Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2018.12.15

スイーツ

初春の縁起もの。吉祥モチーフ菓子を手土産に

街はクリスマスムードで一色。ですがお正月も近づいてきたこの時期、和菓子屋さんの店頭には、年始に華を添える迎春の和菓子が次々と並びだします。おめでたい吉祥モチーフを取り入れながら、熟練の職人が腕によりをかけて一つひとつ生み出す迎春菓子は、お年賀にも最適。伊勢丹新宿店にも、全国各地から、迎春の喜びにあふれた美しい和菓子が到着しはじめました。

伊勢丹の和菓子はこちら>>

そのなかから今回ご紹介する迎春菓子が、<岬屋>の「千代の春」です。東京・渋谷区富ヶ谷に店を構える<岬屋>は京菓子の伝統を継ぐ銘店で、創業80余年の歴史を誇ります。「千代の春」は、鶴と松をかたどったお干菓子の詰合せ。タンチョウヅルを表現した楕円形の麩焼きせんべいは、一枚一枚刷毛で砂糖蜜を塗って仕上げられたもの。つややかな折れ松葉は、有平糖で仕立てられています。どちらもお茶席にもふさわしい、品のある佇まいです。

「千代の春」をはじめ、目にも舌にも美味なる迎春菓子は、お正月の風物詩だけあって今だけの限定品。お好みの一品を探しに出かけるなら、ぜひお早めに!

伊勢丹の和菓子はこちら>>

<岬屋>千代の春
(1折)2,592円(税込)※20点限り

※取扱い:伊勢丹新宿店
※販売期間:2018年12月14日(金)から

文:FOODIE編集部

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、2018年12月14日(金)から伊勢丹新宿店本館地下1階=茶の道/茶席菓子にてお取扱いの予定です。

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

FOODIE 占い