Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2015.08.08

ニュース・イベント

【賛否両論×フジマル醸造所】  話題のふたりが手掛けた 『NIPPON no IZAKAYA』開店!

酒と、料理と、会話を楽しむ、日本人にとっての心の拠り所とも呼べる「居酒屋」。江戸時代に始まったといわれる居酒屋文化ですが、洋の東西を問わず多様な料理やお酒が楽しめる場として、今、その独自のフードカルチャーが世界から注目されています。そんな居酒屋を舞台に、人気料理人<賛否両論>の笠原将弘さんと、人気ワイナリー<フジマル醸造所>の藤丸智史さんがコラボをすることに! その中身、気になりますよね。

NIPPONの食文化を映す期間限定の「IZAKAYA」

7月29日(水)~8月17日(月)までの20日間、「日本のフードカルチャーの今を象徴する居酒屋」をコンセプトに、伊勢丹新宿店地下1階のキッチンステージに『NIPPON no IZAKAYA』がオープンします。

その実現のために白羽の矢が立ったのが、今まさに日本の飲食業界で注目を集める人物、<賛否両論>の笠原さんと、<フジマル醸造所>の藤丸さんなのです。

このおふたりについて、企画を担当した三越伊勢丹グローサリーアシスタントバイヤー・右原洋平さんと、三越伊勢丹和洋酒アシスタントバイヤー・針替孝之さんにお話を伺いました。

「日本料理の真髄や伝統を重んじながらも、独自の感性と溢れるセンスで新しい和食を提案し続けている<賛否両論>の笠原さん。その人気ぶりはもとより、今回の居酒屋企画に彼の料理こそ相応しいということでお声をかけました。ご実家が焼き鳥店だったということもあり、日本の居酒屋文化というコンセプトはもちろん、今回の企画にもご賛同いただき、楽しみながらご参加くださいました」(右原さん)

「キッチンステージでお酒を提供するのは初の試み。伊勢丹らしいIZAKAYAを創り上げたいと模索した結果、辿り着いたのが国産ワインでした。今や、日本のワインは品質も味も世界に引けを取ることはありません。そして何より、日本のワインは和食によく合うのです。それをこの居酒屋で多くのお客さまに知ってもらうべく、日本ワインに精通し、注目のシティワイナリー文化を発信している<フジマル醸造所>の藤丸さんにご協力を仰ぎました」(針替さん)

和の様式美に、笠原さんの遊び心を注入

【賛否両論×フジマル醸造所】  話題のふたりが手掛けた 『NIPPON no IZAKAYA』開店!_02

※写真はイメージです。

いただける料理は、季節感溢れる9種の前菜(西瓜と梅干のすりながし、まぐろの漬け たたきおくら、水茄子 じゃこ山椒和え、ローストビーフ わさび漬けと共に、チーズ豆腐 酒盗のせ、たこと加賀太きゅうり 辛子酢みそで、フォアグラ入り松風、海老とアボカド とうもろこしの白和え、カステラ玉子)と、メインの鯛飯、トマトともずくのおすまし、香の物(新ごぼう ペコロス)(お1人さま:2,401円/税込)。

和食ならではの美しさや繊細さの中に、意外な遊び心も感じさせる、笠原さんらしい品々です。

藤丸さんが選ぶ「絶品日本ワイン3種」

一方、これらの料理に合わせ、藤丸さんが選んだおすすめワインは次の3種。

【賛否両論×フジマル醸造所】  話題のふたりが手掛けた 『NIPPON no IZAKAYA』開店!

<山形県/タケダワイナリー> サン・スフル白2014:デラウェア100%(グラス:756円/税込)

無添加、無濾過で造られる辛口のスパークリングワイン。酵母が生んだきめ細やかな泡が、ぶどうのフレッシュな香りを引き立てています。

 

 

【賛否両論×フジマル醸造所】  話題のふたりが手掛けた 『NIPPON no IZAKAYA』開店!


<大阪府/島之内フジマル醸造所> キュヴェ・パピーユDSL2014:大阪産デラウェア100%(グラス:756円/税込)

開けたては弾むような躍動感を感じ、口に含むと旨みがじんわり染みわたる、料理によく合う辛口白ワイン。

 

 

【賛否両論×フジマル醸造所】  話題のふたりが手掛けた 『NIPPON no IZAKAYA』開店!<長野県/はすみふぁーむ> メルロー2013:自社畑産メルロー100%(グラス:972円/税込)

濃厚なベリー系の香りと、まろやかで深みのある果実味、しっかりとしたタンニンも感じられる、バランスのよい赤ワイン。

さらに、8月5日(水)~11日(火)のスペシャルウィークは、午後3時以降、賛否両論IZAKAYA 夏の美味3種盛り(よりどり3種972円~/税込)とともに、全国各地から選りすぐった日本ワイン20種をすべてグラスで楽しめます。

【賛否両論×フジマル醸造所】   話題のふたりが手掛けた  『NIPPON no IZAKAYA』開店!_04

フジマル醸造所のソムリエ・伊禮達哉さん

「これだけの数の日本ワインをバイザグラスで味わえる機会はそうありません。期間中は、フジマル醸造所のソムリエ・伊禮達哉さんが常駐するので、日本ワインの魅力を知るには絶好の機会ですよ」(針替さん)

世界が認めるIZAKAYAで、新たな発見を

初めての試みながら事前のお問い合せも多く、注目度の高さが伺える今回の企画。担当バイヤーの右原さん、針替さんも、期待に胸を膨らませているそうです。

「笠原さんもお話しされていましたが、やはり、和食と日本のワインの相性は抜群です。笠原さんの料理を楽しんでいただくと同時に、これを機会に、日本ワインをより身近な存在に思っていただけたら幸いです」(右原さん)

「藤丸さんは、ワインをもっと日常の飲み物にしたいという思いの持ち主。そして今回選んでいただいた日本のワインも、日常で飲むのにピッタリなものばかりです。ぜひこの機会に、日本ワインのおいしさを実感していただき、いろいろ飲みくらべて、自分好みの1本を見つけるきっかけにしてください」(針替さん)

たった20日間だけの、特別なIZAKAYA。世界が認める日本独自のフードカルチャーから、新たな発見を楽しんでみてください。

文: 鈴木友紀

※「FOODIE」2015年8月号掲載の再編集記事です。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

バイヤー・スタイリスト / 右原洋平
三越伊勢丹の生鮮アシスタントバイヤー。
早起きなのでバイヤールームの鍵あけ当番。個人的にパンを中心に粉もの好き。おすすめしたい商品は「かたまりのお肉!」
バイヤー・スタイリスト / 針替孝之
三越伊勢丹の和洋酒アシスタントバイヤー。日本酒、焼酎の買い付けのために全国各地へ足を運んでいるが、プライベートも旅行好き。旅先で、その土地の料理とお酒を味わうことを何よりの楽しみとしている。4月に訪れた沖縄では、ラフテーと泡盛で東京では体験できない食文化を堪能。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、7月29日(水)~8月17日(月)の期間、伊勢丹新宿店本館地下1階=キッチンステージにてお取り扱いがございます。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。