Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2015.08.05

スイーツ

思わず連れて帰りたくなる! 金魚モチーフの涼感和菓子

江戸時代、夏の風物詩として愛された『金魚』。人々は買った金魚を『金魚玉』といわれるガラスの鉢に入れ、それを眺めて涼をとったといわれています。日本橋は、日本で最初に金魚が売られた地とされており、金魚と縁の深い場所。毎年夏に開催される、『アートアクアリウム』も金魚がテーマ。水中世界に照明や音楽、香りなどのきらびやかな演出が施され、幻想的な作品たちがつかの間の異次元トリップへと誘ってくれます。

日本橋三越でも『アートアクアリウム』に合わせ、新館入口に金魚の水槽を設置。優美に泳ぐ金魚たちが、お客さまを涼やかにもてなします。今回は、食べるのがもったいなくなるような、キュートな金魚モチーフの和菓子3品ピックアップ。それぞれの魅力について、日本橋三越本店食品統括部アシスタントバイヤーの佐々木有加さんに聞きました。

まるでリアルな水槽! 金魚が泳ぐ水羊羹

思わず連れて帰りたくなる! 金魚モチーフの涼感和菓子_2

<KITAYA六人衆>あかいべべ(2個入り) 972円(税込) ■本館地下1階KITAYA六人衆
(数に限りがあるため、売り切れ次第終了とさせていただきます。)

水中で、真っ赤な金魚が泳ぐ様子がリアルに表現された錦玉「あかいべべ」。その緻密さに、思わず目を奪われます。「水底は抹茶の水羊羹、玉砂利や金魚は色づけした餡や小豆で作られています。昨年も『アートアクアリウム』に合わせて販売されて大好評だったので、『今年もぜひ』ということになりました」。伸びやかに泳ぐ愛らしい金魚の姿は、見ているだけで楽しくなりますね。

金魚が寄り添って優美に泳ぐ『和風ぜりぃ』

思わず連れて帰りたくなる! 金魚モチーフの涼感和菓子_3

<宗家 源吉兆庵>金魚(5個入り) 2,160円(税込) ■本館地下1階 宗家 源吉兆庵
(数に限りがあるため、売り切れ次第終了とさせていただきます。)

涼しげなぜりぃは、ヴェルサイユ産の果実や花から採った天然香料で香りづけ。冷蔵庫で冷やして、さっぱりといただくのがおすすめです。「金魚鉢をイメージした、手編みのレースの入れ物もかわいらしく、手みやげにもぴったりです」。優美な金魚のシルエットに、心も浮き立つスイーツです。

夏モチーフを散りばめた楽しいおせんべい

思わず連れて帰りたくなる! 金魚モチーフの涼感和菓子_4

<桂新堂>金魚の水遊び 648円(税込)■本館地下1階 桂新堂
(数に限りがあるため、売り切れ次第終了とさせていただきます。)

『えびせんべい』で有名な桂新堂の『金魚の水遊び』は、金魚(写真中央)やポイなど夏の金魚すくいをモチーフにしたかわいいおせんべい。「包みのピンク色の風呂敷も、金魚に見立てたラッピングになっていてとてもかわいいんです。若い女性にも大人気で、まとめ買いをされるお客さまも多いですよ」。手軽につまめる小ぶりなサイズなので、年齢問わず喜ばれそう!

食べるのが思わず惜しくなるほどかわいらしい、金魚モチーフの和菓子たち。どこかのどかな風情は、暑さにうだっていた心も癒してくれます。ゆるりと日本橋散歩を楽しんだ後は、自分自身や家族、友人へのおみやげに、あなたのお気に入りの『一匹』を連れ帰ってみてください。

文: 西島恵

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

バイヤー・スタイリスト / 佐々木有加
和菓子アシスタントバイヤー。季節感はもちろん、若いお客さまにも受け入れてもらえるような商品セレクトを大切にしています。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=和菓子/KITAYA六人衆、宗家 源吉兆庵、桂新堂にてお取り扱いがございます。
定番の味わいと、新しい美味しさ。ご進物にも好適。三越オンラインストア「和菓子セレクション」はこちら

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。