Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2019.10.29

ほっくりおいしい秋の味覚。栗とさつまいもの絶品秋スイーツ

和菓子の集合

秋はほくほくした食感の栗とさつまいもがおいしい季節。今回は伊勢丹新宿店の名匠銘菓から、栗とさつまいもで仕立てた秋スイーツをご紹介します。季節限定の栗きんとんや、鳴門金時を皮ごと使った芋ようかんなど、この時季ならではの味を楽しんでみませんか?

伊勢丹のクリスマスケーキはこちら>>

伊勢丹の冬ギフトはこちら>>

ビジュアルから秋を感じる栗形の月餅「円果天 月餅モンブラン」

<円果天>円果天月餅モンブラン

<円果天>円果天月餅モンブラン(1個)250円(税抜き) 展開期間:〜2020年1月7日(火)

月餅専門店<円果天>の期間限定「円果天月餅モンブラン」は、コロンとかわいい栗形の月餅。熊本県産の栗ペーストにバターやラム酒、アーモンドパウダーを加えた洋風のあんを、しっとりした軽い食感の生地で包み焼き上げています。栗の風味を追いかけるようにラム酒の華やかな香りが広がり、ひと口サイズながらも満足感のある一品です。

※取扱い:伊勢丹新宿店 本館地下1階

伊勢丹オンラインストアで<円果天>の商品を見る>>

和栗のおいしさがぎゅっと詰まった「栗きんとん」

<御菓子所 川上屋>栗きんとん

<御菓子所 川上屋>栗きんとん(25g×6個入)1,530円(税抜き)展開期間:〜2019年12月27日(金)

秋を代表する和菓子といえば、シンプルながらも栗本来のほっくり感と味わいが楽しめる栗きんとん。元治元年創業の老舗菓子店<御菓子所 川上屋>の「栗きんとん」は、収穫した翌日の栗のみを使用するという、鮮度にこだわったアイテムです。

栗は蒸してから中身を取り出し、食感が残るようにつぶしているので、栗本来の上品な甘さとほっくりした食感が引き立ちます。世代を問わず喜んでもらえる素朴な味わいのお菓子なので、来客時のお茶請けにもおすすめです。

※取扱い:伊勢丹新宿店 本館地下1階

栗きんとんと羊羹のコントラストが美しい「さゝめさゝ栗」

<御菓子所 川上屋>さゝめさゝ栗

<御菓子所 川上屋>さゝめさゝ栗 (1本 約300g)1,600円(税抜き) 展開期間:〜12月27日(金)頃

同じく<御菓子所 川上屋>の蒸し羊羹「さゝめさゝ栗」も、ぜひ味わっていただきたいアイテム。栗きんとんを羊羹生地で包んで蒸し上げた、手間ひまかけて作られたお菓子です。

あっさりした羊羹とほっくり濃厚な栗の甘みのバランスが絶妙。やさしい甘みでさらりと食べられるので、つい「もう一切れ」と手を伸ばしたくなるおいしさです。竹皮に包まれた上品な装いで、ギフトとしても大活躍!

※取扱い:伊勢丹新宿店 本館地下1階

芋ようかんのような、なめらかな食感「露蜜芋」

<ぼうだい>露蜜芋

<ぼうだい>露蜜芋(1枚) 200円(税抜き) 展開期間:通年

<ぼうだい>は、京都に本店を持つ創業100年の和菓子店。秋におすすめなのが、みずみずしい黄金色が美しい「露蜜芋」。鳴門金時をスライスし、薄蜜に漬けたお菓子です。蜜に漬けた後に表面のみドライ加工を施しているので、食感は芋ようかんのようにしっとりなめらか。

電子レンジで軽く温めてからいただくとホクホクの焼き芋のような味わいも楽しめるので、いろいろな食べ方で味わってみてください。

※取扱い:伊勢丹新宿店 本館地下1階

鳴門金時を丸ごと使った「芋ようかん」

<栗尾商店>芋ようかん

<栗尾商店>芋ようかん (2本入 合計約150g) 400円(税抜き) 展開期間:通年

<栗尾商店>は、さつまいもの中でも高級品として知られる鳴門金時を使ったお菓子の専門店。こちらの「芋ようかん」は鳴門金時を皮ごと使用し、職人が手間を惜しまずに昔ながらの本煉りで仕上げた一品です。

しっかりした鳴門金時の甘みと、なめらかな口当たりは秀逸。お手頃な価格なので、ちょっとした手土産としても重宝します。

※取扱い:伊勢丹新宿店 本館地下1階

ほっくり食感の芋栗スイーツは、温かい秋の新茶との相性も抜群。ぜひ緑茶と一緒に、秋の味覚を堪能してはいかがでしょうか。

伊勢丹のクリスマスケーキはこちら>>

伊勢丹の冬ギフトはこちら>>

写真:小林友美
文:FOODIE編集部

※2019年10月1日より消費税が変更されました。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=/甘の味、名匠銘菓にてお取扱いがございます。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

FOODIE 占い

人気のカテゴリー

閉じる