Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2019.04.02

おすすめアイテム

新感覚のドイツドーナツ、<ヒンメル>のクラプフェンが期間限定で伊勢丹に登場

ヒンメルのパンの集合

2019年2月、伊勢丹新宿店の地下食品売り場に新たに誕生した「トレンドベーカリー」。パン好きが大注目のワールドワイドなパン屋の数々が期間限定で続々登場します。伊勢丹新宿店限定のオリジナルアイテムを販売することもあるので、足を運ぶ価値あり!

今回は、2019年4月17日(水)〜30日(火)に登場予定の<ヒンメル>をピックアップ。大岡山や自由が丘、目黒に店舗を構える人気店から、看板メニューであるドイツパンのおいしさの理由をうかがい、絶対に食べたいブランド定番の人気アイテムを紹介します。

伊勢丹のパン・惣菜はこちら>>

「かたくて酸っぱい」だけじゃない! <ヒンメル>のドイツパンはバラエティー豊か

ヒンメルのパンのイメージ

<ヒンメル>はドイツ語で「空、天国」を意味する言葉。店名が示す通り、ドイツパンを得意とするパン屋さんで、ライ麦入りの黒パンや日本でもおなじみのプレッツェルなどが店頭に並びます。ドイツパンというと、「酸味があってずっしりしたかたいパン」というイメージがありますが、<ヒンメル>のドイツパンは少し異なります。

自家製のサワー種を使って作られたライ麦パンは、ほどよい酸味でやわらかく食べやすいのが特徴。本場ドイツに加え、日本でも修業を積んだオーナーシェフが、生地作りに工夫を凝らし、日本人の口にも合う味わいに仕上げているのだそう。

またライ麦パン以外にも、小麦で作られた白いパンやリッチな味わいの菓子パンなど、<ヒンメル>のドイツパンは多彩です。毎日通いたくなるパン屋として、地元の人々にも親しまれています。

まずは人気No.1「クラプフェン」をチェック!

ヒンメルのクラプフェン

<ヒンメル>クラプフェン 201円(税込) ※販売期間:2019年4月17日(水)〜 4月30日(火)

<ヒンメル>といえば、ドイツ北西部伝統のドーナツ「クラプフェン」があまりにも有名。シェフが修業時代に惚れ込み、本場の味を持ち帰ってきたというこだわりの一品は、歯ごたえのしっかりしていそうな見た目ですが、食べてみるとびっくり! しっとりやわらかく、ドーナツなのに噛んだ瞬間、生地がとろけるよう。この独特の食感に虜になる人が続出、<ヒンメル>では不動の人気No.1アイテムなのだそう。

ヒンメルのクラプフェン

小麦粉、塩、水、バターというシンプルな食材で作られた生地にはラムレーズンが練りこまれていて、高級感のある味わい。時間をかけて揚げることで、生地が膨らんで水分が抜けるため、非常に軽い食感のドーナツに仕上がります。

表面にはブラウンシュガーかシナモンシュガーをまぶしたものの2種類があるので、好みの味わいを選べるのも嬉しいですね。甘すぎず、油で揚げているのに重たくない新感覚のドーナツは、2個、3個と食べられるほど後を引くおいしさです。

※取扱い:伊勢丹新宿店

ドイツの定番「ブレッツェル」はビールにぴったり!

ヒンメルのプレッツエル

<ヒンメル>ブレッツェル 201円(税込) ※販売期間:2019年4月17日(水)〜 4月30日(火)

続いてはドイツでもっともポピュラーなパン「ブレッツェル」をご紹介! <ヒンメル>の「ブレッツェル」はドイツ産のバターとブレッツェル専用の岩塩を使用するなど、材料から製法まで本場ドイツに倣っています。独特の照りと焼き色は、焼く前にラオゲン液というアルカリ溶液に浸すことでつくもので、ほんのり塩気のきいた味わいはまさにビールにぴったり!

おつまみ感覚で気軽に食べられるスナックパンとして人気を集めています。<ヒンメル>ではブレッツェル生地を使った「チューチュー」や「ケーゼラオゲン」など、ブランドオリジナルのアレンジパンも人気! そちらもあわせてチェックしてみてください。

※取扱い:伊勢丹新宿店

「ツィムト」はどこにもないオリジナルな味わいが魅力

ヒンメルのツィムト

<ヒンメル>ツィムト 501円(税込) ※販売期間:2019年4月17日(水)〜 4月30日(火)

最後に<ヒンメル>オリジナルアイテムの「ツィムト」をご紹介! 「ツィムト」はドイツ語で「シナモン」を意味する言葉。シナモン風味のバゲット生地には、2種類のレーズンやくるみがたっぷり入っていて食べごたえ十分。さらに隠し味としてブラックペッパーを使用。ピリッとしたスパイスの風味がどこにもない独特の味わいを作り出しています。

そのままでもおいしいのですが、薄くスライスしてクリームチーズを塗って食べるのもおすすめ。ドイツのテイストを感じつつ、日本人にも食べやすいよう生み出されたパンは、まさにブランドの真骨頂ともいえるアイテムです。

※取扱い:伊勢丹新宿店

<ヒンメル>にはドイツパンのほかにも、こだわりの生地で作ったバゲットやクリームパン、メロンパンなど、日本でもおなじみのアイテムも秀逸! パン好きの方から熱い支持を受ける<ヒンメル>。ぜひ、この機会に試してみてくださいね。

4月は<ヒンメル>のほかにも、「トレンドベーカリー」にパン好きなら見逃せない人気ブーランジュリーが続々登場予定。話題のブランドのイチオシパンをチェック!

<セテュヌ ボンニデー>の和と仏が見事に融合したあんバター

セテュヌ ボンニデーのあんバター 〜プレミエル カリテ〜

<セテュヌ ボンニデー>あんバター 〜 プレミエル カリテ〜 454円(税込)※販売期間:2019年4月3日(水)〜 4月9日(火)

代々木八幡の人気店<365日>のオーナーシェフ杉窪章匡氏がプロデュースしたことでも話題! 向ヶ丘遊園の<セテュヌ ボンニデー>には、「それはいい考えだ!」という意味の店名どおり、幸せな気分になれるパンが勢揃い。特に注目なのは、市場にあまり出回っていないという、特別な発酵バターを使用した「あんバター 〜プレミエル カリテ〜」。

フランスのイズニー社と日本のタカナシ乳業が共同開発したという、「ブリーズ ドゥ メール発酵バター」は、上質な香りとクリーミーな味わいが魅力。あんは北海道産の小豆を、フランスのてんさい糖、ヴェルジョワーズと国産の含蜜糖でコクのある味わいに炊き上げられています。

舌触りのやさしいパンとあんバターが一体となると、まさに至福の味わい。ほかにも、ブランド一番人気の「クロワッサン イズニー」や特製のミルククリームをサンドした「ミルクフランス」もおすすめです。

※取扱い:伊勢丹新宿店

<俺のBakery>のこだわり抜いた究極のミルク食パン

俺のBakeryの「銀座の食パン〜香〜」

<俺のBakery>銀座の食パン〜香〜(1本2斤サイズ) 1,001円(税込) ※販売期間:2019年4月10日(水)〜4月16日(火)

4月の2週目に登場するのは、高級食パンで知られる<俺のBakery>。看板メニューである「銀座の食パン〜香〜」は、こだわり抜いた厳選食材で作る、究極のミルク食パンです。使用しているのは希少価値の高い小麦国産の「キタノカオリ」。ミルクは岩手県<なかほら牧場>で完全自然放牧された牛からとれたものを使用しており、自然な甘さが際立ちます。

まるでクッキーのようなこうばしく甘い香り、ふわふわ、もちもちで耳までやわらかい食感がやみつきになること間違いなし! 何も塗らなくても十分おいしいので、ゲットしたらまずはそのまま食べてみてください。

※取扱い:伊勢丹新宿店

伊勢丹のパン・惣菜はこちら>>

写真:岡田一也(<俺のBakery>以外)
文:斉田麻理子

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=デリ エ ブーランジュリー/トレンドベーカリーにてお取扱いがございます。 

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

FOODIE 占い