Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2015.07.21

おすすめアイテム

煮込むだけじゃない! 「圧力鍋」を使って時短クッキング

圧力鍋は「寒い季節に、煮込み料理などで使うもの」と思っている方も少なくないはず。けれど、夏の間は「出番なし」としまいこんでいるんだとしたらもったいない! なぜなら、圧力鍋には「夏こそ活躍する」理由があるのです。

忙しい主婦の味方! 圧力鍋で時短クッキング

教えてくれたのは、伊勢丹新宿店を担当するフィスラージャパンの菊島紀子さん。「圧力鍋はもちろん年中使えるものですが、夏に特にオススメしたいアイテムです」。その理由についてうかがうと、「まず、圧力鍋が他の鍋と大きく違うのは、鍋の中が100℃を超える高温になること。火の通りが早いので、調理時間もガス代も節約できます」。火を使う時間が短いため、エアコンをつけていても汗だくになるような「猛暑のキッチン」からは解放されるんです。

ビールのおつまみや夏メニューもお任せ

夏の食卓に欠かせない枝豆やトウモロコシも、セットの蒸し器でたった3分間加熱すれば食卓に出せるというスピード感。お米も、炊飯器で炊く約3分の1の時間で炊けるのだとか。「もちっとした弾力のある炊き上がりで、『ごはんは圧力鍋で炊くのが一番美味しい!』という人も多いんですよ」と菊島さん。

蒸し野菜などに便利な、<フィスラー>の圧力鍋に付属の穴あき蒸し器の画像

<フィスラー>穴あき蒸し器(三脚付)22cm 4,860円 ■キッチンダイニング/キッチン用品

骨まで柔らかく食べられるようになるので、さっぱりとしたイワシの梅煮などもおすすめ。菊島さんのお気に入りメニューは「夏野菜のラタトゥイユ」。「わが家では、素麺にかけて食べることもあります。ワンパターンになってしまいがちな素麺ですが、彩りも栄養バランスも良くなりますよ」。

圧力鍋初心者も安心、コツは「タイマー」を使うこと

圧力鍋を使った調理に便利な、<フィスラー>エレクトリック・タイマーの画像

<フィスラー>エレクトリック・タイマー 8,640円 ■キッチンダイニング/キッチン用品

圧力鍋で調理をする際は、「内容量と水の量はそれぞれ基準になるラインがあるので、そこを超えないように入れる」のが重要な注意点だとか。また、火の通りやすさは食材の大きさによって変わるため、時間で調整をします。

「温野菜などは本当にすぐにできてしまうので、別のことに気を取られていたら溶けてしまいます(笑)。キッチンタイマーを使えば、具材が煮くずれたり、溶けてしまったり……という事態を避けられますよ」

<フィスラー>コンフォート 4.5Lと、プレミアム6.0Lの画像

<フィスラー>コンフォート 4.5L 54,000円、プレミアム 6.0L 68,040円 ■キッチンダイニング/キッチン用品

個人的には「ピー!」という大きな音が怖かった覚えがあるのですが……。「今の圧力鍋は、もうそんな音はしないんですよ。シューという音がする時は、高温になりすぎて蒸気を抜いている音なので、弱火にするだけで大丈夫です」。

時短でエコな圧力鍋は、まさに主婦の味方。連日の猛暑でキッチンに立つのも億劫……という日にこそ、その真価を遺憾なく発揮してくれそうです。

文: 根本暖子

写真提供:フィスラージャパン

バイヤー・スタイリスト / 菊島紀子
フィスラー入社から8年超、伊勢丹のキッチンコーナー歴も長いベテランスタイリスト。自宅でも、5、6台の圧力鍋を用途や人数によって使い分けているそう! 仕事に家庭に多忙な日々のなか、ネイルサロンなどで過ごす「ひとりの時間」が癒やし、とのこと。

商品の取扱いについて

記事でご紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館5階=キッチンダイニング/キッチン用品でお取扱いがございます。
また伊勢丹オンラインストアでは、<フィスラー>の一部商品をお取扱いいたしております。

 

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。