Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2017.10.15

読み物・コラム

ピルスナー? ペールエール? IPA? すぐわかるクラフトビールのスタイル早見表

ペールエール、IPA、ピルスナー……、クラフトビールの各スタイルの特徴、なかなか覚えられない、ピンとこない、というビールファンも多いのではないでしょうか。そこで、なかでも有名な銘柄を例に、代表的な6スタイルの特徴をあらためてまとめてみました。ボトルのイメージとともに、「ペールエール? あ、あのビールの味か」と、お店で選ぶ際の参考にしてください!

【スタイル①】さわやかな喉越しの「ピルスナー」

代表銘柄:<湘南ビール>「ピルスナー」

湘南ビールのピルスナーの瓶と注いだグラス

淡めの黄金色
苦味 スパッとキレのある苦味(ただし苦みの強さは銘柄による)
香り すっきり爽やかな麦芽の香り
発祥国 チェコ

日本の大手ビールメーカー各社の代表的なスタイルで、日本人が飲みなれた味。よく冷やして、爽快な喉越しを楽しむスタイルです。

さわやかさに加え、豊かな香りも備えた<湘南ビール>の「ピルスナー」

ピルスナーらしい軽やかなホップの苦味が立ちながらも、麦芽の香ばしさも備えた1本。モルト本来の甘みが絶妙なバランスを織りなしています。

<神奈川県/湘南ビール>ピルスナー(300ml) 540円(税込)

【スタイル②】苦み、香りが繊細な「ペールエール」

代表銘柄:<常陸野ネスト>「ペールエール」

常陸野ネストのペールエールの瓶と注いだグラス

赤褐色のものが多い(なかにはピルスナーのような黄金色もある)
苦味 銘柄によって異なる
香り 麦芽の香ばしさ、ホップの華やかな香り(ピルスナーに比べ、複雑な香り)
発祥国 イギリス

パブの定番スタイル。飲みなれたピルスナーに比べると、苦みや香りに奥深さを感じます。冷やして飲むピルスナーとは異なり、10〜13℃程度の温度で、繊細な香りを楽しむのがおすすめです。

香ばしさと華やかさが調和する<常陸野ネスト>の「ペールエール」

フクロウラベルの<常陸野ネスト>は、日本のみならずアメリカなどの海外でも人気の高いメーカー。「ペールエール」は、本場英国式の方法で醸造。アロマホップの華やかな香りと、繊細な苦みが特徴です。

<常陸野ネスト>ペールエール(330ml) 411円(税込)

【スタイル③】強烈な苦味がインパクト大!「IPA」

代表銘柄:<箕面ビール>「W-IPA」

箕面ビールのW-IPAの瓶と注いだグラス

銅のような明るめの琥珀色
苦味 ガツンとくる強烈な苦味
香り 濃厚なホップの香りに加え、柑橘系の爽やかな香りも
発祥国 イギリス

IPA=インディア・ペールエールで、ペールエールの一種。非常に強い苦味に加え、味わいも辛口で、インパクトの強いスタイルです。

落ち着いた苦味で飲みやすい<箕面ビール>の「W-IPA」

王冠についた『おさる』のマークが印象的な<箕面ビール>の「W-IPA」。一般的なビールの倍以上の麦芽とホップを使い、濃厚な苦味を表現しています。カスケードホップの柑橘系アロマが絶妙なバランスで、初めての人でも飲みやすい1本。

<箕面ビール>「W-IPA」(330ml) 594円(税込)

【スタイル④】香り高くマイルドな「ホワイトビール」

代表銘柄:<常陸野ネスト>「ホワイトエール」

常陸野ネストのホワイトエールの瓶と注いだグラス

白い靄がかかったような薄黄色
苦味 苦味は弱く、優しい味わい
香り コリアンダーなどの香辛料が使われ、個性的な香り
発祥国 ベルギー

ベルギースタイルの「白ビール」。一般的なビールの原料である大麦ではなく小麦で作られます。苦味はマイルドで、なめらかな口あたりが特徴です。

香りは個性的、でも味わいは優しい<常陸野ネスト>の「ホワイトエール」

国内外で人気の<常陸野ネスト>の「ホワイトエール」。香り付けにコリアンダーやオレンジピールなどを加えることで、個性的な香りを表現しつつ、小麦により穏やかな味わいに仕上げています。

<常陸野ネスト>ホワイトエール(330ml) 400円(税込)

【スタイル⑤】バナナのように濃厚。「ヴァイツェン」

代表銘柄:<富士桜高原麦酒>「ヴァイツェン」

富士桜高原麦酒のヴァイツェンの瓶と注いだグラス

白い靄がかかったような薄黄色
苦味 ほとんどなし
香り バナナを思わせるフルーティで濃厚な香り
発祥国 ドイツ

ドイツスタイルの「白ビール」の1つ。原料の50%以上が小麦。華やかな香りと、まろやかな味わいが特徴で、ビールが苦手という人にもおすすめできるスタイルです。

バナナのような甘い香り。<富士桜高原麦酒>の「ヴァイツェン」

山梨県河口湖の良質な軟水を使いビールを醸造する<富士桜高原麦酒>の「ヴァイツェン」。苦味がほとんどなく、フルーティな香りと滑らかな舌触りは、ヴァイツェンスタイルを代表する1本です。

<富士桜高原麦酒>「ヴァイツェン」(330ml) 476円(税込)

【スタイル⑥】スモーキーな個性派「ラオホ」

代表銘柄:<富士桜高原麦酒>「ラオホ」

富士桜高原麦酒のラオホの瓶と注いだグラス

濃い茶色
苦味 弱め
香り ブナの木をスモークした燻製香
発祥国 ドイツ

燻製させた麦芽を原料とし、スモーキーな香りが最大の特徴。食中酒に向いており、特にスモークサーモンなどの燻製食品などとの相性は抜群です。

完成度が高く、和食とも相性のよい<富士桜高原麦酒>の「ラオホ」

<富士桜高原麦酒>の「ラオホ」は、ブナのチップで麦芽を燻製して、モルトにスモークフレーバーを閉じ込めた「燻製ビール」。グラスに注いだ瞬間に広がる清々しい燻製の香りと、やさしい甘みが味わえます。燻製食品はもちろん、かつおのたたきなどともよく合います。

<富士桜高原麦酒>「ラオホ」(330ml) 476円(税込)

好みのスタイルは見つかりましたか? 代表的なスタイルを理解すれば、クラフトビールの世界がもっと広がるはず。まずはお気に入りのスタイルを1つ覚えるところからスタートしてみてください。

文: 田山康一郎

撮影:岡田一也
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。
※未成年の飲酒は、法律で禁止されています。

バイヤー・スタイリスト / 倉友桐
伊勢丹新宿店・和酒担当。職場の明るいムードメーカー。趣味は、下町の居酒屋で1人飲み。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=粋の座/和酒にてお取扱いがございます。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。