お酒は20歳になってから、ウイスキーは20周年になってから!_1

1995年に160年ぶりに復活を遂げたアラン蒸溜所が、2015年で20周年を迎えました。ウイスキーの本場スコットランドで、いまウイスキー愛好家たちから注目を集める蒸溜所のひとつです。20周年を迎え、その気運はますます高まるばかり。

そこで、ウイスキーに熱い方々の中でも特に熱いおふたり、伊勢丹新宿店のシニアスタイリスト、眞新(まにい)惠子さんとアランモルト輸入元(株)ウィスク・イーのイベントディレクター 元木陽一さんに、注目の「アラン」の魅力について語っていただきました。

「まずは飲まないとね」と、開始早々アランを飲み始めるふたり……。実は元木さんは、2002年から2005年までアラン蒸溜所でウイスキー技師として働いていた経歴の持ち主。一方の眞新さんは、2012年にアラン蒸溜所からアンバサダーに任命されています。まさにアランウイスキーを知り尽くしたふたりの、熱い対談をご堪能ください。

160年ぶりに復活した、アラン島唯一の蒸溜所

眞新惠子さん(以下、眞新):私は2010年に洋酒コーナーに配属されてからアランのおいしさを知ったんです。それをお客さまに伝えていたら、いつの間にかウイスキーの売上げ上位のブランドが「アラン」で塗り替えられていました。いまアランのウイスキーは10種類置いているのですが、これだけ並んでいるところはなかなかないと思います

元木陽一さん(以下、元木):僕もよくここのコーナーに販売兼カウンタースタッフとして来ていて、眞新さんと一緒にアランのクオリティの高さをお客さまに訴えかけながら販売していたら、全国の百貨店のなかでも伊勢丹新宿店のお客さまに、飛び抜けてアランをお買い求めいただけるようになったんですよね。

眞新:そうしたら2012年にアンバサダーに任命されて、初めてアラン島に行ったんです。すごくきれいなところで、野生の動物もたくさんいて驚きました!

元木:アラン島はグラスゴー(※)のすぐ近くにあるソラマメのような形をした島なのですが、まだまだ自然が多く残っているんです。島の南側は田園風景が広がって羊や牛の牧場もあります。対して北側は荒涼とした山と谷が入り組んでいて、南と北で風景がまったく違う。その様子はスコットランドの地形をぎゅっとまとめたようだというので、英国では『スコットランドのミニチュア』とも言われています。アラン蒸溜所があるのはその北側。山を越えたところにポツンとあるんです。 ※スコットランド南西部に位置する、スコットランド最大の都市

眞新:アラン島にある唯一の蒸溜所なんですよね。

元木:約200年前には100軒程あったそうなのですが、一度すべて無くなって、1995年に160年ぶりに復活したのが、アラン蒸溜所。水質を調査して、いちばん柔らかくて納得できる水が見つかったから、そこに建てることにしたそうです。

麦芽の甘みが豊か、すっぴんで勝負するウイスキー

お酒は20歳になってから、ウイスキーは20周年になってから!_2

眞新:とても柔らかい水を使っているから、すごくシンプルで「すっぴん」で勝負しているようなウイスキーができるんですね。アイラ島のようなスモーキーさでも、シェリー樽熟成の濃厚な味わいでもなく、麦芽の甘みや旨みがとても感じられる。うまく蒸溜しないとそれは出せないのだろうなというピュアな魅力が、アランモルトにはありますね。

元木:おっしゃる通り、アラン蒸溜所では、雑味が多いヘッド(蒸溜する際の出始め)とテイル(蒸溜の出終わり)を大胆にカットして、ミドルカットといういちばん磨かれた液体の部分だけを使います。もっともピュアな部分しか使わないので、1日数樽しか造れません。でもそのおかげで、麦芽の旨みだけが残るんです。また、背の高いポットスチルでゆっくり蒸溜するため、ポットスチルの銅と接する時間が長くなり、アルコール蒸気がエレガントで上品なスピリッツができます。

眞新:何年も何十年もそこで眠るわけですから、アラン島のきれいな空気も味には関係していますよね。

元木:熟成庫で眠っている間に潮風を吸っているので、華やかな甘さの中に潮の香りがあって、すごくフルーティーに感じられます。あの田舎の空気がこの液体に含まれているんですね。

今飲んでほしい! 旨みがのったアランの『10年』

お酒は20歳になってから、ウイスキーは20周年になってから!_3

眞新:アランモルトを初めて飲む方におすすめしたいのは、『10年』ですね。モルトウイスキー自体が初めての方にも、モルトウイスキーの特徴をストレートに感じてもらえると思います。飲み飽きなくて、ずっと飲んでいてもまだ飲みたいと思えるんです。

元木:強烈な個性があるわけではないのですが、意外とウイスキー通が飲んでも「なるほど」と思える。旨みに到達するのが早くて、すぐに丸みのある麦芽香があがってくるんです。

眞新:何年か前に飲んでいたアラン10年より、最近、すごく旨みがのってきている感じがあります。アランの10年はいま飲むのが特にいいと思いますね。

元木:ちょうど10年くらい前に僕が造っていたときのものが出てきましたから!(笑)

眞新:だからおいしくなってる(笑)。

元木:僕がアラン蒸溜所にいたとき、製造工程に携わっていたのは、当時の所長、ゴードン・ミッチェルと僕のふたりしかいなくて、ほとんどの工程を任されていたんです。僕は通常よりもゆっくりと絞っていたので、味も香りもより洗練されていると思います。

眞新:アランモルトは、色は淡いけれど、味はしっかりしている。樽の香りではなく、麦芽の旨みや丸みで飲むものですね。ハイボールにしてもさわやかだし、1対1で水を加えて香りを開かせたり、いろんな飲み方にマッチします。すごくフルーティーなので、オレンジピールなどフルーツを使った柑橘系のデザートも合うと思いますね。

元木:チョコレートコーティングされたオレンジなんかもいいですよ。

眞新:10年の次に試すなら、マクリー・ムーア ピーテッドをおすすめしたいですね。アイラのウイスキーほど強烈ではないのですが、ほどよいピート感がアクセントになっていておいしいです。

元木:アランは基本的に麦芽そのものの味で飲ませるシングルモルトが中心なのですが、年間に少しだけピートを焚いたものを造っているんです(※)。ほかのピーティーなウイスキーに比べて、エレガントなスモーク感ですよね。

眞新:常温のまま、1~2滴加水して飲むのがいいと思います。それだけで香りがすごく広がるんですよ。

※ピートとは泥状の炭「泥炭」のこと。可燃性で、麦芽を乾燥させる際に燃やして使用し、ウイスキーに独特の煙のような香りをつける

初めて18年ものが登場し、今後さらに期待が高まる!

お酒は20歳になってから、ウイスキーは20周年になってから!_4

元木:僕がおすすめしたいのは18年ですね。創業から20年経って、ようやく18年ものが出せるようになりました。

眞新:私が洋酒コーナーに来た2010年には、アランは12年までしか出ていなくて、いろんなカスクシリーズで広げていましたね(※)。

元木:アラン蒸溜所はまだ若い蒸溜所なので、年数に対する縦のバリエーションが造れなかったんですね。樽のバリエーションで横に広げるしかなかった。

眞新:なかでも、有名なイタリアワインのサッシカイアの樽で熟成させた伊勢丹限定のアラン・サッシカイア・ワイン・カスクは伝説ですよ。

元木:ほかにもワインのシャトーマルゴーやシャンパーニュで有名なアンリ・ジローの樽など、アランのカスクは面白いものが多いんです。でも、ウイスキー愛好家たちからしたら、「原酒で勝負できているの?」と思うところがあったと思うんですよ。それがようやく10年、14年と縦に広げられるようになってきて、ついに18年ものが出てきた。それが出せるというのは、定番である10年がすごく安定している証でもあるんです。だから、この先がますます楽しみです。

※カスクとは、ウイスキーを熟成させる樽のこと。樽が持つ特徴によって味わいが大きく変わる

「アランの味を体験してみたい!」という方には、伊勢丹新宿店で行っているテイスティングがおすすめ。伊勢丹新宿店グランド カーヴ洋酒コーナーのカウンターでは午後2時~7時まで、気になるウイスキーの味を試すことができます(162円〜)。「モルトウイスキーを飲んだことのない人でも、違いがわかるはず」と、おふたりがお墨付きの「アラン」の味わいに、ぜひ触れてみてはいかがでしょうか。

元木陽一

元木陽一(もとき よういち)

株式会社ウィスク・イーのイベントディレクター。銀座のバーで働いた後、英国スコットランドのアラン島へ渡り、アラン蒸溜所でウイスキー技師として勤務。帰国後、ウイスキーやクラフトビールの講師として活躍。

 

文: 吉田佳代子

写真:八田政玄

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

  • スタイリスト/眞新惠子

    日本酒コーナーを担当していたときから、洋酒コーナーに通って熱心に勉強していたという無類のお酒好き。ワインアドバイザーの資格も持っている。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=グランド カーヴにてお取扱いがございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. フレンチの名店・北島亭が直伝! 1キロ肉の豪快ローストレシピ
  2. 伊勢丹の人気のバゲット5種。違いと魅力をパンマニアが徹底解説!
  3. 伊勢丹の洋菓子担当が教える、本当に美味しいオランジェット5選
  4. お菓子の宝石箱! 伊勢丹で人気の缶入りクッキー&フールセック6選
  5. 伊勢丹ソムリエが厳選! ワインに合う乾き物つまみ5選

希少! 国産の黒色さくらんぼが期間限定で登場

山形県産の黒桜
山形県産の黒桜

<山形県産>黒桜(1箱/350g×2)6,480円(税込)【20点限り】

「佐藤錦」「紅秀峰」を長年手がける生産農家が栽培した、黒いさくらんぼ「黒桜」。その中から樹上完熟したもののみを厳選した商品が登場します。国産でこの黒色は大変珍しいのだとか! 1年のなかでもごくわずかな期間にしか手に入らない希少性、みずみずしく上品な甘さ……などその価値が称えられ、別名「黒いダイヤモンド」とも呼ばれる存在。箱詰めで販売されるので、食通の方への贈答用にもチェックしておきたいアイテムです。

※取扱い:伊勢丹新宿店
※天候状況により、販売期間の変更や入荷のない場合がございます

文: 斉藤彰子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=フレッシュマーケットにてお取扱いがございます。 

おすすめアイテム一覧へ

梅のうまみがきいてる!食欲そそる鯛の佃煮

<招福楼>鯛紅梅煮
<招福楼>鯛紅梅煮

招福楼鯛紅梅煮(150g) 2,484円(税込)

このお皿が出てきた瞬間、思わず「白ごはんください!」と叫びたくなりました。見た目以上に食欲をそそる「鯛紅梅煮」は、鯛と梅肉を醤油でさっぱりと煮込んだ佃煮です。梅のうまみと酸味、醤油のからさが鯛の上品な甘さをひきたて、ごはんがすすみます。お店おすすめの食べ方はお茶漬けですが、卵かけごはんにのせても美味。老舗料亭<招福楼>の贅沢な味わい、ご自宅で体感してみては?

※取扱い:伊勢丹新宿店

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=粋の座/招福楼にてお取扱いがございます。 また<招福楼>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いしています。

おすすめアイテム一覧へ

夏みかんの中にちらし寿司……!?

有職の夏かん寿司
有職の夏かん寿司

<有職>夏かん寿司(1個)1,512円(税込)

夏みかんの「ふた」を外すと、中にはなんとちらし寿司が! 季節感に加え、そんなうれしいサプライズ感も楽しめるのが<有職>の「夏かん寿司」です。ばらちらしの上に鯛、穴子、鮭、海老、枝豆などをトッピング。酢飯には夏みかんの果肉入りで、さわやかな香りが食欲をそそります。小ぶりなサイズは差し入れにもぴったり。場の盛り上げにひと役買うこと間違いなしの逸品は、ぜひここぞというときのキラーアイテムに!


※取扱い:伊勢丹新宿店
※販売期間:2018年5月中旬~8月中旬

文: 斉藤彰子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=旨の膳/有職にてお取扱いがございます。 

おすすめアイテム一覧へ

<和久傳>の代名詞!食通をうならせるれんこん菓子「西湖」

<紫野和久傳>れんこん菓子 西湖
<紫野和久傳>れんこん菓子 西湖

<紫野和久傳>れんこん菓子 西湖(せいこ)(竹籠5本入り)1,728円(税込)

いまや<紫野和久傳>の代名詞ともなっている西湖。れんこんからとれるデンプンと和三盆で作ったお菓子です。とろんっと非常にやわらかいそれを香りのよい笹の葉からそのままぱくりといただくと、想像通りのとろける食感と優しい甘みに吸い込まれます。のどごしはつるっとしていて、すぐにまた一口と食べたくなる美味しさ。食通たちをうならせている伊勢丹新宿店の人気手土産、さすがといわざるを得ません!

※取扱い:伊勢丹新宿店

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=粋の座/紫野和久傳にてお取扱いがございます。 また<紫野和久傳>の一部商品は、伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

歯ごたえと甘辛さがクセになる!<浅草今半>の佃煮

<浅草今半>牛肉ごぼう(60g)540円(税込)

言わずと知れたすきやきの名店<浅草今半>。その秘伝の割下でごぼうとやわらかい牛肉を炊き上げた「牛肉ごぼう」は、同店の佃煮シリーズの中でも人気の商品です。ごぼうはささがきなのでシャキシャキとした歯ごたえを残しつつもやわらかい食感。ひとたび口に入れると甘辛さがクセになり、白ごはんがすすみます。オムレツやキッシュの具材としても人気が高いそう。料理好きの方は必見です!

※取扱い:伊勢丹新宿店

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1=粋の座/浅草今半にてお取扱いがございます。 また伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ