ブラジル人は、日本人と同じ「おもてなし」好き?_1

じめっと暗〜い梅雨の時期は、カラッと明るいラテン系のブラジル料理に元気と陽気をもらいましょう! でも、ブラジル料理にはどんなものがあるの? ブラジル版BBQといわれるシュラスコは、ここ日本でもおなじみになってきましたが、ほかは意外と知られていません。

そこで、ブラジル出身、日系3世の料理コーディネーター、ヒラタ マリさんをたずねてみました。

ブラジル流パーティの極意は「勝手気まま」

ブラジル人は、日本人と同じ「おもてなし」好き?_2

取材場所に指定されたのは、マリさんが料理顧問を務めるブラジル大使公邸。モダンで立派な建物に圧倒されつつ恐る恐る中へ足を踏み入れると、「いらっしゃーい!」と拍子抜けするくらい気さくに、陽気なマリさんが出迎えてくれました。しかも、「おつまみを用意しておいたから。できたてはおいしさが全然違うのよ!」と言われて、さっそくキッチンへ。

いきなりの歓迎ぶりに驚いていると、「ブラジル人はおもてなしが大好き。自宅に親戚や友人を呼ぶか、お呼ばれしていく。とにかく週末はいつもパーティよ」とマリさん。食器を買う時もパーティ用に同じものを1ダース買うのだとか。「お皿が揃ってなかったらかっこ悪いでしょ」との言葉に、さすがは日本の反対に位置する国、日本との大きな違いにも妙に納得です。

「おもてなし」も日本とは少し考え方が違います。「ブラジルでは料理を大きな鍋でバンバン出すの。お客さんは自分の食べたいものを食べたい分だけとって食べる。そのほうがお互いに気楽でしょ。料理が足りなくなることが一番恥ずかしいことで、多めに作って余ったらおみやげにする。多めに作らないと、お客さんが途中で偶然出会った人を誘ってきたりするから大変(笑)」。招くほうも招かれるほうも自由なのです。

移民の国ならでは! 多種多様さが面白い

ブラジル人は、日本人と同じ「おもてなし」好き? _3

そうこうしているうちに、フィンガーフードが次々とできあがってきました。まずはブラジルで人気No.1おつまみだという「コシーニャ」(②、④)。鶏肉の出汁と小麦粉を混ぜた衣で、ゆでた鶏肉を包んだコロッケのような料理です。中には肉の甘みと旨みが詰まっていて、驚くほどクリーミー。

続く「エンパジーニャ」(③、⑤)は、ラードを練り込んだ生地の中にエビやオリーブなどが入ったひと口サイズのパイで、ほどよい塩加減とコクのある風味にビールが欲しくなります。ちなみに、ブラジルでは「エンパジーニャ」にヤシの新芽(パルミット)を入れるそうですが、日本で手に入らないときはタケノコや白アスパラで代用するのだとか。

そして、待ってました! 「パオ・デ・ケージョ」(①)の登場です。外はパリッ、中はモッチモチ! しかも焼きたてはチーズの香りが一段と濃厚で、幸せな気分になります。ブラジルの有名なチーズパンですが、もともとはブラジルがポルトガル領だった時代、ポルトガル人がパンを食べたいと思っても当時のブラジルには小麦がなかったため、タピオカ粉で代用したのがはじまりだそう。

「ブラジルには、ヨーロッパの文化とブラジルの材料が融合した料理がたくさんあるのよ」と、マリさんが教えてくれました。さらに、移民の国であるブラジルでは、地域によって同じ料理でも違いが出るのだとか。「たとえば、北のほうはパクチーをよく使うけど、南のほうでは使わなかったり、料理に入れる材料でどの地域の人かがわかるの」とのこと。想像以上に多種多様なブラジルの料理文化は、その歴史に裏打ちされたものであり、知れば知るほど興味が湧いてきます。

本場ブラジルのおもてなし料理を体験!

ブラジル人は、日本人と同じ「おもてなし」好き?_4

そんなブラジル料理の本場の味を、マリさんが伊勢丹新宿店本館地下1階のキッチンステージで紹介してくれます。6月3日(水)〜16日(火)までの期間中に供されるのは、本国の家庭でよく食べられているおもてなし料理。「ひと皿の上に、ご飯があって豆料理があって野菜があってメインがある。必ず汁物を入れるのも特徴なの」という献立は、日本の一汁三菜と通じるところがあることに驚かされます。

緑の野菜は、青汁でおなじみのケールを細くスライスしたもので、ブラジルでは生のままよく食べるのだそう。ブラジル人が一番好きだという肉、ピッカーニャは、日本でイチボと呼ばれている牛肉の部位で、肉汁は多いけど脂っぽくなく、味が濃いお肉。ちなみに、魚でもっとも人気が高いのは塩ダラだそう。これもポルトガル人によってもたらされたものが現在も残っているのだといいます。食べるときは「お皿の上で、すべてを混ぜながら食べるのがブラジル流」。混ぜたときのバランスが考えられたメニューになっているのだそうです。果たして、どんな味になるのか? ひと皿の上に、食の宇宙を感じずにいられません。

ブラジル人は、日本人と同じ「おもてなし」好き?_5

また、デザートは、いまや日本でもおなじみとなったアサイーボウル。「ハワイの料理では?」と思いきや、実はアサイーはブラジルのアマゾンが原産地なのだそう。この地を訪れたアメリカ人サーファーたちが現地で食べていたアサイーを持ち帰り、アメリカやハワイに広めたのだといいます。

日本から見て地球の反対にあたるブラジル。でも、その食文化を知るほどに、なんだかとても親近感が湧いてきます。栄養満点のブラジル料理で、じめっとした梅雨を乗り切りましょう!

ブラジル人は、日本人と同じ「おもてなし」好き?_6

ヒラタ マリ氏

ブラジル出身、日系3世の料理コーディネーター。コルドンブルーパリ本校や三ツ星レストランのアルベージュアランパッサールで修行。現在は、駐日ブラジル大使館の料理顧問を務めるかたわら、レシピ開発や料理教室なども行っている。日本におけるブラジル料理の第一人者。

文: 吉田佳代子

写真:八田政玄

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

Facebookで、FOODIEをいいね!

Twitterで、FOODIEをフォロー!

Ranking

ランキング

  1. グルメも納得。お呼ばれで差がつく、夏の手土産
  2. アイスコーヒーと何が違う!? 今さら聞けないコールドブリュー5つの真実
  3. 入荷後は即完売!? グルメがこぞって買う、人気のフレッシュチーズBEST4
  4. 東京土産を持って帰ろう! 2018年帰省の手土産おすすめ5選
  5. お菓子の宝石箱! 伊勢丹で人気の缶入りクッキー&フールセック6選

伊勢丹新宿店限定!とろ~りなめらか、大人のひんやりデザート

<アンリ・ルルー>(奥から)クレーム・プラリネ エピス、クレーム・キャラメル・サレ、クレーム・ショコラ 各486円(税込)

この夏<アンリ・ルルー>から登場したのは、大人のひんやりデザート。同ブランドのおいしさやこだわりを身近に感じてほしいと開発されたスイーツです。あえてクリーム(クレーム)仕立てにすることで、ショコラやキャラメルの奥深さをよりストレートに感じられ、とろ~りなめらかな食感は暑い季節にぴったり。口に入れると舌の上をすうっと溶けていきます。ショコラ通には「ショコラ」、スイーツ好きには塩スイーツの代表格「キャラメル ・サレ」がおすすめ。もちろん、期間限定のナッツたっぷり「プラリネ」もはずせない! 夏の手土産にぴったりなので、3フレーバーをそろえて何人かで食べ比べてもいいかも。「ショコラティエ・エ・キャラメリエ」ならではの本格的な味わいが楽しめる一品、ぜひ試してみて。

※取扱い:伊勢丹新宿店
※「クレーム・プラリネ エピス」の販売期間: 販売中~2018年8月31日(金)

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=カフェ エ シュクレ/アンリ・ルルーにてお取扱いがございます。 また<アンリ・ルルー>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いしています。

おすすめアイテム一覧へ

冷やして食べる夏のいちご大福が<鈴懸>から期間限定で初登場。

鈴懸の夏瑞のいちご大福
鈴懸の夏瑞のいちご大福

<鈴懸>なつみずきの苺大福 324円(税込)

<鈴懸>のいちご大福といえば、冬季限定の大人気商品。毎年冬を心待ちにしている方も多いはず。そんな方に朗報です! 今年は瑞々しい夏いちご「夏瑞」を使った夏のいちご大福が登場します。「夏瑞」はいちごの持つ甘味と酸味のバランスが絶妙で、しっかりとした食感もあり春のあまおうとはまた違った美味しさなのだとか。その「夏瑞」を使ったいちご大福は同ブランドの社長も太鼓判を押すほどの絶品。いちごが締まって甘さが引き立つので、冷やして食べるのもおすすめです。ひんやりと瑞々しい、夏ならではのいちご大福を味わってみるのはいかがでしょう。

※取扱い:伊勢丹新宿店(限定)
※販売期間:2018年7月17日(火)~7月31日(火)、各日150点限り
※お一人様4個までのお買い上げとさせて頂きます。

文: FOODIE編集部

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=甘の味/鈴懸にてお取扱いがございます。 また<鈴懸>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いしています。

おすすめアイテム一覧へ

驚きの食感<東京 吉兆>の「胡麻豆腐」

東京 吉兆の胡麻豆腐
東京 吉兆の胡麻豆腐

<東京 吉兆>胡麻豆腐 1パック 648円(税込)

<東京 吉兆>の「胡麻豆腐」をご存知ですか? 驚くほどもちもちの食感、そしてごまの風味がとにかくすごいこの名品、実はパックで買えるんです。付属の出汁をかけ、少しワサビをつけて食べると白ごまの風味と甘みが一層引き立ちます。黒蜜をかけてデザート風に、天ぷらにしても美味しいそう。外したくないときの手土産にも重宝しますが、まずは自分用に、一度試してみて。

※取扱い:伊勢丹新宿店

文: 嘉藤美保子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=粋の座/東京 吉兆にてお取扱いがございます。 
また、<東京 吉兆>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ

どんな味なの!? <ジャン=ポール・エヴァン>から納豆チョコレートが新発売

<ジャン=ポール・エヴァン>タブレット レ キャラメル フルール ドゥ セル エ ナットウ
<ジャン=ポール・エヴァン>タブレット レ キャラメル フルール ドゥ セル エ ナットウ

<ジャン=ポール・エヴァン>タブレット レ キャラメル フルール ドゥ セル エ ナットウ897円(税込)

誰もが知っている人気のショコラブランド<ジャン=ポール・エヴァン>からこの夏、新感覚のチョコレートが登場。“タブレット ナットウ”はガーナ産のカカオを使用したチョコに、老舗<天野屋>の無農薬大豆を使用した納豆を大胆に組み合わせたスイーツ。エヴァン氏が、「ドライ納豆を試食した時から、フルール ドゥ セル(塩)を加えたキャラメル風味のミルクチョコレートに合うと思っていた」と言うほどの自信作です。袋を開けると納豆の芳醇な香りで白ごはんが欲しくなります。どんな味なのか、と一口食べてみると納豆の臭みは全くなく上質なチョコレートが口の中でとろけ、後に残るのは心地よい大豆の食感だけ。納豆好きは一度は食べてみたいアイテム。必食の価値ありです!

※販売期間:2018年7月20日(金)~8月31日(金)
※取扱い:伊勢丹新宿店

文: FOODIE編集部

写真:長田朋子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=グランアルチザン/ジャン=ポール・エヴァンにてお取扱いがございます。 また<ジャン=ポール・エヴァン>の一部商品は伊勢丹オンラインストアでもお取扱いしています。

おすすめアイテム一覧へ

思わず二度見! 「ルパン三世」のえびせんべい

<志満秀>クアトロえびチーズ 1,296円(税込)

「ルパン三世」の世界観を織り込んだカラフルなチーズえびせんべいが登場! 口溶けのよいせんべいに濃厚なチーズクリームをサンドしました。全4種のフレーバーそれぞれにルパンのキャラクターが描かれています。ルパンと銭形はゴルゴンゾーラ&ハニー、不二子はチェダー&パルメジャーノ、五ェ門はカマンベール&ブラックペッパー、次元はモツァレラ&バジル。ファンなら食べるのが惜しくなる、アニメのようなクオリティに驚きの二度見です!

※取扱い:伊勢丹新宿店[2018年7月18日(水)〜7月23日(月)]、伊勢丹オンラインストア

文: 大川祥子

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

催物のご案内/商品の取扱いについて

【催物のご案内】
「ISETAN×ルパン三世 #ルパンの夏祭り」
2018年7月18日(水)〜7月23日(月)最終日午後6時終了
伊勢丹新宿店本館6階催事場にて、ルパン三世と伊勢丹のコラボレーション第三弾、「#ルパンの夏祭り」の開催が決定! 今回は会場を拡大し、世界を股にかけるルパン一味ならではのお宝と呼ぶにふさわしいアイテムが多数集結。さらに、アジトやレストラン、カフェ、バーなども構え、お祭り騒ぎ必至のルパンワールドが展開されます。

【商品の取扱いについて】 
記事で紹介している商品は、2018年7月18日(水)〜7月23日(月)の期間中、伊勢丹新宿店本館6階=催事場、伊勢丹オンラインストアにてお取扱いがございます。

おすすめアイテム一覧へ