Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2015.08.09

手土産・ギフト

キーワードは江戸、日本橋。 差のつく「東京土産」

8月は、帰省する方や、東京観光の方が増える季節。そんな方々にとって、悩ましいのが東京土産かと思います。定番ものでも流行りものでもない、センスの光るお土産選びって、意外と難しいですよね……。

おすすめなのは、しっかりとおいしくて、しかも日本情緒を感じさせる、江戸・日本橋にちなんだ和菓子。そこで、土産ものに詳しい日本橋三越本店・和菓子アシスタントバイヤー、佐々木有加さんにセレクトしていただきました。

江戸千代紙に心ときめく。ぽち袋入りのおかき

江戸千代紙のぽち袋入りおかき、<赤坂柿山>ぽちおかきの画像

<赤坂柿山>ぽちおかき  1,296円(9枚入り)(税込)

「江戸の雰囲気を重視するなら、カラフルな和紙のパッケージがかわいい<赤坂柿山>の『ぽちおかき』がおすすめです。このぽち袋は、江戸千代紙の老舗<いせ辰>の千代紙で作られたもの。すべて柄の異なるぽち袋に1枚ずつおかきが入っている人気の商品です」と佐々木さん。

おかきなので老若男女を問わず喜ばれ、しかも日持ちがよく、とても軽いので帰省の際の手土産にぴったり。

日本橋のシンボルがキュートに変身「雷音最中」

日本橋三越のシンボルライオン像をモチーフにした、<菓匠花見>雷音最中の画像

<菓匠花見>雷音最中 1,080円(4個入)(税込) ※日本橋三越本店限定

日本橋三越といえば「ライオン像」。日本橋三越のシンボルとして古くから愛され、今や日本橋の風景の一部となっています。そのライオン像をかたどったお土産が、<菓匠花見>の『雷音最中』。

「斬新な見た目が楽しいライオン像の最中には、つぶ餡、白餡がたっぷり入っているので食べごたえも十分ですよ」(佐々木さん)

こんなに可愛らしい最中なら、子供たちも大喜びですね。家族でテーブルを囲みながら、笑顔で最中をほおばる姿が思い浮かびます。

老舗の確かな味に、江戸や日本橋をモチーフにした遊び心、そしておいしさをプラスした間違いのない「東京土産」を選んで、みんなを喜ばせてみませんか?

文: 浅野未華

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

バイヤー・スタイリスト / 佐々木有加
和菓子アシスタントバイヤー。季節感はもちろん、若いお客さまにも受け入れてもらえるような商品セレクトを大切にしています。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、日本橋三越本店本館地下1階=赤坂柿山、菓匠花見にてお取り扱いがございます。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

三越・伊勢丹オンラインストア