Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2015.08.14

おすすめアイテム

3つの切り口で出逢う、はじめてのナチュラルワイン

伊勢丹新宿店本館地下2階。「ビューティアポセカリー」と名付けられたそのフロアいっぱいに、自然の恵みを暮らしの中へと運びこむアイテムが紹介されています。ナチュラルコスメ、ナチュラルフード、アロマ、書籍……、多様さに心躍りながらぐるりと見渡していくと……、ワイン!

3つの切り口で出逢う、はじめてのナチュラルワイン_2

 70種程のボトルが並ぶ棚、その横にはテイスティングカウンター。試飲を楽しむ人の姿があります(※有料)。この一角は、ワインコーナー『ショップ フェスティヴァン』。

伊勢丹新宿店のワインコーナーと言えば、店頭で約1,400種類のワインが購入可能な、本館地下1階の『グランド カーヴ』があります。あえて別にまとめられた“フェスティヴァン的ワイン”って、どんなキャラクターなんでしょう?

ナチュラルワインのチャームポイント

3つの切り口で出逢う、はじめてのナチュラルワイン_3

ビューティアポセカリー・ミールコーナー担当  馬越 恵さん

「ショップ フェスティヴァンに集めたのは、『ナチュラルワイン』です」。お答えいただいたのは、担当の馬越さん。

「『自然派ワイン』、『ヴァン・ナチュール』という呼び方もありますね。ブドウを育てる際に農薬の使用を控えたワインを指す『オーガニックワイン』は、重なる部分はありますが違う意味です。『ナチュラルワイン』は、ブドウ栽培のみならずお酒造りの工程でまでも、自然な造りにこだわったもの。発酵は天然酵母に委ねられ、酸化防止剤もできるだけ使用していない、といった点が特徴です」

つまりナチュラルワインの生産者は、「便利なもの」をたくさん捨ててしまったよう。農薬や人工的な酵母は、「安定した味わいをいつでもどこでも大量に送り出せるように」考え出されたもの。それをやめれば、ワインが土地の個性をもっと色濃く反映した味わいに還っていく ——そんな理想のために、おびただしい手間を再び引き受けた熱い人々!

「アーティストと言ってもいいのかもしれません。こだわりはエチケット(※ワインのラベル)にまで出る方が多く、見て楽しいのも特徴! 生産者のセンスが示されたデザインやイラストの印象が、ワインの味わいと通じることは多いです」

何から飲もう? この夏の出逢いのススメ

昔に還るようでいて、近代的な農法・醸造からみればむしろアヴァンギャルド。ナチュラルワインの姿がちょっと見えてきました。さあ、後は飲んで確かめたい! 馬越さんと、素敵なきっかけになりそうな数本をご紹介します。

オススメ1: 「らしさ」から出逢う

3つの切り口で出逢う、はじめてのナチュラルワイン_4

<シルヴァン・マルティネズ>ガズゥイ2012 750ml(白発泡)4,320円(税込) フランス製

「白の微発泡。澱(おり)で薄くにごっています。爽やかな甘酸っぱさはこの季節にぴったり。ガズゥイからナチュラルワイン好きになったという方は多くて、実は私もそのひとり(笑)。ちなみにこの生産者さんは、ふかふかの土にするために、馬で畑を耕します」

澱は発酵を終えた酵母が自然に残すものなので、ナチュラルワインではあまり取り除かれません。するする飲める味わいの中に、ナチュラルワインの愛すべき特徴がたっぷり!

オススメ2: 「伝説の人」から出逢う

「マルセル・ラピエール。ナチュラルワインは彼抜きに語れません。ボージョレ・ヌーヴォーで有名なボージョレの地で、いち早く自然なワイン造りに取り組みました。ヌーヴォーと同じガメイというブドウを使いながら、『これがガメイ?』と皆が驚く味わいを造った。軽やかさを持ちながらも、ブドウの旨味は繊細に凝縮されています。多くの生産者が彼に学び、尊敬を集めた彼の遺志は、息子さんに継がれています」

ボージョレ・ヌーヴォーは日本でもお馴染み。だからこそワインへのイメージを、「ナチュラルワインの父」に吹き飛ばされる経験も出来るというもの! 情熱に触れる嬉しいショック、あなたも是非。

オススメ3:「エチケット」から出逢う

先のお話によれば、「顔」から好きになっても大丈夫。お洒落だったりユーモアたっぷりだったり、眺めて楽しいナチュラルワインのエチケットですが、どんなものがよく一目惚れされているのでしょう?

こなれたカップルが描かれた『ジュ・テーム』。「ビューティアポセカリー内は女性のお客さまが多いので、かわいいイラストはやはり人気ですね。すっと飲める白で、夏らしい軽めの食事にも合います。価格も手頃ですね」。恋人と過ごせる日、さらりと買っておくのも素敵。

3つの切り口で出逢う、はじめてのナチュラルワイン_7

<ドメーヌ・デュ・ムーラン>ボヴァン2014 1000ml(赤) 3,240円(税込) フランス製

『ボヴァン』は、一度見たら忘れられない牛印! 容量たっぷり1リットル。「たっぷりの量に『大丈夫なの?』って思うかもしれませんが(笑)とっても美味しいので、飲めてしまうんです。ナチュラルワインらしい透明感ある赤で、冷やすのにも向きます。ヒンヤリ赤で喉を潤す感じ、ぜひ体験いただきたいです!」

この夏の忘れられない出逢いになるかも? ぜひあなたらしい切り口で、心にひっかかるナチュラルワインを手にとってみてくださいね。

文: 川杉弘恵

写真:八田政玄

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

バイヤー・スタイリスト / 馬越恵
三越伊勢丹入社11年、ビューティアポセカリーのミールコーナー担当になってもうすぐ3年。「お客さまのライフスタイルをよくうかがって、商品を提案するよう心がけています」

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下2階=ビューティアポセカリー/ショップ フェスティヴァンにてお取り扱いがございます。数に限りがある商品もございますので売り切れの際はご容赦ください。ショップ フェスティヴァンのナチュラルワインはこちらでもご紹介しています。

 

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。