Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2015.09.16

おすすめアイテム

バルミューダのトースターが生み出す極上の1枚! その驚きの性能とは!?

日進月歩の進化を遂げている家電業界。今回注目したのは、「パンをおいしく焼く」ことに特化した『BALMUDA The Toaster』。聞くところによると、市販のパンを極上の美味に昇華させるその圧倒的なスペックは、「キング・オブ・トースター」と呼ぶに相応しいクオリティらしいのです。

「すでにトースターをお持ちの方にとって、新しいものを購入する優先度は高くないでしょう。でも、パン専用機だからこそ出せる、パンのうまみを最大限に引き出した『本当のパンのおいしさ』を、是非一度体験してほしい」と語るのは、バルミューダキッチンチームの木下直子さん。

中のパンは、焼く前の柔らかさをしっとりと残しつつ、表面はサクサクの歯ごたえに。さらに、食パンだけでなく、バケットやクロワッサンなどパンの種類に応じた焼き分けで、おいしさを引き出す……そんな、職人的なディテールワークと、パン食にかける熱い想いが詰め込まれたトースターの秘密を探ってみました!

トースターの秘密は「温度制御」と「スチーム」にあり

ここがスゴい! ① 庫内や部屋の温度に合わせ、1秒おきの温度制御

「当社のトースターは、細やかな焼き加減を可能とするための『温度制御機能』が最大の特徴です。季節で大きく異なる庫内の温度をセンサーで判断し、ヒーターの点灯を調整して最適な温度にキープします」

1枚目を焼き終えた後に2枚目を続けて焼く場合にも、余熱をしっかりとコントロールしてくれるので、どんな状況でもおいしいパンを焼きあげることが出来るのだとか。

ここがスゴい! ② 5ccの水でスチームを発生させ、外はサックリ、中はフンワリした歯応えに

BALMUDA The Toasterの特徴はスチームと温度制御

「パンを焼く前に、まず給水口に5ccの水を入れます。 運転が始まるとスチームが庫内に充満し、パンの表面は薄い水分の膜で覆われます。水分は気体よりも速く加熱されるため、パンの表面だけが軽く焼けた状態になります」

スチームの力と、本格的なヒーター制御により、パンの中の水分やバターなどの油脂成分、香りまでをしっかり閉じ込めたまま焼き上げられるのです。驚きのおいしさは、これらのハイスペックな技術によって実現されているんですね。

パンのおいしさを引き出す5つのモードを搭載!

5つのモードを搭載したバルミューダのトースター

また、プレーンなトーストだけでなく、具材がのったトースト、バケットやクロワッサンなど、パンの種類に応じた焼き方を調整できるのも大きなポイントです。

「焼き加減は5つのモードに分かれており、それぞれのパンのおいしさを最大限に引き出す焼き加減を可能にしました。例えば通常のトースターで焼くと焦がしてしまうことが多いクロワッサンなども『BALMUDA The Toaster』を使用することで、ご家庭で焼きたてのパン屋さんのような味を楽しむことができます」

手ごろな朝食という印象であるトーストも、焼き方次第で極上の味わいになります。最上級のトースターで、1日の始まりを最高のものにしてみませんか?

文: 井上晋太郎

取材協力:BALMUDA

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館5階=キッチンダイニング/キッチン用品にてお取扱いいたしております。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

三越・伊勢丹オンラインストア