FOOD&COMPANY 外観

東急東横線・学芸大学駅前の商店街を抜けたところに、1軒のグローサリーストアがあります。一見、普通のお店のようですが、中からはなぜか楽しそうな笑い声が……。一体何が行われているのでしょう? 編集部がおじゃましました。

コンセプトは「きっかけをつくるグローサリーストア」

出迎えてくれたのは、笑顔が素敵な取締役の谷田部さん。さっそく、ここはどんなお店なのかをうかがいました。

「『FOOD&COMPANY』のコンセプトは「きっかけをつくるグローサリーストア」です。ただ食品を売るだけではなく、食に関する未知の知識や、新しい考え方を提供する場にしたいと考えています。その取組みのひとつが店内でイベントを開催すること。ワークショップや食事会を開くことで、お客さま同士が知り合えたり、初めての味を体験できたりと何かを『知る』『考える』きっかけを提供していきたいと考えています」

珍しい食との出合いに、初対面同士が和気あいあい

「FOOD&COMPANY」 イベントの様子

この日、店内で行われていたのはクスクスを囲んでの食事会。料理研究家の口尾麻美さんとアフリカンレストラン「ロス・バルバドス」の店主・上川真弓さんが北アフリカの極小パスタ・クスクスについて説明をしながら、料理を提供していました。参加者は初めて見る料理や調理器具に興味津々。蒸しあげられたクスクスをほぐしたり、スープを取り分けたりしながら異国へ思いを馳せていました。

クスクスをほぐす クスクスを食べる男の子

6歳の息子さんと一緒に参加されていた八巻さんは、料理に関する本を作る仕事をしているそう。今回は情報を集めるために参加したんだとか。この街が大好きでときどき買物に来るという20代の女性、鵜川さんはクスクスの作り方を知りたくて来店。モロッコ料理で使う特殊な鍋に関心を寄せています。

買物を楽しめれば、日常にもっと幸せは増える

「FOOD&COMPANY」の谷田部さん

どうして「きっかけをつくる」店をつくりたいと考えたのでしょう。

「買物という体験そのものを楽しんでいただける店を目指したいと思ったんです。ニューヨークに滞在していたとき、グローサリーストアでのひとときがすごく楽しかった。それはその空間が少しおしゃれだったり、店員さんとのコミュニケーションがあったりして毎日さまざまな発見があったからです。食品を買うというなんでもない日常の行為がちょっと楽しくなったら、日常にもっと幸せが増えると思うんですよね」

食事をするときのシンプルな幸福感を大切にしたい

以前は国際開発事業に携わっていたという谷田部さんは、さまざまな国の支援をする中で「本当の豊かさとは何か」を考えたのだそうです。

「家族や友人が集まって食事をしたり、おしゃべりをしたりするときに感じる幸福感が人にとっては本当に大切なことだと感じました」

「美味しい!」という食の感動は人の緊張を緩め、心を通わすのに役立つと考えた谷田部さん。同じくアパレル系の有名企業に勤めていた現在の旦那さんとともに、食から人々の日常を変えていくためのお店として「FOOD&COMPANY」を設立しました。

信頼できる生産者が作ったものを食卓へ

谷田部さんたちの考える、日常変革の重要なキーワードである「食」。「FOOD&COMPANY」の商品選びには、日々の食事を大切にするためのこだわりが反映されています。

「安全であること、環境に負荷をかけないことは商品を選ぶうえでの重要な基準です。安全でなければ楽しい食事はできませんから。自信をもって手渡せるものを取り揃えたいと考えています」

「HAPPY NUTS DAY」

おすすめは九十九里のピーナッツと塩、てんさい糖だけを使った「HAPPY NUTS DAY」。「ナッツの濃厚な味を楽しめるピーナッツバターです。粒入りはとくに美味です」

生鮮食品

生鮮食品は「旬のものであること」「オーガニック」であることも大切にしています。

「できる限り、生産者や製造の背景がわかるものだけを入荷しています。生産者の思いや食品の背景を伝えたくて、商品にはうるさくならない程度にPOPをつけています。この先はもっとたくさんの生産者に会って、もっとたくさんのメッセージを伝えられるようになりたいです」

毎日欠かすことのできない「食」から、人々の日常を少しずつ変えようとしている谷田部さんたち。やさしく穏やかな革命は今日も住宅街の街角で進行しています。

『FOOD&COMPANY』
東京都目黒区鷹番にあるグローサリーストア。取締役の谷田部さんたちが自らの手で選んだ信頼できる食品ばかりを扱っている。店内では不定期的にイベントを開催。さまざまな人、物、コトが混じりあう空間となっている。

文: 大川祥子

写真:FUTOSHI
※本記事でご紹介しているアイテムは、三越伊勢丹でのお取扱はございません。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. ロングセラーには理由がある! 世代を越えて愛される名スイーツ5選
  2. 半熟も固焼きも完璧!「目玉焼き」を好みの加減に仕上げるシェフのテクニック
  3. バイヤー直伝レシピ! コンソメいらずの絶品ポトフ
  4. 栗好きにはたまらない! 栗がごろっと入った秋限定スイーツ
  5. 「自分買い」するならコレ! 絶品ハロウィンスイーツ6選

秋グルメの最高峰!? トリュフ香る贅沢スープ

カフェプルニエパリのクリームスープ バゲット付
カフェプルニエパリのクリームスープ バゲット付

<カフェ プルニエ パリ>クリームスープ フレッシュトリュフを添えて 3,240 円(税込)

パリ・マドレーヌにあるカフェレストラン<カフェ プルニエ>の日本第一号店が、2018年10月5日(金)に伊勢丹新宿店にオープン! ぜひとも味わいたい季節限定メニューがこのスープ。イタリア産フレッシュ黒トリュフと、フォアグラを贅沢に使った一品です。添えられたエディアールのバゲットに、卵黄を溶かしたスープをたっぷりとしみ込ませれば、さらに美味しさ倍増! スープボウルから立ち上るスライストリュフの香りと、濃厚なフォアグラ、クリームスープが三位一体となって醸し出す、美食体験をぜひ!

※取扱い:伊勢丹新宿店
※販売期間:10月17日(水)~31日(水)

文: 原口りう子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=プラ ド エピスリーにてお取扱いがございます。またピエール・エルメ・パリの商品の一部は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

1粒300円超え! 地味だけど唸る美味しさ

ぼうだい本舗の露渋栗
ぼうだい本舗の露渋栗

<ぼうだい本舗>露渋栗(1個入り) 335円(税込)

京都の老舗甘納豆店<ぼうだい本舗>の「露渋栗」は、なんと1粒300円を越える高級和風グラッセ。ちょっとしたケーキほどのお値段ですが食べてみれば納得。口の中に広がる上品な味わいは、熊本県産の和栗本来の甘さ。濃いめのほうじ茶と一緒に食べれば、至福の瞬間が訪れます。素材の味を生かす丁寧な仕事に、食通のあの人も唸るはず。ここぞというときの手土産におすすめです。

※取扱い:伊勢丹新宿店

文: 嘉藤美保子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味/名匠銘菓にてお取扱いがございます。 
また、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

まるでお茶漬け!? だしで食べる和風グラノーラ

久右衛門のだしで食べるグラノーラセット
久右衛門のだしで食べるグラノーラセット

<久右衛門>だしで食べるグラノーラセット(1セット/グラノーラ200g・久右衛門だし×5包)1,685円(税込)

新感覚のグラノーラが<久右衛門>から登場しました。大麦をベースに、大豆、そば、えのき茸、くるみを加え、味噌で焼き上げた国産素材の和風グラノーラ。ここに、だしパック「久右衛門だし」で抽出した相性抜群のだしをかけていただきます。いわし煮干し・かつお節・焼きあご・昆布・椎茸など国産素材だけを贅沢に使用した芳醇なだしと、滋味豊かなグラノーラが混ざり合い、味わいや食感の変化を時間とともに楽しめます。クセになるこの美味しさを、ぜひ一度お試しあれ。

※取扱い:伊勢丹新宿店、伊勢丹オンラインストア
※販売期間:2018年9月19日(水)~10/2(火)

文: 香取里枝

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は2018年9月19日(水)~10/2(火)の間、伊勢丹新宿店本館地下1階=粋の座/久右衛門にてお取扱いがございます。また、<久右衛門>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

期間限定の甘い幸せ♡ ピエール・エルメの焼きたてヴィノエワズリー

クロワッサン オ ザマンド
クロワッサン オ ザマンド

<ピエール・エルメ・パリ>クロワッサン オ ザマンド (1個/日本製)486円(税込) 

<ピエール・エルメ・パリ>からこの期間、伊勢丹新宿店限定でクロワッサン オ ザマンドがお目見え。クロワッサンの中に、コクのあるくるみと華やかな香りのヘーゼルナッツ風味のアーモンドペーストが入っていて、今まで食べたことのない深みのある味わい! 外はサクサク、中はしっとりした生地の食感も楽しめるところは、さすが“パティスリー界のピカソ”と称される巨匠のヴィノエワズリー。1日2回焼き立てが届けられる、2週間だけのお楽しみです。お見逃しなく!

※取扱い:伊勢丹新宿店
※販売期間:2018年9月19日(水)~ 10月2日(火)、各日平日100点限り、土・日・振替休日各日120点限り
※販売時間:午前10時30分~、午後14時~

文: 松本いく子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2018年9月19日(水)〜10月2日(火)までの期間中、伊勢丹新宿店本館地下1階=グラン アルチザン/ピエール・エルメ・パリにてお取扱いがございます。<ピエール・エルメ・パリ>の商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

優雅なお月見にいかが? <ピエール・エルメ・パリ>のオリジナル月餅(ムーンケーキ)

Assortiment de 4 Mooncakes ムーンケーキ 4個詰合せ
Assortiment de 4 Mooncakes ムーンケーキ 4個詰合せ

<ピエール・エルメ・パリ>Assortiment de 4 Mooncakes ムーンケーキ 4個詰合せ (1箱・要冷蔵/日本製)3,888円(税込)

9月24日は、中国の中秋節。1年でもっとも美しい満月がみられる日として、古くから月餅を食べる習慣があるのだとか。その月餅を、パティスリー界の巨匠、ピエール・エルメが作ったら……。昨年発表して人気を博した「ムーンケーキ」が、今年は伊勢丹新宿店に登場します。風味あふれるローズ入りアーモンドビスキュイ、ライチのパート・ド・フリュイ、フランボワーズの3つが見事に調和する「イスパハン」は、優雅なおいしさにうっとりしてしまいます。ほかに、柚子と抹茶が香る「テベール エ ユズ」、ショコラとプラリネを組み合わせた「プラリネ エ ショコラ」、アーモンドとバニラの香り高い「アンフィニマン ヴァニーユ」の全4種類が1箱に。パリや香港では“お月見”に家族や親しい人と食べる、人気のアイテムなのだとか。満月の夜の手土産にしたら自慢できそう。

※取扱い:伊勢丹新宿店
※販売期間:2018年9月1日(土)~ ※予定数なくなり次第、販売終了

文: 松本いく子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2018年9月1日(土)〜数量限定で、伊勢丹新宿店本館地下1階=グラン アルチザン/ピエール・エルメ・パリにてお取扱いがございます。<ピエール・エルメ・パリ>の商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ