Foodie(フーディー)は、三越伊勢丹グループが運営する食のメディアです。

2018.11.26

おすすめアイテム

【バイヤーのイチオシ】今年の冬は“鍋パン” がトレンド!?

冬の定番、鍋料理。〆にはごはんや麺が定番ですが、実はパンも鍋にぴったりだってご存知ですか?「パンは種類が豊富なので、実は鍋とも一緒に楽しめます。鍋と組み合わせると相乗効果でさまざまな味わいが楽しめるのが魅力です!」

教えてくれたのは、伊勢丹新宿店でパンを担当する、デリ エ ブーランジュリーバイヤーの上小園結花さん。チーズフォンデュやトマト鍋といった洋風のものだけでなく、和風や韓国風の鍋に合わせても美味しいのだそう。そこで上小園さんに、相性のよい鍋とパンの組み合わせと、伊勢丹新宿店のおすすめパンアイテムを教えていただきました。

【キムチ鍋】辛い味わいはチーズ入りのパンでマイルドに!

(左)キムチ鍋、(右)アンデルセンのチェダーチーズ、サムソーチーズボウル、トレコンブロート

(写真上から)<アンデルセン>チェダーチーズ(1個) 476円(税込)、サムソーチーズボウル(1個) 594円、トレコンブロート(1本) 713円

ピリ辛のキムチ鍋に合わせるならチーズを使ったパンがおすすめ! 一緒に食べれば辛さがマイルドになり、チーズのうまみも加わって相性抜群です。また、ぎっしりごまが入った香りのよいパンもキムチ鍋にはぴったり。ピリ辛のスープにゴマのコクが加わって味のマリアージュが楽しめます。

「『チェダーチーズ(写真A)』と『サムソーチーズボウル(写真B)』は、チーズ好きにはたまらない食事との相性ぴったりのパン。チェダーチーズはコクがあり、サムソーチーズはマイルドな味わいなので、お好みで選んでみてください。『トレコンブロート(写真C)』はパン生地に黒ごまを練り込み、表面に白ごまをふんだんに使用していて、ごまの風味を余すことなく楽しめます。なるべく食べる直前にスライスすると、ごまの風味をより楽しめますよ」

※取扱い:伊勢丹新宿店

【味噌鍋】味噌の素朴な味わいにはカンパーニュがぴったり!

(左)味噌鍋、(右)アンデルセンのアニバーサリーカンパーニュ、メゾンカイザーのカンパーニュ、グリーンブレッドの有機パンドセーグル、銀座木村家のライ麦パン

(写真上から)<アンデルセン>アニバーサリーカンパーニュ(1個) 1,080円(税込)、<メゾンカイザー>カンパーニュ(1個) 362円(税込)、<グリーンブレッド>有機パンドセーグル(1個) 1,102円(税込)、<銀座木村家>ライ麦パン(1袋)303円(税込)

味噌味の鍋にはもっちりとした食感と、噛みしめるほどにうまみが感じられるカンパーニュをチョイス。味噌の素朴でコクのある味わいとライ麦のほのかな酸味、小麦の旨みがよく合うのだそう。そのまま組み合わせても、軽くトーストして一緒に食べても美味しい!

「『アニバーサリーカンパーニュ(写真A)』は見た目が華やかで、大人数集まるようなおもてなしのときにぴったりのパンです。『カンパーニュ(写真B)』は、皮はパリッと、中はもちもちのオーソドックスなタイプ。『有機パンドセーグル(写真C)』はオーガニック素材ならではの味わいが楽しめます。お子さまやご年配の方などがいるご家庭には、柔らかい食パンタイプの『ライ麦パン(写真D)』がおすすめです」

※取扱い:伊勢丹新宿店

【塩ちゃんこ鍋】シンプルな塩味はバゲットと相性◎

(左)ちゃんこ鍋、(右)メゾンカイザーのバゲットモンジュ、グリーンブレッドの有機バゲット、リチュエル ル グラン ド ブレのRITUELバゲット、アンデルセンの石臼挽き粉薫るバゲット

(写真左から)<メゾンカイザー>バゲットモンジュ(1本) 303円(税込)、<グリーンブレッド>有機バゲット(1本) 497円(税込)、<リチュエル ル グラン ド ブレ>RITUELバゲット(1本) 361円(税込)、<アンデルセン>石臼挽き粉薫るバゲット(1本) 238円※販売期間(2018年12月25日まで)

あっさり滋味深い塩味の鍋には、シンプルなバゲットを合わせてみて! いい意味で料理の味の邪魔をしないバゲットは、一緒に食べても、鍋に入っているさまざまな食材の旨みをしっかりと感じることができます。シンプルだからこそ、各ブランドの個性やこだわりが出やすいのが特徴。鍋の季節にいろいろ食べ比べてみるという楽しみ方もできます。

「『バゲットモンジュ(写真A)』は、皮の香ばしさをしっかりと楽しめるのが特徴。『有機バゲット(写真B)』は、ナチュラルで優しい、素材そのものの味わいが活かされたバゲットです。『RITUELバゲット(写真C)』は、ふすま(※)とライ麦が入った香り豊かで味わいの濃いパン。『石臼挽き粉薫るバゲット(写真D)』は小麦の旨みを引き出した、味わい深く、ざくっとした皮の食感を楽しめます。11月28日は『フランスパンの日』なので、鍋とバゲットでいつもと異なるフランスパンの楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか」

※小麦粉やライ麦の表皮の部分。麦粒から「ふすま」を除いたものが小麦粉。除いていないものが全粒粉。

※取扱い:伊勢丹新宿店

【しょうが鍋】しょうがの風味には甘酸っぱいりんごが合う!

(左)しょうが鍋、(右)アンデルセンの芸北りんごと胡桃のパン、芸北りんごと胡桃のロールパン

(写真左から)<アンデルセン>芸北りんごと胡桃のパン(1個) 713円(税込)、芸北りんごと胡桃のロールパン(1個) 260円(税込)※販売期間(2018年12月31日まで)

体がぽかぽか温まるしょうがを使った鍋には、しょうがと相性のいいりんごを使ったパンを。ほどよい酸味と甘さを併せ持つジューシーなりんごが、ピリッとしたしょうがの味わいによく合います。

「『芸北りんごと胡桃のパン(写真A)』と『芸北りんごと胡桃のロールパン(写真B)』は同じパンでサイズが違うものです。ゴロッとしたりんごに加えてくるみが入っているので、鍋と一緒に食べるとその食感が楽しめます。大人数で食べるときは大きいサイズを、少人数での食事や、スライスせずに食べたいときにはロールパンを選ぶとよいでしょう」

※取扱い:伊勢丹新宿店

どれも、鍋と一緒に食べても邪魔をせず、しかも美味しくなるというアイテムばかり。鍋の味わいや食材はバリエーション豊富なので、パンとのマリアージュの可能性は無限大にあります。この冬はぜひ鍋と一緒に好みのパンを組み合わせてみてください。

写真:三木匡宏(パンのみ)
文:斉田麻理子

バイヤー・スタイリスト / 上小園結花
伊勢丹新宿店、デリ エ ブーランジュリー(洋惣菜パン)バイヤー。入社以来、食品担当ひと筋。現職の洋惣菜パンをはじめ、洋特選・洋菓子など洋のスタイルを中心に担当するも、実は和食やお酒が大好き。全国の国産小麦や地元の素材を使ったこだわりのベーカリーや評判のベーカリーを訪ねながら、パンの可能性を日夜研究中。

商品の取扱いについて

記事で紹介している商品は、伊勢丹新宿店本館地下1階=デリ エ ブーランジュリー/アンデルセン、メゾンカイザー、グリーンブレッド、銀座木村家、リチュエル ル グラン ド ブレにてお取扱いがございます。 

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。