を博した「ムーンケーキ」が、今年は伊勢丹新宿店に登場します。風味あふれるローズ入りアーモンドビスキュイ、ライチのパート・ド・フリュイ、フランボワーズの3つが見事に調和する「イスパハン」は、優雅なおいしさにうっとりしてしまいます。ほかに、柚子と抹茶が香る「テベール エ ユズ」、ショコラとプラリネを組み合わせた「プラリネ エ ショコラ」、アーモンドとバニラの香り高い「アンフィニマン ヴァニーユ」の全4種類が1箱に。パリや香港では“お月見”に家族や親しい人と食べる、人気のアイテムなのだとか。満月の夜の手土産にしたら自慢できそう。

※取扱い:伊勢丹新宿店
※販売期間:2018年9月1日(土)~ ※予定数なくなり次第、販売終了

文: 松本いく子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2018年9月1日(土)〜数量限定で、伊勢丹新宿店本館地下1階=グラン アルチザン/ピエール・エルメ・パリにてお取扱いがございます。<ピエール・エルメ・パリ>の商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ