Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2015.09.02

ニュース・イベント

自宅のティータイムを、ちょっと小粋に楽しむには?

今年5月、ウィリアム王子とキャサリン妃の第2子誕生のニュースで、世界に幸せな話題を振りまいたイギリスのロイヤルファミリー。洗礼式でシャーロット王女がまとっていた19世紀デザインのガウンや乳母車から、古き良き英国文化に思いを馳せ、うっとりとテレビを眺めていたのは私だけではないはず。おとぎの国から抜け出たように、エレガントでクラシカルな英国式ライフスタイル。そんな時間を味わいたいなら、自宅でもできる英国式アフタヌーンティーがおすすめです。

19世紀の貴族が愛した、優雅な時間の過ごし方

アフタヌーンティーは19世紀初頭、ひとりの公爵夫人の提案ではじまり、宮廷内や貴族の間で来客をもてなす習慣として広まったといわれています。以来、午後のひとときに瀟洒(しょうしゃ)なティーセットを並べ、紅茶とお菓子をいただく優雅な時間の過ごし方は、日本でも女性たちの憧れの的になりました。このティースタイルを自宅で楽しむときのマナーとは? 三越伊勢丹食品統括部の坂東秀太郎さんに教えていただきました。

「ホテルなどで出される3段のアフタヌーンティースタンドには、下段にサンドイッチ、中段にスコーン、上段にケーキが置かれていて、塩辛いものから甘いものへ、下から上へと順に召し上がっていただくというルールがあります。また、紅茶を飲む際、カップの取手を指先でつまむように持ち、音を立てず上品に飲むようにしましょう。ただ、こうしたマナーは『そうしなければいけない』というものではありません。紅茶とお菓子を用意し、美しいマナーを心がければ、あとは自由に楽しんでいただいて大丈夫なんです」

日本人が親しみを感じるダージリンティーの味わい

「大切なのは気持ちです」という言葉を聞いてひと安心! ちなみに、紅茶の淹れ方のポイントは、「茶葉に熱湯を注ぎ、数分蒸らす」こと。コーヒーよりもずっと簡単に、誰にでも最高のおいしさが引き出せるところも紅茶の魅力です。それでは、ティータイム初心者におすすめの、日本人の嗜好に合う紅茶ってありますか?

「ダージリンティーがおすすめです。渋みとわずかな甘みのあるダージリンは、日本人が長く親しんできた緑茶と風味が近い。イギリスだけでなく日本でも人気の高い紅茶ですが、その味わいに安心を得られるのかもしれませんね」

紅茶だけでなくハーブティーやウェルネスティーが注目を集めるなど、新たなブームの兆しが見えている紅茶文化。「日本の女性は家事や仕事で忙しくされている方も多いです。ゆったりした時間を過ごす、英国式ティータイムでリラックスしてもらいたいですね」と坂東さん。紅茶、お菓子、ティーセット、茶葉を蒸らす時間を教えてくれる砂時計。お気に入りのアイテムを揃え、大切な人を招き、ティーカップに琥珀色の紅茶を注ぐ。それが自宅のリビングをおとぎの国に変える魔法なのです。

【催物のご案内】
英国展
開催期間:9月9日(水)~9月14日(月)
開催場所:日本橋三越本店 7階催物会場
イギリスの食における伝統とトレンドを集めたイベント。英国王室御用達の称号「ロイヤルワラント」を数多く有する<フォートナム&メイソン>などもお取扱いいたします。

※この催物は終了いたしております。

文: 矢部智子

写真:Thinkstock/Getty Images

バイヤー・スタイリスト / 坂東秀太郎
三越伊勢丹食品統括部洋特選担当。仕入れから宣伝、イベント企画まで、海外ブランドや輸入食品に関わる仕事に幅広く携わっています。個人的には夏のマスカットや秋のマロンなど、季節を感じられるフレーバーティーもおすすめです。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。