Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2021.05.25

【三越伊勢丹】父の日ギフトにおすすめのうなぎ通販6選。夏に食べたいスタミナ食にも見逃せない!

夏のごちそうといえば「うなぎ」! 栄養価が高く贅沢気分も味わえるうなぎは、土用の丑の日(2021年は7月28日のみ)のみならず、贈り物としても最適なグルメです。

実は三越伊勢丹オンラインサイトでは、毎年、父の日(2021年は6月20日)が近づくにつれてうなぎの人気がぐっと上がり、父の日のギフトに利用する人が増えるそうです。

そこで三越伊勢丹オンラインストアで購入できる銘店のうなぎ料理の中から、蒲焼きや白焼き6品をバイヤーが厳選してご紹介します。それぞれの店を見ると、産地のこだわり、さばき方や焼き方、タレの味付けなどに個性あり!

なかなか会うことのできないご両親にも、オンラインストアで注文すれば手軽に贈ることができるので、この機会にチェックを!

三越伊勢丹の父の日2021はこちら>>

伊勢丹が提案!父の日に贈りたい美味しいものはこちら>>

【蒲焼き】<味の浜藤>職人の手作業が生む、ふっくらやわらかな蒲焼き

<味の浜藤>うなぎ蒲焼(国内産長焼)

<味の浜藤>うなぎ蒲焼(国内産長焼)(120g×1尾) 3,996円(税込) ※販売期間:2021年5月12日(水)〜6月13日(日)午前10時

東京・築地で創業以来、90余年の歴史を刻む和惣菜専門店<味の浜藤>。「うなぎ蒲焼」は、主に宮崎、鹿児島、静岡、愛知の4県で養殖されたうなぎの中から、形や大きさを基準に選定。静岡の大井川流域の地下水でしっかりと泥抜きし、熟練の職人によってさばかれます。そのとき、ヒレやエラ骨はもちろん、こまかな小骨まで丁寧に取り除くというから驚きです!

白焼きにしてから蒸して余計な脂を落とし、強火の遠火で芯まで焼いたうなぎは、肉厚ながらふっくらやわらか。三度づけするというタレは、しょうゆ、みりん、砂糖を使用。親しみやすい甘めの味付けに仕上げています。

そのままはもちろん、タレをごはんになじませて、一口大に切った蒲焼きと刻みのり・ねぎを合わせた「うなぎ混ぜごはん」もおすすめだそう!

三越伊勢丹オンラインストアで商品を見る>>

【蒲焼き】<浜名湖山吹>うなぎの故郷・浜名湖畔から届く、貴重な長焼き

<浜名湖山吹>長焼3本入りセット(真空パック)

<浜名湖山吹>長焼3本入りセット(真空パック)(110g×3尾) 9,396円(税込) ※販売期間:2021年5月12日(水)〜6月13日(日)午前10時

うなぎ養殖発祥の地・静岡県浜名湖畔にあるうなぎ専門店<浜名湖山吹>の蒲焼は、井戸水でうなぎを数日間生かし、素材そのもののおいしさを引き出すところからスタート。

割きの段階でヒレとむこう骨(=背についた小骨)をすべて取り除くことで、ざらつき感をなくしてソフトな口当たりに。ふんわりととろけるような舌触りを追求するため深蒸しにし、余分な脂が落とされたたうなぎは、素材そのものの旨みがギュッと凝縮されています。

創業以来つぎ足して使い続けているタレは、なんとうなぎのエキス(頭や骨で取っただし)入り! オリジナルブレンドのみりんしょうゆがベースのタレは、まろやかな味わいで、香ばしく焼き上げたうなぎの風味を存分に引き立てています。うなぎ一匹分の姿焼きは珍しく、ギフトとしても喜ばれること間違いなし!

三越伊勢丹オンラインストアで商品を見る>>

【蒲焼き】<魚勢>炭火でじっくり焼き上げた格別の香ばしさ!

<魚勢>手焼きうなぎ長焼き

<魚勢>手焼きうなぎ長焼き(養殖120g×2尾) 7,560円(税込) ※販売期間:2021年5月12日(水)〜6月13日(日)午前10時、限定100セット

全国の名産地から品質や鮮度にこだわった魚加工品を集める<魚勢>。「手焼きうなぎ長焼き」に使われる九州産のうなぎは、5名以上で行う入荷時の検査で「身側と皮側のかたさ・匂い・骨」について独自の基準を掲げ、クリアしたものだけを使用するという徹底ぶり!

さらに、おいしさの一番の決め手は“焼き”。炭火を使い、職人が長い時間をかけてじっくりと焼き上げています。口に入れたときにふわっと広がる香ばしさは、焼きの高い技術があってこそです。タレはうなぎ本来の味を活かすために、丸大豆しょうゆを主原料にしたシンプルな配合。うなぎの持つ旨みと炭焼きの香ばしさが相まって、酒の肴にもぴったりの一品です。

三越伊勢丹オンラインストアで商品を見る>>

【蒲焼き】<つきじ宮川本廛>うなぎ本来の味わいを活かす職人の熟練技が光る!

<つきじ宮川本廛>うなぎ蒲焼

<つきじ宮川本廛>うなぎ蒲焼(約80g×3枚、タレ・山椒×3) 7,344円(税込) ※販売期間:2021年5月12日(水)〜6月13日(日)午前10時

明治26年に東京・築地にて創業以来、うなぎ一筋で勝負してきた銘店が手がける蒲焼きがこちら! うなぎは宮崎、愛知、鹿児島から仕入れたものを使用。20年以上の経験を持つ職人が一枚ずつ丁寧にさばき、串打ちしたあと、白焼きにしてからじっくりと蒸し上げます。うなぎの個体差を見抜き、蒸し時間や白焼きの火入れを絶妙に調整しているのだそう。

秘伝のタレは、うなぎ本来の味わいを生かすよう甘みが抑えめ。余分な脂を落とす焼き方も相まって、さっぱりといただけるので、赤ワインなどの洋酒とも好相性です! 手作業で包まれた特別な真空パックで届くので、電子レンジで温めるだけでおうちでもふっくらと仕上がりますよ。

三越伊勢丹オンラインストアで商品を見る>>

【蒲焼き・白焼き】<ての字>江戸時代から受け継がれるふわとろ食感! 蒲焼き・白焼きで食べ比べ

<ての字>国産鰻蒲焼・白焼セット

<ての字>国産鰻蒲焼・白焼セット(蒲焼100g×2、白焼120g×2、タレ・山椒×2、吸物×4) 10,800円(税込) ※販売期間:2021年5月12日(水)〜6月13日(日)午前10時

文政10(1827)年創業の<ての字>は、江戸時代から東京でうなぎ料理を受け継いできた老舗。うなぎは産地に頼るのではなく、生産者名のわかる良質なうなぎだけを仕入れ、割き、串打ち、白焼き、蒸し、蒲焼きまでの工程を、それぞれの職人が担当。とりわけ白焼きと蒸しの加減に関わる串打ちは、一枚ずつ丁寧に行なっているそう。ふわっとろっな焼き上がりは、まさに熟練した職人のなせる技です!

タレは、しょうゆ、みりん、砂糖、水だけを使用。江戸前の粋を感じさせるすっきりとした味わいで、日本酒や洋酒にもよく合います。素材の旨みを堪能できる白焼きとセットになっているので、食べ比べを楽しんで。

三越伊勢丹オンラインストアで商品を見る>>

【蒲焼き・白焼き】<成田 菊屋>参拝客に長年愛されてきた、濃厚な味わい

<成田 菊屋>国産鰻蒲焼、白焼セット

<成田 菊屋>国産鰻蒲焼、白焼セット(蒲焼65g×2パック、白焼65g×2パック、たれ・山椒×各4袋付) 8,601円(税込) ※販売期間:2021年5月12日(水)〜6月13日(日)午前10時

千葉・成田山門前に店を構え、成田詣のお客さまに親しまれて続けてきた<成田 菊屋>。一番人気のうなぎの蒲焼きは、利根川で水揚げされた稚魚を日本国内の養鰻場に預け、理想的な環境で大切に育てられたもののみを使用。職人が白焼きにして蒸したあと本焼きをすることで、余分な脂が落ちて燻され、香り高く仕上がるのだそう。

蒲焼きのタレは、しょうゆ、砂糖、みりんを煮詰め、昔ながらの濃いめの味わい。白焼きはわさびじょうゆでさっぱりといただくのがおすすめです。オンラインストア限定で一尾を半身ずつパックしているので、食べたい分だけ開封できるのもうれしいですね。

三越伊勢丹オンラインストアで商品を見る>>

素材の吟味に始まり、さばき方や焼き、タレと、それぞれのこだわりが光るうなぎの数々。おうちで簡単にお店の味が楽しめるとあって、お取り寄せにもGOOD! 今年は父の日に、感謝の気持ちを込めてうなぎ料理を贈ってみてはいかがでしょうか。

三越伊勢丹の父の日2021はこちら>>

伊勢丹が提案!父の日に贈りたい美味しいものはこちら>>

文:末吉陽子

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、三越伊勢丹オンラインストアにてお取扱いがございます。 

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

FOODIE 占い

人気のカテゴリー

閉じる