Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2015.07.09

ニュース・イベント

紅茶×ジンジャーシロップ×泡!? この夏出会いたい新感覚ドリンク

紅茶にジンジャーシロップを入れた「ジンジャーティー」。さらに、そこへ冷たいフォーミングミルクを加えたら、どんな味になるのでしょうか?

ショウガのシロップを使用した新感覚のドリンクが、伊勢丹新宿店に期間限定で登場。異色の組み合わせによる、未知のおいしさを体験してみませんか。

パリとニューヨーク、異なる味が東京で出会う

7月1日(水)〜14日(火)の間、伊勢丹新宿店5階リビングフロアに注目のコラボショップがオープン。パリ生まれのティーメゾン「テオドー」と、ブルックリン在住のシェフがつくり上げたオリジナルのポテトフライと手作りジンジャーエール専門店「BROOKLYN RIBBON FRIES」(以下、BRF)の、期間限定のバー&ショップです。

同店が掲げるテーマはずばり「泡」。自由な発想でアイデアを出し合い完成させたレシピで、お茶とジンジャーシロップの新しい楽しみ方を提案しています。パリとニューヨーク、異なる文化と歴史を持つ街のドリンクが東京で出会う……。いったいどんな化学反応が生まれるのでしょうか。

紅茶×ジンジャーシロップ×泡!? この夏出会いたい新感覚ドリンク_02

(写真左から)<テオドー>ブリティッシュ ブレックファスト(100g) 3,348円、<BRF>BRF MADE Ginger Syrup 2,592円

異色コラボが生む、斬新でグルメなドリンクメニュー

「異ジャンルのショップとコラボすることで化学反応を起こし、何か新しいものを生み出せないか。そうすることでテオドーのお茶の魅力をもっと伝えられないだろうか。それが今回の出発点でした」と語るのは、テオドーの日本責任者・加藤裕さん。

一方、BRFのPR担当・土屋きみさんも、「当店のジンジャーシロップは、余計なものを加えない自家製です。通常はソーダで割ってジンジャーエールとしてご提供していますが、今回は楽しみ方の幅を広げていただけるいい機会だと思っています」。

さらに、ドライフルーツとジンジャーシロップを使ったクグロフやビターチョコ入りフィナンシェなど、洋菓子研究家の加藤千恵さんが、ドリンクに合わせて作ったスペシャルなスイーツやクラッカーも提供しています。

ジンジャーシロップ×赤ワイン、紅茶×シャンパン、ジンジャーシロップ×ビール、紅茶×ジンジャーシロップ×ソーダ… アルコールはもちろん、ノンアルコールドリンクもさっぱりと夏らしくておいしそう! バーのメニューからインスピレーションを得た後は、「夏休みの自由研究」気分で自分だけのオリジナルメニューを作ってみては?

文: 東海林美佳

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、7月1日(水)〜14日(火)の期間限定で、伊勢丹新宿店本館5階=キッチンダイニングデコールにてお取り扱いがございます。
※<テオドー>の紅茶、<BRF>のジンジャーシロップボトルは常設でお取り扱いがございます。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。